« ライカM2で死生観を知る | トップページ | よろしゅうおあがり »

2010年11月 1日 (月)

ネットのエチケット

神戸・明石の情報を手に入れるため、あちこちのブログやホームページを拝見しています。やはり、長い期間住んでいる方のご意見や昔の話は大変参考になります。そんな中少し残念な記事を見かけました。
抜粋です。

政府は、福祉という名で、怠け者を救済するような施策を止めて、まじめに努力していも浮かばれない人を助ける施策を打ち出し、みんなが安心して暮らせるようにして欲しいものです

みなさんはどう思いますか?おそらく、生活保護の不正受給等を指しているのでしょうが、ちょっとねえ。この方は国立大学を卒業、校長先生まで登りつめた方です。いわゆる勝ち組ですな。地元では名士で通っている事でしょう。

これ以上は申しませんが、最近ネットの掲示板で批判をあびている年輩者を散見します。ネットの掲示板なんて無法地帯と思っている方が多いでしょうが、そうでもないんですよ。

みんな情報交換をしたがっている。身の回りに同じ趣味の人がいなくても、ネットなら楽しく話せる。そんな場をみなさん大事にしています。だから、その場の雰囲気をこわすような発言は嫌われます。

どうも、年輩の方はいわゆる「上から目線」の発言が多いのですね。
例えば、「輩」呼ばわりした人。「クソをして手も洗わない輩に俺のipadは触らせない」こんな発言はいくらでのあります。コドモは仕方ないですが、オトナはねちょっと困る。

それから、「こんな時代になってしまい嘆かわしい」なんて発言も多い。でもね、「こんな時代」をつくってきたのはあなた方ではないの?すると「いや、自分の子どもや孫はそんなことはない」自分さえよければいいのかい!

と、思ってしまうのであります。さらに文章がダラダラと長い人が多い。さらに句読点や改行を入れないので、読みにくいことこの上ない。私はパソコン通信時代に「ネチケット」で一行は30文字以内一段落は4行までということを学びました。

とにかく、ネットに意見を掲載した以上は誰が見ているかわからない、ということを少なくともオトナは認識しておかなくてはいけない
と私は思ってます。

私がこのブログでなかなか舞子のことを書けないの(書かない)は、生半可な知識で間違ったことを書いては、地元の方に失礼だという思いがあるからです。だから、地元の方のお話をじっくり伺って、少しずつ記事を増やしていきたいと思います。

とりあえず地元のイベントはこまめに取材して、写真で照会しています。その時はもちろん当時者の方にお話をうかがってます。もし、間違ったことを書いた時は、どうぞ遠慮なくご指摘くださいね。

« ライカM2で死生観を知る | トップページ | よろしゅうおあがり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/49904014

この記事へのトラックバック一覧です: ネットのエチケット:

« ライカM2で死生観を知る | トップページ | よろしゅうおあがり »