« C3POからR2D2へ変身〜バルミューダデザイン扇風機 | トップページ | ルミナリエ(Silkypixテスト) »

2010年12月 4日 (土)

VIVALO工場見学

お店から連絡があり、もうフレームが仕上がって塗装待ち状態になったということなので、工場見学に行ってきました。明石駅前で待ち合わせ末瀬さんの車で工場へ。

外観は普通の町工場です。中に入ると工作機械や工具が所狭しと並んでいます。入ったところに私のフレームがありました。オールメッキされたフレームが光り輝いてます。

イヤー、感激!美しい仕上げです。

Koujou01

シートステーの巻きも先端がキッチリと合って、コレです、コレですよー、私が欲しかったのは。日下氏のワザが光ります。

Koujou02

ヘッドまわり、技術に自信がないとこんな生地状態は見せられません。ましてメッキするとアラが目立ちやすいものです。

Koujou03

BBまわり、いままで私はメッキの部分だけ鍍金してあると思ってましたが、メッキ槽にドボンと漬けて処理するのでオールメッキなのです。だから、「メッキ出し」と言うのですね。

Koujou04

溶接が終わったフレームを仕上げているところ。

Koujou07

塗装担当は若い女性です。マスキング作業中。アレックスサンジュの写真を見せて
「こんなイメージです」と伝えると、「やっぱり!先週のシクロジャンブルでサンジュを2台みて、こんな感じかなーと思いました」とのこと。きっと私のイメージ通りに仕上げてくれるでしょう。ちゃんとご褒美用意してるから、がんばってねー!

Koujou08

私もシクロジャンブル行きたかったけど、インフルエンザの高熱で行けなかった。彼女とすっかり話がはずんで、塗装の境い目に金線引をお願いしてしまいました。

今回は日下氏がお忙しくてお話しできませんでしたが、御歳70歳とは思えない軽い身のこなして、まだまだ現役で頑張っています。例の事件で受注が減ったのは残念ですが、日下氏がじっくり取り組んで、円熟した技を享受できる今は、我々ユーザーにとって幸せな時期かもしれません。経営者が変わっても日下氏のスピリッツは変わらないのですから・

今回はなかなか見られないフレーム工場も中を見せていただき、感激しました。また、若いスタッフもいて、今後の発展が楽しみです。フレームが仕上がったらまたレポートします。

« C3POからR2D2へ変身〜バルミューダデザイン扇風機 | トップページ | ルミナリエ(Silkypixテスト) »

クロモリロード」カテゴリの記事

コメント

それにしても日立金属さんの自己潤滑性工具鋼、SLD-MAGICのトライボロジー特性はインパクトがある。ここは戦時中、国産初のジェット戦闘機のエンジン、ネ-20を海軍航空技術廠が開発しようとして、かじり(凝着、焼付き)に苦しんでいた時にここの安来工場が新合金を開発して、なんとか実用化に成功したとのこと。この技術を復活させたのが今回の高性能工具鋼なのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/50209318

この記事へのトラックバック一覧です: VIVALO工場見学:

« C3POからR2D2へ変身〜バルミューダデザイン扇風機 | トップページ | ルミナリエ(Silkypixテスト) »