« 久しぶりのスラーバックスラテ | トップページ | 朝のスープ »

2011年1月 8日 (土)

VIVALOを応援します

  今回55歳にしてはじめてあこがれのクロモリロードをオーダーすることができた。そしてこのブログで紹介したように実に細かいところまで満足できる仕上がりとなった。

完成した愛車をVIVALOの工場へ乗っていった。日下氏は「きれいにできたなあ」
と目を細めた。いかに日下氏が自転車を愛しているか私はあらためて感じたので
あった。そのあと「手入れすれば一生もの」と手入れの仕方を教えてくださった。

私は職人の技を尊敬する。それは私の父が誇り高く、決して妥協しない
職工だったことに由来するのかもしれない。

日下氏は御歳75歳、企業ならとっくに定年をすぎているが、
「あと10年はやりたい」とおっしゃる。考えてみれば定年などというものは
本人のやる気や能力と関係なく、企業が勝手に決めたものだ。
人間国宝と言われる人々の中には90歳を過ぎても今なお現役で
想像力を働かせているかたも大勢いらっしゃる。

私は今回のオーダーで円熟した匠(たくみ)の技を手にすることができた。
また、Comfort Spaceの末瀬氏の豊富な経験と確かな技術にも感服した。
新生VIVALOを立ち上げた彼の情熱にも共感した。
この喜びを多くの型と分かち合いたい。

Confort SpaceのHP

http://www.comfort-space.jp/main.html

電話:078-731-1232

私はVIVALOを応援します。私の自転車でよければ試乗していただけるように
しました。ご希望の方はコメント欄でメールアドレスをお知らせください。
(私以外には表示されないようになっています)

自転車の「乗り味」はなかなか文章では表現しにくいものです。ぜひ試乗して
自分に合った自転車をオーダーしてください。あとは経験豊富な末瀬氏と
十分打ち合わせをすれば、自分好みの自転車が出来上がるでしょう。
さあ、Let's join VIVALO!

それではVIVALOの工場を紹介します。

Dsc02991

日下氏、自転車にかける情熱は若いもんに引けをとりません。

Dsc02998

Dsc02968

美しいパイプ、一本欲しい!

Dsc02986

修行中のユースケさん。

Dsc02984

塗装担当のFさん、女性ならではの細やかな仕事。

Dsc02970

溶接が終わったフレーム

Dsc02962

塗装ブースのドアにあった塗装見本。もちろん自分の好みの色で塗ってくれます。

« 久しぶりのスラーバックスラテ | トップページ | 朝のスープ »

クロモリロード」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ボードマンと申します。

綺麗に組上がりましたね!実に美しい仕上がりです。
大人の雰囲気で無駄の無い、素晴らしいバイクですね。

憶えておられるでしょうか、組上げ前のコンフォートで
ターコイズブルーのTTバー付けた変態ビバロで乗り付け
お話させて頂いた者です。

自転車も綺麗ですが、やはり写真が素晴らしいですね。

私も舞子在住ですので、ポタリングでもご一緒できたら幸いです。

ボードマンさん、ご訪問ありがとうございます。
その上お褒めの言葉までいただき、恐縮です。
ちゃんと覚えてますよ、フレームが仕上がった
日ぴでしたね。

もう20年以上もクロモリロードにあこがれてました。
当初は泥除け付きのクラシックなスポルティーフが
欲しかったのですが、サンジュのサイトを見て今回の
イメージが固まりました。

お近くですので、私の脚力がもう少し回復したら
是非一緒に走りましょう。

ボードマンさんのバイクは如何にも走りそうで
素晴らしい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/50525225

この記事へのトラックバック一覧です: VIVALOを応援します:

« 久しぶりのスラーバックスラテ | トップページ | 朝のスープ »