« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月28日 (木)

Bianchi VIA NIRONEをフラットバー化 (その後)

最近のアクセス解析を見ていると、「NIRONE]や「フラットバー化」というキーワードで検索サイトからのアクセスが増えています。ビアンキは人気車種の上入荷数が少なく入手が難しいのですが、探せば結構2009年・2010年モデルの在庫が残っている店もあるようです。フレームの基本構造は変わっていないみたいなので、お得な旧モデルを探してみるのもいいかもしれません。現行モデルはチェレステと白い部分のバランスがイマイチで、私は所有する2009年モデルが一番オシャレだと思っています。

乗り心地に関しては、以前も書いたように実にマイルドです。それは剛性の高いカンパのZONDAホイールに変えてもマイルドさは残っています。路面からの振動吸収がよく、ヘッドチューブが長いので適度な前傾姿勢となり、初心者でも取っ付きやすいです。

クランクは2009年モデルの場合FSAゴッサマーが付いてますが、アルテグラに変えると非常にフロントの変則がやりやすくなります。私が通販で買ったお店はクランク変更時にBBのタップをやり直してくれたので安心でした。

しばらく乗っているうちにシマノのSPDペダルは片面SPDで、停発進の多い街乗りfrは装着に手間取ることが多くて、クランクブラザーズのCANDY3に変更しました。このペダルは着脱がとても簡単で、街乗りには実にいい!ビンディング初体験の方にもオススメです。ただ、クニャという感じでクリートが収まるので、なんとなく頼りないですが、一旦嵌ってしまえばガッチリと固定されます。

P1050841

クランクブラザーズのペダルはピンキリですが、基本構造は同じのようです。CANDY3はプラットフォーム部分がアルミダイキャストで高級感があります。いつも思うけど、この写真もメーカーのより分かりやすいと思う。ショップの写真はショボいし。先日コンフォートのブログに掲載された私のロードの写真もひどかった!

それと、皆さんロードバイクのフラットバー化に関心があるのですね。私みたいに買い替えで古いほうをフラットバー化して街乗りにしようというのでしょう。フラットバー用のコンポは限られるので注意が必要です。あと、これはトップチューブの長さにもよるのですが、もう一台のロードと乗車姿勢を同じにしたいなら、ステムの長さは少し長めの方がいいでしょう。

P1050862

ハンドルはRITCHEYのアルミ製、TRIPLE BUTTEDと書いてあります。つまり、パイプの内部で厚さを3段階に変えてある。カタログ値140g、カットしたのでもっと軽いはず。カーボンと違いショック吸収性はないですが、NIRONEのフレームがかなり吸収してくれるので問題なし。

また、市販のフラットハンドルは長さが580mm~600mmというのが一般的ですが、私には長すぎてハンドリングがモタつく感じがしたので、自分でカットしました。これはアルミバーの場合のみで、カーボンハンドルはクラック(割れ)が生じるのでやめた方がいいそうです。

パイプカッターはホームセンターで600円~1000円くらいで売ってます。何度も使うものではないので安物で十分ですが、カットできる最大径は良く確認しましょう。あと、カッターの噛みしろの関係でミリ単位の設定はできないので、少しずつ切り詰めるときは注意が必要です。あとはカッターの説明書をよく読んで、怪我をしないように注意しましょう。

今回私は580mmのバーを20mmずつカットして540mmにしました。最初付けたFSAのハンドルは友人に譲ることになりました。あまり短くするのも危険です。

東日本大震災支援ライブ開催のお知らせ

5月1日(土)西宮のフラッパーハウスで東日本大震災支援ライブが開催されます。無料ライブですのでお気軽にお越しください。なんといっても楽器の生演奏は楽しいものです。

Img002

フラッパーハウスのホームページ

http://r.goope.jp/flapper-house/

わんにゃんフリマ&ライブ 開催のお知らせ

今回で13回目となるわんにゃんフリマ&ライブが5月3日(祝)、垂水駅前で開催されます。
趣旨は有志の皆さんから無償で提供頂いたモノをフリーマーケットで販売して、その全額を以下の団体に募金します。

①兵庫盲導犬協会
②兵庫介助犬協会
③ペッツフォーライフジャパン(捨てられたペットの里親探しのNPO)

E0036459_22275350

これ、全部アイコさんの手書きなんですが、定規も使わずフリーハンド。よくまあこんなに真っ直ぐに書けるもんだ、と私はそちらの方に感心してしまうのです・


また、今回は東日本大震災もあり、上記の3団体に加え、仙台にある「dog woodさん」にもフリマの売り上げを募金する事にしました。
E0036459_2234235

フリマの提供品はまだまだ受け付けております。
家にある使っていない食器や衣類や雑貨がありましたらご提供下さい。
詳細は「Food&Drink こずみっく」のアイコさんまで→078-782-7263(お店ですので夕方以降しかおりませんけどねw)

2011年4月26日 (火)

吉田拓郎とキャンディーズ

引越し以来パソコンが不調で、DELLのサポートに連絡したら「メモリの差込が緩んでませんかと?」とのこと。さっそく挿し直してみたら、頻繁に起こっていたフリーズがなくなりました。α900のセンサーずれも、今にして思えば引越しの振動で起こったものかも。皆さんも引越しのときはエアーサスペンションの付いたトラックを頼みましょう。

さて、田中好子さんが亡くなり残念ですねー。心からご冥福をお祈りします。実は友人から「キャンディーズはめちゃ歌がうまい、ハモりも完璧」と聞いて最近改めてキャンディーズを聴きなおしていたところでした。

昨夜の「オールナイトニッポン ゴールド」で吉田拓郎がキャンディーズの思い出を語ってました。

「やさしい悪魔」の録音で、最初のカッカッという靴音はタクローさんの靴を使ったそうです。 (バックコーラスにも一部参加、彼はランちゃんの大ファンです)

Dsc08905

桜の季節になると思い出す「微笑みがえし」阿木耀子さんの巧みな作詞・「お引越しのお祝いがえしは微笑にしてとどけます」何故かこのフレーズにじーんときます。唯一ベストテン一位をとった曲だそうです。

タクローさんはこの曲の提供が縁で芸能界との付き合いが始まった。ナベプロの社長などとの交流が元で、芸能界の幅広さを知り、一定のイメージに固まっているフォーク歌手たちと疎遠になっていった、みたいなことを話してました。

実は、私もフォークソングが作り出すステレオタイプな世界に嫌気がさしていたところにユーミンと出会い、ドップリと漬かっていったのでした。でも、いま思い出してみると、私は松任谷正隆氏が作り出すサウンドに漬かっていたのかも、と最近思います。

でも、タクローさんが作り出した世界にハマり、今でもそんな音楽をやっている人たちは、実はタクローさんからハシゴを外されていたのですね。ま、人それぞれの楽しみ方があっていいのだと思いますが。私はギターをつまびきながら歌謡曲を歌う、今のタクローが大好きです。

2011年4月19日 (火)

The online album has uploaded( Kobe Musicians for Northern Japan)(東日本大震災支援ライブ)

You can see on this site.

https://picasaweb.google.com/109852247842815963830/KobeMusiciansForNorthernJapan?authkey=Gv1sRgCPjW8Lz26u_o8wE#

東日本大震災支援ライブの写真を上記のサイトにアップしました。

2011年4月11日 (月)

Kobe Musicians for Northern Japan(東日本大震災支援ライブ)

被災地の皆様方、まだまだ大変な日々をお過ごしのことと思います。不自由な日常生活、さらに将来への不安、どうかがんばり過ぎないでください、我慢し過ぎないでください。

さて、4月10日(日)神戸元町の「上屋劇場」で神戸在住のミュージシャンによる震災支援ライブが開催されました。この売り上げは全額被災地の皆様に寄付されます。

さて、最初に出演者やスタッフの皆さんにお詫びしておきます。実は私このライブをナメてかかってました。こんなにすばらしい演奏を6時間にもわたって堪能できるとは!本当にスミマセン。

午前中は夙川公園へ桜の撮影に行ってまして、阪急夙川駅から苦楽園までを往復、約500枚を撮影しまして、この時点で既に満腹状態。南京街で遅い昼食を済ませ、anfanで差し入れのシュークリームを買って上屋劇場へ。正直言ってこの時点でかなり疲れてまして、早めに帰ろうかなどと不埒なことを考えてました。

でも、演奏が始まると、そんな気分も吹っ飛びました。もうノリのいいこと。結局最後の打ち上げまで居座ってしまい、16MB2枚と8MB1枚のCFメモリーはあっという間にいっぱいになりました。さすがに一日1000ショットも撮影すると右手の人差し指がつりそうでしたが、音楽三昧・写真三昧の8時間は楽しかった!それにしても、多めのメモリーと予備のバッテリーを持っててよかった。ボーイスカウトの合言葉「備えよ常に」であります。

最後に、黙々と自分の役割を果たしていたボランティアスタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。

なお、今回の写真は量が多いのと、少しでも早くアップするためにJPEG撮って出しリサイズのみで掲載しています。また、写真の順番も順不同です。

なお、後日ライブの写真をオンラインアルバムにアップする予定です。

Online album wii coming soon!

Dsc07898

Dsc07902

Dsc07919

Dsc07935

Dsc07945

Dsc07947

Dsc07955

Dsc07963

Dsc08002

Dsc08017

Dsc08098 

Dsc08109

Dsc08261

Dsc08270

Dsc08289

Dsc08294

Dsc08309

Dsc08325

Dsc08330

Dsc08344

Dsc08357

Dsc08381

Dsc08419

Dsc08436

Dsc08462

Dsc08503

Dsc08508

Dsc08514

Dsc08563

Dsc08565

Dsc08571

Dsc08584

Dsc08591

2011年4月 3日 (日)

Bianchi VIA NIRONEをフラットバー化

VIVALO号が来てからというもの、Bianchi号はすっかりご無沙汰になってしまいました。というのも、一度クロモリロードの乗り味を知ってしまうと、アルミ+カーボンのフレームはなんともかったるく思えてしまうのです。もちろん、これはVIA NIRONEのC2Cという設計思想によるものです。

一番違うのはチェーンステーのサイズ、VIVALOは405mmBianchiは408mm、このわずかな差が乗り味を左右しているように思えます。ぐいっと加速したときの追従性がかなり違います。

で、Bianchi号はフラットバーロードを欲しがっている友人に譲るということになりまして。部品の手配を始めたのでした。

Dsc06998

この状態で8.3Kg、これ以上軽量化しても意味がないし、十分です。

まずはフラットバーハンドル、これはFSAのXC180というアルミのハンドルです。これは単に色のコーディネート上の選択です。そのままでは600mmもあるので、パイプカッターを買ってきて、540mmにカットしました。カットは簡単ですが、長さは慎重に決めないといけませんん。カッターの噛みしろの関係で15mm単位になります。少しカットして走って調子を見ながらやったほうがいいです。

Dsc06788

チェンジレバーはシマノのSL-R770-D-10という型番で、シマノのHPでシステムチャートを見ると、105やアルテグラのフロントディレーラーを操作するにはこれしかないそうです。値段が高いだけあり、しっかりとした造りです。ブレーキレバーも、Vブレーキとは引きしろが異なるので、MTB用のものは使えません、BL-R770という型番です。アイスグレーでカッコイイ!説明書を見るとカンチブレーキ用として設計されているようです。

Dsc07003

Dsc07120

このシフトレバー、アルミのかたまりです、金属加工物フェチの私にとってはタマラナイ!

今回ステムとシートピラーもアイスグレーで統一感を持たせるため、シマノのPROシリーズを採用しました。実はこのシリーズ、アルミながらかなり軽量で、造りもシマノらしくカッチリしてます。シートピラーは不要部分をカットすれば、ヘタなカーボンより軽いかも。ステムはライズが10°なので上体が少し起きる感じになります。

Dsc07024

サドルは、Prologo NAGO gel Pro T 2.0、チタンレールにカーボンベース、ジーンズで乗るとインディゴブルーが色移りしてしまった。まあ、これも味が出ていいかも。ジェル入りパッドのおかげで乗り心地も良く、軽快です。

てなわけで、完成したBianchi号を、神戸マリンピアアウトレットに持って行き撮影しました。イタリアンデザインのBianchiにはヨーロッパ風の建物が似合うだろうと思ったのですが、これがまたバッチリとはまりました。

乗り心地は街乗り用としては言うことなしです。もともとショック吸収が非常にいいので最高!

Dsc06866

スターバックスをバックに、DISTAGON24mmで撮影、絞りF4でここまで寄るとバックもかなりボケてくれます、ボケも自然な感じ。Dsc06681

こちらはPLANER85mmで撮影、バックにいるのが金髪のおじいさんだったりしたらもっとオッサレーかも。

Dsc07030

カーボンフォーク、横から見ると太そうですが、とても薄くて、ブレードという感じです。

Dsc07065

シートステーは集合式、ビミョーにベントしてますが、不自然さがない。グラマラスな前三角とは対照的に細い造りです。K-VIDというカーボンとケブラー繊維の複合素材、まるで航空機みたいです。ホイールはカンパZONDA,良く回ること。タイヤはミシュランLITHIONスカイブルー、路面への食いつきも乗り心地もいいです。これも単なる色合わせで選択、もっと水色っぽいかと思ったら限りなくチェレステブルーに近くて驚き、まあいいか。

Dsc07091

ハイドロフォーミング(油圧整形)されたトップチューブ、これは2009年モデル、2010年モデルは白い部分が増えて少し間の抜けた印象です。実はこのハイドロフォーミング技術、台湾が世界一なんだそうです。ボトルケージはOGKのペットボトル用、カーボンチックな配色です。実にペットボトルの納まりがいい。街乗りにはなんといってもペットボトルですわ。

Dsc07101

ブレーキもアルテグラ、普通は安物を使うことが多いのですが、Bianchiは手を抜きません。このブレーキはすばらしい!ストッピングパワーも十分、急ブレーキをかけると後輪がドリフトします。ね、フロントフォーク薄いでしょ。

Dsc07111

クランクは6600系アルテグラ、6700系よりマッチョ感が少なくてヨロシ。FDは105ですが、クランクがアルテグラなので、変速はスパッと決まります。RDはアルテグラ、私はカンパ・アテナ、グランコンペZEROも使ってますが、アルテグラが一番スパッと切れ味いいです。ただ、ドロハン用STIよりは少しキレが鈍ります。

Dsc06766

ペダルはシマノのPD-A520、アルテグラグレードですがSPD対応です。アイスグレーだし、315gと軽量です。SPDシューズは歩きやすいのでGOOD.シマノさんもっとオッサレーなSPDシューズ作ってよ。レース指向の人はSLペダルでいいだろうけど、レースでもなくMTBでもないシューズをもっと増やして、お洒落なデザインにして欲しい。ジーンズに合うようなやつとか。

Dsc07176

Bianchi号はヨットハーバーだって似合うのです、横に黒いラブラドールでも居れば最高だろうな。もちろん美女が居ても一向にかまいません(笑)

Dsc07211

こうして写真を眺めていると友人のところへ嫁に出すのが惜しくなってしまった。やっぱり手元に置いておこうかなあ。ロードをフラットバー化するのはもったいないような気もしますが、ビアンキにはフラットバーロードの設定がない(カメレオンテはMTB系のパーツでタイヤも太い)ので、どうしてもチェレステという方にはこんな方法もいいかもしれません。

2011年4月 1日 (金)

東日本大震災チャリティライブのお知らせ

コズミックのαikoさんからチャリティライブのお知らせがありました。
キムさんはコズミックライブの常連「音霊」のボーカリストです。
ぜひお出かけください。
会場の「上屋劇場」のHPはこちらです
**************************************************************************
私達の友人でカナダ生まれのキムとキムの友人達が下記日程でチャリティーライブを開催します。私達もバンド及びスタッフで手伝う事になりました。
当日、次の指定物資を募集します。会場に来られる方は持参して下さい。また、来れない方は、こずみっくにお持ち頂いても結構です。(5月3日の わんにゃんフリマ提供品の方もご協力頂けると有り難いですわーい(嬉しい顔))
募集物資
★カップラーメンなどのインスタント食品
★お菓子系
★カンヅメのシーチキン
★オムツ(大人用と赤ちゃん用)
よろしくお願い致します。
さて日程です。
●4月10日(日)
16時~22時
場所:上屋劇場
チャージ\2000
(1drink付)
この内\1000は寄付になります。
募金先:セカンドハーベストジャパン(書くと長いので皆さんで検索して下さいあせあせ(飛び散る汗))
るんるん出演
★Beer Garden Prophets
★G-JAMMPこずみっく
★Nathan and the Naturals
★Davina Robinson
★Flashback
★Barbarians
★Northern Lights
★Paul Jackson Trio
★Funky Nasso
☆☆☆☆☆☆☆☆
皆様の御来場を心よりお待ちしております揺れるハート

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »