« 鬼平犯科帳(01) | トップページ | 愛車のこと »

2010年9月28日 (火)

α900入院

神戸ソーラン祭りの最終日、舞子会場に
撮影に行きました。

ここは、明石海峡大橋をバックに踊る一番いい
舞台です。露出を確認するため、橋と舞台が
きれいに収まるように構図を決めてテスト撮影。
ところが、背面液晶に写る画像は橋の上部が
写っていない。

おかしいなあと思い何度も撮影したが、やはり
ダメ。どうやら、ファインダー像と撮像素子
がズレてるみたい。その場は勘で補正し凌いだ。

せっかくのファインダー視野率100%なのに・・・
もうすぐ秋祭りシーズンで出番が多いα900、
少しでも早い対応を期待して、梅田のソニー
ショップへ持ち込むことにしました。

西梅田のハービスエンドにあるショップはまるで
ブランドショップのような雰囲気で、少し緊張
しました。

修理受付の係員はダークスーツの紳士、症状を
説明し受付票に記入を済ませ少し雑談。

いやあ、αマウントのカメラでツアイスレンズが
使えるようになるとは夢のようです、と私。
係の人もツアイスの単焦点レンズは最高です。
大体ツアイスがズームレンズなど作ってはいかんです!
などと仰言ったのには驚きました。

確かに、プラナー85mmF1.4は次元が違う写りをします。
ところで、このプラナー実はミノルタの85mmF1.4Limited
をリファインしたものらしいですね。このLimited、あまりにも
設計陣がやりたいことを全部やったものだから、重くなりすぎて
限定版になってしまったという、いわく付きのレンズらしいです。
でも、ツァイスブランドなら重くてもOK(笑)

ミノルタの85mmは昔から定評があり、当時contaxブランドの
プラナーと同じ条件で写真を撮り、プロの写真家に見せたら
みんなミノルタの方が良いと言ったという逸話が残ってます。

このレンズ、コントラストが高く抜けがいい。それと
何よりもミノルタDNAであるボケ味が最高。とろける
ようなボケのおかげで、背景処理が非常に楽です。

さて、気になるのが修理代金。もし撮像素子を支えている
手振れ補正ユニットが壊れていて交換、なんて事になったら
どうしよう。一番お金がかかってそうな部品だもん。
調整だけで済めばいいのだけど・・・。

« 鬼平犯科帳(01) | トップページ | 愛車のこと »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
オークションロスウィールのウェアでお世話になりました村越です。
実は私も趣味が写真と自転車です。
年も54歳でロードバイクは始めたばかりです。
カメラはニコンの1ガンレフを持っていましたが、最近コンパクトなものに買い換えました。
理由は交換レンズなどがいらない手軽さと結構こう機能だったので・・・・
自転車は始めたばかりで1日まだ30K位しか走れません。
スピードも武庫川の河川敷を平均速度24キロ前後で走れる程度です。ケイデンスも平均70ぐらいのド初心者です。
自分の体力のなさを痛感しております。バイクはドイツのFELT Z85 の入門向けのバイクで今から軽量化しようと思います。

村越様、さっそくご訪問いただきありがとう
ございました。その上コメントまでいただき
感謝です。

オークションでは大変お世話になりました。
そのうちにウェアの感想をアップしますね。

FELTカッコイイイですねー、カラーコーディネート
が抜群!私のBianchiの写真もアップしました。
革サドルで300g重くなったので、軽量化には
逆行してますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/49587419

この記事へのトラックバック一覧です: α900入院:

« 鬼平犯科帳(01) | トップページ | 愛車のこと »