« Cosmic LIVE Report. 12/11 | トップページ | VIVALOクロモリロード完成(中編:フレーム) »

2010年12月15日 (水)

VIVALOクロモリロード完成(前編)

  発注して約一ヶ月で完成の連絡が入りショップへ受け取りに行ってきました。フレームの状態で見るのとはまた違い、エレガントでありながら引き締まったフォルムに仕上がりました。

Dsc03522_2

今回の写真は全てPlanner85mmF1.4 F4で撮影してます。

思った通りに仕上がって大満足!こんなにイメージ通りに仕上がるとは!IDEAL90サドルも重苦しくならず、バッチリ似合います。最後にバーテープを巻いてもらいました。

末瀬さんが何度も左右の巻き数を確認しながら巻いていきます。身体に似合わず繊細だな〜と思いながら見ていると完成。辺りが暗くなってきたので早速乗って帰る事にしました。

Dsc03534

まず踏み出しが軽い、スイーっと出る感じ。軽量なホイールも良いようです。後は踏めば踏むほど前に出ていく感じです。この辺りがビアンキと違う点。また、細かい振動を良く吸収してくれるので楽に走れます。

塩屋の辺りでキツイ向かい風に吹かれたけどスイスイ。ついついサドルも前乗りになって踏み込んでいってしまう。うーん、こんなに違うものなんだー。

Dsc03535

クラシカルな雰囲気を出し、かつブレーキレバーをスッキリさせたいなら、シートチューブにWレバー直付けとなるところだろう。でも、先日のサイクルモードでWレバー仕様の自転車に乗った時、ハンドルから手をはなしてWレバーを操るということが20年振りだったため、如何に不安定になるかという事を思い知らされた。

STIにすっかり馴らされてしまった自分が悔しい。でも、その恩恵は図りしれなく、安全性はもちろん、道路の状況に応じて細かく変速する事により、膝への負担を少なくできるのだ。せっかくの20段変速なのだから(カンパは22段)活用しなくてはね。

Dsc03529

末瀬さんの完璧なケーブリングにより、ハンドルまわりは非常にスッキリしている。

またカンパATHENAのブレーキレバーは細身で美しい。今回はまずクランクのデザインから始まり、フルカンパで組む事になったのだが、その美しさはもちろん、操作性も申し分ない、値段もアルテグラと大差ないものだ。フレームもパナソニックのPOSとコスト的には変わらない。

ケーブルの内蔵や、乗り味も自由になり、何より試乗車があるのがありがたい。

Dsc03554_2

日下氏こだわりのフロントフォーク、Rが美しい。さて、この美しい「脚」を持つ彼女に何て名前を付けましょう?タイヤの銘柄にちなんでマドレーヌちゃん、キャンディレッドだからキャンディちゃんか。

Dsc03597

仕様

クランクセット、ブレーキ、エルゴレバー、前後変速機、チェーン、スプロケット、
Campagnolo Athena
サドル:IDEAL90
ハンドル:NITTO  BROOKS革バーテープ
ステム:NITTO UN02 comfort□オリジナル仕上 100mm
シートポスト:GRANCOMPE CARBON 27.2mm
ホィール:AーCLASS  700C
タイヤ:グランボア Col de la Madeleine 700x23C
ペダル:Campagunolo スーパー・レゲーロ
トゥクリップ:三ケ島
ストラップ:Christopha

フレーム   カイセイ8630R(ニッケル・クロモリ)
シートサイズ:540mm
トップチューブ:535mm
シートスティ:405mm
シートアングル74°
ハンガー下り  72mm

総重量  9.0Kg

« Cosmic LIVE Report. 12/11 | トップページ | VIVALOクロモリロード完成(中編:フレーム) »

クロモリロード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/50308457

この記事へのトラックバック一覧です: VIVALOクロモリロード完成(前編):

« Cosmic LIVE Report. 12/11 | トップページ | VIVALOクロモリロード完成(中編:フレーム) »