« 東日本大震災支援ライブ開催のお知らせ | トップページ | 働くワンコたち »

2011年4月28日 (木)

Bianchi VIA NIRONEをフラットバー化 (その後)

最近のアクセス解析を見ていると、「NIRONE]や「フラットバー化」というキーワードで検索サイトからのアクセスが増えています。ビアンキは人気車種の上入荷数が少なく入手が難しいのですが、探せば結構2009年・2010年モデルの在庫が残っている店もあるようです。フレームの基本構造は変わっていないみたいなので、お得な旧モデルを探してみるのもいいかもしれません。現行モデルはチェレステと白い部分のバランスがイマイチで、私は所有する2009年モデルが一番オシャレだと思っています。

乗り心地に関しては、以前も書いたように実にマイルドです。それは剛性の高いカンパのZONDAホイールに変えてもマイルドさは残っています。路面からの振動吸収がよく、ヘッドチューブが長いので適度な前傾姿勢となり、初心者でも取っ付きやすいです。

クランクは2009年モデルの場合FSAゴッサマーが付いてますが、アルテグラに変えると非常にフロントの変則がやりやすくなります。私が通販で買ったお店はクランク変更時にBBのタップをやり直してくれたので安心でした。

しばらく乗っているうちにシマノのSPDペダルは片面SPDで、停発進の多い街乗りfrは装着に手間取ることが多くて、クランクブラザーズのCANDY3に変更しました。このペダルは着脱がとても簡単で、街乗りには実にいい!ビンディング初体験の方にもオススメです。ただ、クニャという感じでクリートが収まるので、なんとなく頼りないですが、一旦嵌ってしまえばガッチリと固定されます。

P1050841

クランクブラザーズのペダルはピンキリですが、基本構造は同じのようです。CANDY3はプラットフォーム部分がアルミダイキャストで高級感があります。いつも思うけど、この写真もメーカーのより分かりやすいと思う。ショップの写真はショボいし。先日コンフォートのブログに掲載された私のロードの写真もひどかった!

それと、皆さんロードバイクのフラットバー化に関心があるのですね。私みたいに買い替えで古いほうをフラットバー化して街乗りにしようというのでしょう。フラットバー用のコンポは限られるので注意が必要です。あと、これはトップチューブの長さにもよるのですが、もう一台のロードと乗車姿勢を同じにしたいなら、ステムの長さは少し長めの方がいいでしょう。

P1050862

ハンドルはRITCHEYのアルミ製、TRIPLE BUTTEDと書いてあります。つまり、パイプの内部で厚さを3段階に変えてある。カタログ値140g、カットしたのでもっと軽いはず。カーボンと違いショック吸収性はないですが、NIRONEのフレームがかなり吸収してくれるので問題なし。

また、市販のフラットハンドルは長さが580mm~600mmというのが一般的ですが、私には長すぎてハンドリングがモタつく感じがしたので、自分でカットしました。これはアルミバーの場合のみで、カーボンハンドルはクラック(割れ)が生じるのでやめた方がいいそうです。

パイプカッターはホームセンターで600円~1000円くらいで売ってます。何度も使うものではないので安物で十分ですが、カットできる最大径は良く確認しましょう。あと、カッターの噛みしろの関係でミリ単位の設定はできないので、少しずつ切り詰めるときは注意が必要です。あとはカッターの説明書をよく読んで、怪我をしないように注意しましょう。

今回私は580mmのバーを20mmずつカットして540mmにしました。最初付けたFSAのハンドルは友人に譲ることになりました。あまり短くするのも危険です。

« 東日本大震災支援ライブ開催のお知らせ | トップページ | 働くワンコたち »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。通勤等でフラットバーロードが欲しい状況です。初心者ですがひとつひとつ勉強しながら大切に扱いたいです。もともと高い自転車と思いますが、いくらで譲っていただけますか?まだありましたら・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/51514916

この記事へのトラックバック一覧です: Bianchi VIA NIRONEをフラットバー化 (その後):

« 東日本大震災支援ライブ開催のお知らせ | トップページ | 働くワンコたち »