« 防災ラジオ | トップページ | ライカM2で死生観を知る »

2010年10月28日 (木)

α900再入院

先日海の写真を撮っていて、水平線が傾いているのに気づき、また悪いクセが出たかなあと思ってました。ところが、水準器を取り付けて撮影しても、やはり傾く。

これはイカンという事で、再び入院となりました。しかし、ディスタゴン24mmF2とプラナー85mmF1.4が使えないというのは著しく撮影のテンションが下がります。どうしてもという時はGH1がるのですが、広角系単焦点レンズがないのでキレが足りない。

Planner01
Planer 85mmF1.4  ISO200 F4.5 1/200
ィレイな方でしたが。後ろ姿ですみません。
見てください、このトロけるようなボケを。

Planner02
Planer 85mmF1.4  ISO200 F2.8 1/1250
ほぼ逆光で撮影、私が好きな撮り方です。

私がα900を買った一番の理由は広角レンズをフルサイズで使うためなのです。私にとってAPSーCサイズでの撮影はストレスの連続でした。よくネットの掲示板でAPSーCサイズで使うとレンズの真ん中のおいしい部分だけ使うので画質がいいですよ、なんてぬかす、いやおっしゃる輩、じゃなくてヒトがいるが、あんた写真撮ったことあるんかい?と言いたい。

まあ、大体ネットの掲示板なんてものは無責任な書き込みが多いものですが、初心者にとっては本気で相談しているし、アドバイスが正しいのかどうかの判断もできない。それなのに平気でMF(手動によるピント合わせ)や高価なレンズを勧めたりと、言いたい放題だ。

さてさて、α900の修理はいつ終わるのでしょうか?

« 防災ラジオ | トップページ | ライカM2で死生観を知る »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

拙掲示板にお越しいただき、ありがとうございます。
写真への想いをひしひしと感じますね。
僕が写真屋だったころに出会えたら楽しかったかなぁ。。

フルサイズ一眼、うらやましいです。
あまりにも高価なのでAPS-Cタイプで我慢して使ってます。。。

こうさん、いつも貴掲示板やHPを楽しく拝見してます。
この度はコメントをありがとうございます。

実はフルサイズ機の登場を待ち焦がれてキャノンに
乗り替えたくなりのをじっと我慢して、α9デジタル
の登場を願いながら5年間貯金してまして、やっと
入手した次第です。

今では乗り換えなくて良かったと思います。

そのうちに貴掲示板で色々と質問すると思いますので、
その節はまたよろしくお願いします。

実はミノルタ時代の28mmF2というレンズを使いたくて
フル登場を待ってました。決してAPSーC機の存在を
否定するものではありませんので、お気を悪くなさら
ないでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/49869737

この記事へのトラックバック一覧です: α900再入院:

« 防災ラジオ | トップページ | ライカM2で死生観を知る »