« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月27日 (日)

近江八幡、佐義長まつりに見た「けじめ」

何やらプロ野球がモメていたようですね。野球には全く興味のない私にはどうでもいいことでしたが。

しかし、世の中にはキチンとケジメをつける人たちも居たという話をします。

私が撮影テーマの一つにしている「祭り」日本全国に伝わる祭り、祭り好きな長崎に育った私としては、お囃子を聞いただけで心がワクワクします。

祭りに参加する人々は実にいい顔をしているので、被写体としては最高です。

春を呼ぶ近江八幡の「佐義長(さぎちょう)まつり」各町内が丹精を込めて作成した佐義長と呼ばれる山車が日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)に集結、その出来を競い、また町内を練り歩きます。

Dsc05242_2

そして最後はこの佐義長に火をつけて人々の健康と五穀豊穣を願う「とんど」の一種であります。

今年は大地震の影響で開催されるのかなあ、と思いながら三宮で新快速に乗り込みました。

現地に着いて日牟禮八幡宮に向かうと、既に佐義長は境内に集合。午後2時の巡行出発を待つばかりとなっていました。

Dsc05239

すると、境内にアナウンスが「今年は大地震の被害者のご苦労に鑑(かんが)み、渡御(とぎょ)のみ行い、佐義長の巡行は中止します」

なるほど、と思いました。渡御とは神様が市内にお渡になる、という神事なので中止はできない。でも、派手な巡行や歌舞音曲は控えよう、という配慮です。

Dsc05227

これが近江八幡の皆さんがつけた「けじめ」であります。人々は神社の境内から決して出ることはなく、祭りを執り行ったのでした。

ここに近江八幡の方々の矜恃(きょうじ)を見た ような気がします。いま流行りの「~させていただきます」という謙譲語は近江商人がはじめた言葉と聞いたことがありますが、そんな謙虚な気持ちが今でも生きているのですね。
あらためて、お祭りの「神事」という側面を認識した一日でした。

Dsc05317_edited1
日牟禮神社境内にある「たねや」の茶店。

Dsc05308

店先で売っている「つぶら餅」焼きたてのあつあつを食べます。この時たねやのあんこの旨さに気がついた。江戸時代から続く老舗の力を知りました。

そうそう、長崎のあでやかな祭り「長崎くんち」、諏訪神社の境内で奉納される踊りのお囃子は 、坂本龍馬も遊んだ丸山の芸者さんが務めるのですが、彼女らは石畳の上に座布団もひかず、足袋も履かずに正座して演奏する、と亡くなった父から聞きました。

これも神様へ奉納するという心の現れでしょう。くんちとは宮日の事だそうです。

あー、今年こそは長崎くんちを見に行きたいなあ。

2011年3月15日 (火)

設(しつらえ)る

毎日痛ましいニュースが入ってきますね。未曾有うの災害で大変な状況です。今後長期にわたり復興支援を国民全体で行っていかなくては、と思います。地元神戸では先の震災の経験をを活かそうと様々な活動が始まっています。

少し一服できる話題を。

先日お隣のご夫人からひな祭りのお茶をいただきました。桜の花を模(かたど)った和菓子とお抹茶です。この小さな世界に季節とおもてなしの心をこめてあり、ありがたくいただきました。茶席を設え(しつらえ)ると言いますが、このように繊細な心配りができるという茶道をきわめた方ならではのことと感服しました。

Dsc05330

Dsc05328

Dsc05333

先日訪れた広島県福山市の鞆の浦、ここでもおもてなしの心をあちこちに見ることができました。この日は「鞆 町並ひな祭り」と称して、各家々が自宅の玄関先などにお雛様を展示していました。それだけでなく、玄関に花を活けてあるのがどれもセンス良く、目を楽しませてくれました。またそれが実にさりげなくなされていて、旅人の心を和ませてくれます。

Dsc04854

Dsc05177

茶道や華道の心得とはこんなところにあるのかなあ、と思いつつ、どちらの嗜(たしな)みもない自分が恥ずかしく思えたのでした。

2011年3月13日 (日)

心よりお見舞い申し上げます

この度の地震と津波で被害を受けられた皆様に
心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興を
お祈りします。

2011年3月 9日 (水)

ヤギリンゴさんのライブ録音をYoutubeにアップしました

ひな祭りライブのときヤギリンゴさんが歌った「ビールのうた」を写真を加えてスライドショーを作成し、Youtubeにアップしましたのでご覧ください。拍手や声援も加わって、臨場感あふれる録音となりました。もちろん、ご本人の許可を得てあります。録音はZOOM社のハンディレコーダーH4nの内臓マイクでステレオ録音。WAVE形式をMP3に変換。Windows標準のMovie Makerでスライドショーにしました。PAからの音を拾った割にはノイズが少なく、クリアーに録音できました。

Youtubeのアドレス。

http://www.youtube.com/watch?v=3g_Z9RrkcPc

ヤギリンゴさんのライブ録音をYoutubeにアップしました

ひな祭りライブのときヤギリンゴさんが歌った「ビールのうた」を写真を加えてスライドショーを作成し、Youtubeにアップしましたのでご覧ください。拍手や声援も加わって、臨場感あふれる録音となりました。もちろん、ご本人の許可を得てあります。録音はZOOM社のハンディレコーダーH4nの内臓マイクでステレオ録音。WAVE形式をMP3に変換。Windows標準のMovie Makerでスライドショーにしました。PAからの音を拾った割にはノイズが少なく、クリアーに録音できました。

Youtubeのアドレス。

http://www.youtube.com/watch?v=3g_Z9RrkcPc

2011年3月 6日 (日)

cosmic live report (2011.3.5)

今日(3/6)は 二十四節気のひとつ啓蟄。大地が温まり地中から虫が這い出て来る日だそうですが、残念ながら午後から冷たい雨で、自転車で出かけていた私はずぶ濡れになってしまいました。気を取り直してライブレポートします。

この日は「ひな祭りライブ」と題して4組の女性ミュージシャンのライブが行われました。

1st.Stage   セルフィッシュ
ピアニカのデユオです。とてもピアニカとは思えないハーモニー、すばらしい!リベルタンゴは私が大好きな曲で、思わずじーんときてしまいました。

セルフィッシュさんのホームページ

http://kobe30to50.com/selfish/index.html

Youtubeの映像

http://www.youtube.com/watch?v=My0guUct_EA

1.星にねがいを
2.リベルタンゴ
3.世界に一つだけの花
4.聖者の行進
4.A列車でいこう
5.情熱大陸
6.ありがとう

Dsc04695

1曲目はかなり緊張してましたが・・・

Dsc04705

リベルタンゴが終わるとMCも笑顔で・・・

Dsc04712

自分たちでデコレーションしたピアニカ、ステキですね。

Dsc04678

ひな祭りに合わせて用意した花束、気に入ってくれたかな?

2nd.Stage  ヤギリンゴ

ウクレレの弾き語り、軽妙なMCとは対照的な高い歌唱力と作詞力が魅力です。うまい・楽しい・泣かせる・・・三拍子そろってます。

1.春がきた
2.ビールのうた
3.なんてなんて
4.お父さんのうた
5.お母さんのうた
6.百万円のブルース
7.ハイボールのうた

ヤギリンゴさんのホームページ

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=yagiringo

Dsc04714

ヤギリンゴさんはウクレレの「おいしい音」を知り尽くしてます。だから、心地よいサウンド。

Dsc04724

「ビールのうた」の後で「カンパーイ」似合うね。彼女の「色彩のブルース」を聴いてみたいなあ。いえいえ、リクエストじゃないですよ、ただのツブヤキです(笑)

Dsc04671

これって、カーネーションなんですね、最近の花屋さんはのぞくのが楽しい。

3rd.Stage  音魂(おとだま)
1.Over the rainbow(虹のかなたに)
2.Lovin' You
3.確認中
4.Ticket to ride
5.What's up
6.For you
7.Rokko mountain high
8.After midnight hours

Dsc04727

今夜もザッパ小林氏のギターが冴えます。

Dsc04743

オリジナルナンバーとビートルズナンバーを交えて、おなじみの局を楽しみました。

Dsc04649

キムさんにはプリザーブドフラワー、手ごろな値段で買えるお店をしってます。近々紹介する予定です。

4th.Stage   ボッケロビンス

リエ様のボーカルが美しい!この日が来るのをずっと楽しみにしてました。
1.恋のバカンス
2.フィーリング
3.ボラーレ
4.また君に恋してる
5.プカプカ
6.ピクニック(丘を越えいこうー)
7.ひだまりの詩
8.どうぞこのまま

Dsc04750_3

この日お客様の中に誕生日の方がいらしたので、まずはバースデイソングから。

Dsc04762

時々、このミニキーボードの演奏が入ります。リエ様はご幼少の砌からピアノとバレーを尾習いだsぴです。さすがお姫様!

Dsc04782

酔客の妨害もなんのその、伸びやかなお声を堪能しました。「ボラーレ」に感激!「プカプカ」に驚き!次回のためにユーミンの「海を見ていた午後」をリクエストしました。

Dsc04654

リエ様には、もうこれしかないでしょう、花の女王「薔薇」です。真ん中の黄色いのは「ウノ」という品種だそうです。あとの二つは聞いたけど忘れました。小学校時代理科のテストで花の名前が覚えられず苦労したのは今も同じ。未だにグラジオラスとヒヤシンスの違いが分かりません。トホホ・・・でも、ブロッコリとカリフラワーの区別はつきます。(エヘン)

2011年3月 3日 (木)

長浜盆梅展

  父の10回忌で滋賀県まで行った帰りに長浜へ行ってきました。妹夫婦の車で琵琶湖東岸をドライブしていると、遠くに雪をかぶった山々、近景には琵琶湖の静かな湖面をぼんやり眺めていたら、とてもゆっくりした気分になりました。私が住む舞子もそうですが、平安時代から景勝地と有名な訳を実感した次第です。そりゃあ、今でこそ京都は外国人や東京の方たちにとっては「ほっこり」と「癒しの地」かもしれませんが、夏は暑い冬は寒い、せせっこましい、新鮮な魚がない、いけず(笑)と、住むにはつらいところでしょうなあ。だから、平安貴族たちが琵琶湖や須磨に憧れたのもうなづけます。関西の人間はだれも京都に住みたいなどとは思わないでしょう。すまじきものは宮仕え・・・ですな。

さて、そうこうしているうちに長浜に到着。メインストリートの商店街は結構な人出、何度か訪れている妹も「こんなに賑やかな長浜は初めて見た」と申しておりました。NHK大河ドラマ「江」の影響ですかね。長浜は豊臣秀吉がはじめて城を構えた地、昔の琵琶湖は重要な輸送手段でもあり、北国街道に臨するため長浜は交通の要衝でした。だから信長は目端の効く秀吉にこの地を任せたのでしょうね。

Dsc04374

戦国時代の武将はロジステイックス(輸送戦略)のセンスをちゃんと持っていたようです。ある街の発展と衰退は輸送手段の変遷と見事に符号するのが面白いですね。

Dsc04381

さて、長浜の町並みは取り立てて見るべきところもないので、盆梅展が開催中の慶雲閣へ向かいます。慶雲閣は明治天皇行幸の折、地元の資産家が私財を投げ打ち突貫工事で完成させた建物です。その座敷の中に鉢植えの梅が展示してあるそうな。

入場料500円を払って中に入ると、とても豊かな梅の香りに包まれます。梅ってこんなにいい香りだったっけ?と思わずつぶやいた。梅園と違い狭い室内なので普段の10倍くらいの香りなんですね。これだけでも幸せな気分です。次に驚いたのは、盆梅の大きさ、私は盆栽を想像していたのですが、うにゃうにゃデカイ!!

Dsc04387_2

中には樹齢300年を越える者もあり驚きです。以前大阪城でさつき展を見たとき細川家に代々伝わる樹齢うん百年の盆栽があり、私は思ったのでした。「この盆栽を枯らしたりしたら、良くて切腹ものだなあ」まさかそんなことにはならないでしょうが大変な苦労があったと思うのです。

Dsc04389

でも、こちらの梅はご安心(笑)全国各地から姿のいい梅の木を探してきて盆梅に仕立てているそうです。でも、技術員の方がおっしゃってましたが、毎年花が咲くまでは気が気でならないそうです。その苦労の甲斐があり見事な花を我々は楽しむことができる訳です。

Dsc04392

さて、梅を見終わり広い庭で「遺影」を名古屋へ帰る妹夫婦と撮りあいっこして私は新快速に乗り込んだのでありました。ところが、明石までの遠いこと。2時間半もかかるのですね。こんなことなら新幹線で帰るんだった。でも距離的にビミュー、もったいないし・・・エコノミー症候群になりそうでした。(笑)

Dsc04412_2

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »