« GRAN COMPE ZEROリアディレーラーの取説 | トップページ | SUUのマーボー豆腐 »

2011年2月 5日 (土)

miklimikli さんのVIVALOロード完成

以前、当ブログを訪問くださった miklimikli さんのVIVALOロードが完成しました。ブリティッシュグリーンに赤の胴抜き、英国テイストのツイードジャケットも似合いそうなロードです。引渡しの日に私もコンフォーとへお邪魔して、完成を祝いました。

Dsc04229

なんといっても、この赤い胴抜きがすばらしい!グリーンとレッドは補色関係にあるので非常に組み合わせが難しいのですが、レッドの量が絶妙です。

Dsc04230

そして全体を引き締めるBROOKS SWIFT LIMITEDのマンダリンモデル、世界限定250個の限定品です。少し赤みの入った革サドルがいい味出してます。もうこの色しかない、というくらいはまってますね。

そして、バーテープもコットンの赤、店長がとても苦労して巻いてました。革テープとどちらがいいか悩んだそうですが、やっぱり赤でしょう(笑)最初はダウンチューブのWレバーにしたかったそうですが、やはり安全性と操作性を考えてエルゴレバーにしたそうです。カンパの11速はこまめに変速してこそ活きてきます。

Dsc04239

美しい集合ステー、ブレーキワイヤーは下出しでスムーズなラインになってます。

Dsc04252

早速試走中の miklimikli さん、店長が「自転車は走ってナンボです」と言うとおり、やはり走っている姿が一番美しいです。 miklimikli さんいわく「踏み出しが軽い、やっぱりクロモリをオーダーしてよかった。」

Dsc04251

α900で連射したら途中でバッファがいっぱいになり、追いつかなかった。(ウデノセイジャ)私も使っているエークラスのホイールは、あまり知られていませんが、頑丈でとても良く回ります。値段も安いしシルバーの部品でまとめたいときはアススメです。ただし、シールは剥がしてあります。(笑)

miklimikli さんもいろいろなバイクを乗り継いでVIVALOにたどりついたそうです。私もVIVALOロードに乗り始めて走るのが楽しくなりました。もちろん、見せびらかしてもよし、だって、世界で1台だけですもん。それに、どんなに高級な乗用車でも鉄板の種類まで指定できないけど(神鋼のSUS304にしてくれーなんて言えないもん)クロモリはパイプの種類や味付けまで指定できます。お酒を呑む人は酒の肴にもなりますよ。

一度作れば一生モノ、手入れしだいで何十年も使えるし、再塗装もできます。コンフォートで70年代のDEROSAをレストア中ですが、美しさは変わらない!

バーテープが巻き上がるまで、喫茶コーナーで一服。ここのコーヒーはコロンビアブレンドでほのかな酸味がお気に入りです。

Dsc04224

ふと窓辺に目をやるとカンパ・スーパーレコードのRDとWレバーが、この時代の自転車部品は美術工芸品ですな。

Dsc04225

« GRAN COMPE ZEROリアディレーラーの取説 | トップページ | SUUのマーボー豆腐 »

クロモリロード」カテゴリの記事

コメント

おっ、このマシン、先日見ましたよ!
デローザと並べて置いてありましたが、こちらの方が
遥かに素敵でしたね。
どこかでバッタリ出会えたらいいなぁ。

ですよねー、私もそう思います。
細部の仕上げもVIVALOの方が丁寧なような気がします。
もちろんDEROSAにはイタリアンレーサーの良さが
あるのでしょうが。スーパーレコードのRD、一度でいいから
使ってみたかったなあ。

三ノ宮あたりでVIVALOオーナーズミーティング、なんてのを
やってみたいもんです。一度に集合するとケーサツがうるさいので
大丸前あたりに三々五々集まって・・・
でも、さすがに20台も集まったら、「偶然に会いました」なんて
言えないか(笑)

miklimikliです。
昨日はありがとうございました。
写真美しく撮って頂き感謝です!
初めてのロード、初めてのオーダーでしたが、想像よりも遥かに完成度が高く、
ホントに満足しました。
全体の色バランスが非常に心配してましたが、すべてがうまい方向に行ったような
気がします。
あの後、軽く須磨海浜公園あたりまでポタリングしましたが、とてもいい感じでした。
出足のスムーズさ、適度な堅さの乗り心地。飛ばしても、まったりゆっくりでも
楽しめる自転車だなぁーと感じました。
ちょっと高い買い物でしたが、長い付き合いとなる相棒に出会えました。
VIVALOオーナーズミーティングおもしろそうですね^^

よかったですねー、miklimikliさんのセンスが光ってます。

おっしゃる通り、とばしてもまったりでも楽しく走れますよね。
昨日の服装にも良く合ってました。

ポタリングなされて何よりでした。帰り道夕陽がとてもキレイ
でしたから電話しようかと思ったくらいです。
私のルイガノ号も足回りの強化で驚くほど走りが変わり楽しく
帰りましたよ。

確かに高い買い物ですが、これからの長い付き合いを考えると
次の1台に手を出さない限り安くつくことでしょう。(決して
沼にハマらぬように祈ってます。

VIVALOオーナーズミーティング、やりたいですね〜。

はじめまして。非常に美しい写真の数々と共に、VIVALOに対する熱意を見せて
頂きました。
VIVALO、このページをきっかけに造ろうと思います。その節は是非お仲間に加えてください。ただ、NISHIKIとも迷っておりまして。
実際にNISHIKIご覧になり、如何でしたか?
VIVALOにしてもNISHIKIにしても、クラシックな味付けにしたいと思います。
今後ともよろしくお願いします!

francois.aniさん、ご訪問ありがとうございます。
基本的にどちらもフルオーダーですので走行感や
デザインは自由になります。単にブランドの違いと
考えて差し支えないです。

もし、舞子まで来ていただけるのなら、私の自転車
もお試しいただけます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/50780460

この記事へのトラックバック一覧です: miklimikli さんのVIVALOロード完成:

« GRAN COMPE ZEROリアディレーラーの取説 | トップページ | SUUのマーボー豆腐 »