« 趣味なら本気で | トップページ | 秘密漏えい事件 »

2010年10月 6日 (水)

ブログをはじめたきっかけ

先日、黒柳徹子サンと吉行和子サンが同じような事を言っていた。二人とも一人暮らしだ。「自分が死んだ時のこと」である。黒柳サンは毎晩かき氷を食べるそうで、ガラスの器だと底に水たまりだけ残って
見つけた人が「黒柳サンはいったい何を食べてて亡くなったのだろう、と不思議に思わないように、プラスチック容器入りのかき氷を食べるそうである。

吉行サンは、生ゴミを冷蔵庫に入れる習慣があるそうで、死んだ時に「生ゴミを冷蔵庫に入れるなんて、やっぱりボケてたんだ」と思われないように袋に「腐敗防止のため、一時冷蔵庫に保管中」と書くそうだ。

そこで、私ももしもの時に備えてブログを書くことにした。最低でも一週間に一度は更新しよう、つまり私の生存報告ですな。好き勝手に生きてるけど、死んだ時はできるだけ迷惑をかけないようにしよう。
これが、「ひとり上手」の秘訣かな。

あと決めているのは、葬式代は残しておく。一年に一度は遺影を撮影する。そうそう、写真を趣味にしている人は、他人の写真はたくさん撮るけど自分の写真は少ないんですよね。私は一番お気に入りのレンズ(Planer85mmF1.4)で撮ってもらうようにしてます。

« 趣味なら本気で | トップページ | 秘密漏えい事件 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/49663223

この記事へのトラックバック一覧です: ブログをはじめたきっかけ:

« 趣味なら本気で | トップページ | 秘密漏えい事件 »