« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月28日 (土)

今朝の明石海峡

全国的に入梅したようですね。

明日の相生ペーロン祭りどうしようかなあ。

などと思いながら海を眺めていたら、大きなフェリーがやってきました。望遠レンズを付けっぱなし(ていうかコレしかない)のEOS7Dを持ち出し撮影。すると東の方からも船が・・・思わぬ邂逅(かいこう)となりました。毎日海峡を眺めているとこんなこともあるんですねえ。

Img_6299

淡路島寄りの船はさんふらわあごーるど(11,178トン) 大分と神戸を結ぶフェリーです。 手前の船はジャンボフェリーのこんぴら2(3,639トン)です。 神戸と高松を結びます。

この辺が地元の強みでありまして、逆に私にしか撮れない写真でもあります。先日ABCラジオで道上洋三さんが「老後は舞子か朝霧あたりのマンションから海を眺めて暮らしたいなあ」とおっしゃってましたが、私は一足先にその「夢」をかなえてしまいました。

また、その番組で「関西住みたい町ベスト10」のうち5位までが兵庫県でして、芦屋・西宮・神戸・夙川・岡本と全て阪急沿線という・・・ちなみに関東では圧倒的に吉祥寺と自由が丘だそうです。

2011年5月26日 (木)

これは何でしょう?

近畿地方も入梅したそうですね。
今朝のラジオで道上洋三さんが「リタイアしたら、舞子か朝霧あたりの高台のマンションで毎日海を眺めて暮らすのが夢だ」とおっしゃってました。すみません、私はもうその夢をかなえてしまいました(笑)
ダイエー舞子店の横にある桜の木にありました。
そう、これでも一応サクランボ。

撮影するのにずいぶん難儀しまして。
PENTAX K-5 + 100mmMacro・・・全くピント合わず。
EOS7D + 70-300mm ・・・これもダメ。
α900 + 200mmF2.8・・・これが意外に善戦。
やはり、この組み合わせはツボにハマるとスゴイ
描写をします。もう少し寄れたらいいのになあ。
Dsc05072
雨は多いけど新緑が美しいですね。
Dsc05088

2011年5月25日 (水)

VIVALO EXHIBITION 2011 開催

神戸・元町の「bucato cafe」でVIVALOの展示会が行われるそうです。市販車と違い、なかなか実車を見る機会がないクロモリロードがたくさん見られます。私も天気がいい日にのぞいてみようかと思ってます。もちろん愛車と一緒に。

開催内容(VIVALOのHPより)

http://www.vivalo.jp/

<VIVALO EXHIBITION>
期間:6月1日(水)~6月30日(木)
場所:神戸・元町 bucato cafe
   兵庫県神戸市中央区栄町通3-6-17 2F
営業時間:12:00~26:00(AM2:00)
     営業時間中は常時展示しております。
定休日:毎週月曜日

2011年5月20日 (金)

メガネを変えてイメージチェンジ

小学校からかけているメガネ、ちょっとイメージチェンジをはかるためメガネを変えてみることにしました。ずっとメタルフレームを愛用していて、これはこれで機能的で良かった。でも、久しぶりにセルフレームが欲しくなり探していました。ここしばらくはヨン様御用達の眼鏡屋で安いものを買っていましたが、どうも気に入るものがない。

そんな時友人から雑誌の切抜きを見せられ、三宮に手作りフレームの店があることを知り、さっそく出かけてみました。この店のお話はいずれ詳しく紹介します。とりあえずできあがってきたので三宮を散歩がてら写真を撮ってきました。

いつものように大丸前のスターバックスで休憩。昼食が早かったので小腹がすきソイストロバリーケーキを注文。

Imgp1252

ちょっとは知的な感じになったかな?大人はチャラチャラと「フラペチーノ」など飲まない・・・なんてことはないのですが、この日は風がさわやかで、ホットコーヒーの気分でした。

ホワイトチョコレートの上に、なめらかな豆乳のムースとストロベリーと、ラズベリーのピューレをあわせたジュレを重ねたケーキ。仕上げにストロベリーのシロップ漬けがトッピングされています。ということで、スッキリアッサリでした。お店のお姉さんがまさかオヤヂがこんなものを注文するまいと思ってか、別の商品をケースから取り出したのには苦笑しました。

Imgp1258

このような女子が食するようなものを注文する自分が少しもフシギでなくなってきた今日この頃です。

Imgp1257

ツルの先端はザウルス仕様、ちょっと遊んでみました。

Imgp1269

五月晴れの空に咆える双頭の竜の図

Imgp1267

夕方になると風が少し冷たいのでサマージャケットを、クロコダイルベルトのセイコー・ドルチェもそろそろメタルバンドのATESSAに交代です。この手のドレスウォッチは湿気に弱いので夏場は避けたほうが無難。鰐革もいたみます。オークションで1万円足らずで入手、元々はその10倍以上の値段なので造りがいい。私は海外ブランドのものより精密感のある国産時計のほうが好みです。

メガネのかけ心地は上々で、よく顔にフィットします。友人たちの評判も上々でした。

メガネ屋さんの nackymade

http://www.nackymade.com/

サマージャケットは元町のミスターボンド

アイビー世代のオヤヂにはうれしいお店です。

http://www17.ocn.ne.jp/~mrbond/index.html

2011年5月15日 (日)

神戸 新開地音楽祭(前編)

学生時代からの友人K君は、私の音楽の師匠である。彼からはいろんなアーティストを教えてもらった。GONTITI,小野リサなどなど私の音楽の世界を広げてくれる存在である。また、サイクリング仲間でもあり、この舞子の地を教えてくれた恩人でもある。

そんなK君から日曜日の朝メールが来た。「新開地で音楽祭があるから行かないか?タダ、無料。有名なジャズミュージシャンも来るよ」無料はうれしい!「いくいくー」実はその日ハーバーランドのでカッター(短艇)レースがあるので撮影に行く予定で、すっかり外出の準備はできていた。

午前中カッターレースを撮影して、夕方から音楽祭を見ようか、と考えて電車に乗ったのでありました。さて、高浜岸壁に着いてみると実にノンビリした雰囲気。うーん、競技の性格なのかいまいち私の中で盛り上がらない。1時間ほど撮影して早々に新開地へ移動したのでした。

Img_4159
やっぱり狙いは女子チーム、悲しい男の性(さが)であります。見た目はゆったりしてますが、海軍だった父によると1時間も漕ぐと手が真っ赤に腫れあがり、全身筋肉痛になるそうです。

駅でK君と落ち合い会場へ向かいます。お目当てのミュージシャンが出るまで時間があるので商店街あちこちにあるミニライブ会場を見て回ります。

最初はゴスペルコーラスの「ハーバートライスチャーチ クワイアー」独自のアレンジで最後はソーラン節まで飛び出して観客もノリノリでした。毎週1回プロのレッスンを受けているだけあってハーモニーは抜群!フロントにはプロのボーカリストがならんで、レベルの高いコーラスを堪能しました。

Img_4273

この方たちはプロのシンガー、テレビでももっとこんなジャンルの音楽を見たいなー。

Img_4287

みなさん、楽しそうに歌ってます。大きな声を出すことによるカタルシス(精神の浄化)とハーモニーによるエクスタシー(陶酔)はすばらしい!

次は「生駒シティジャズオーケストラ」アマチュアビッグジャズバンドです。ブラスセッションにこれだけの人数が集まると、スイングしますねー!練習で集まるのも大変だろうなぁ。

P5080004

この日のメイン機材はEOS7D+70-300ズーム、予備にGH1+20mmパンケーキ。持って行ってよかったなーパンケーキレンズ、後ろに引けないし前にも出られない、ギリギリのフレーミングです。。

Img_4499

音楽するオヤヂはカッコイイなあ、写真撮るオヤヂは・・・アヤシイだけです。(恥)彼らの中には中学校くらいから音楽に親しんでいる人が多いのですね。一応私も中学校時代から写真やってるんだけどなー(笑)

後編へ続きます。

2011年5月11日 (水)

海を眺めるための椅子をオーダーする

このブログを始めたときに書いたかもしれませんが、今の部屋に決めた一番の理由は、ベランダから明石海峡大橋が見えることでした。晴れた日も雨の日もばんやりと海峡を見ているだけで心が癒されます。そんなとき、ゆったりと座れて、しかも質感のいい木製の椅子が欲しいと以前から探していました。

35f56_2 

普段パソコン作業や写真の加工を行うときは15年前に買ったアーロンチェアーを使っています。このイスは鋳鉄製で非常に頑丈な上、あらゆる部分が調節でき、さらに座面とシートバックはケブラー製のメッシュで夏場も蒸れない、という優れものです。雑誌でイスの特集があると必ず取り上げられます。私は知り合いのつてで半額以下で手に入れましたが、15年たってもビクともしないので、十分元をとりました。でも、情緒がない。

418qnfgpel__sl500_aa300_

さて、先日行きつけの海の見えるGALLERY & SELECT SHOP :: dan-sho へ寄ったところシンプルな椅子を見つけました。座ってみるとカッチリとした造りなのにやさしい座り心地。「あー、いいな。海峡の景色に似合うだろうな」と思った。たまたま来店していたほかのお客さんも「いいねー」と何度もためしていた。

Dsc07439

いつもこのカウンターでコーヒーを飲みながら海を眺めるという贅沢なひと時を過ごします。お店の藤原さんはいつも笑顔で話し相手をしてくださる。棚に並んだコーヒーカップから好きなものを選んで自販機にセットします。ドリップ式なのでちゃんとしたコーヒーが飲めます。

こんなとき私はすぐには買わず、「次回来たときにまだ売れていなければ買おうかな」と思うのであります。それに、シートバックがもう少し高いといいな、とも思いました。

さて、2~3日してお店に行ってみると「あー残念、昨日売れてしまいました。」やっぱり、人気があったみたいだもんね。すると、お店の方が「作家さんに連絡して、また造ってもらえるか、聞いてみますね」結果はOKとのこと。

さらに、作家さんに直接お会いして希望を伝えたい、とお願いすると快諾を得ました。

工房 木九里(もっくり)の八塔義道(はっとう よしみち)さんはとても気さくな方で、遠慮なく希望をお伝えしました。まず、海峡の写真をお見せして、使用目的を伝え。さらに使ううちに味わいが出てくるオイルフィニッシュにしてほしいこと。これは私が30年愛用しているIDEAL90革サドルをお見せしながら説明しました。

Dsc03599

使用する木材は丈夫な欅(ケヤキ)にし、座面とシートバックには白い栗の木でラインを入れてもらうことにしました。もちろん、座面とシートバックの高さは私の身体に合わせてもらいます。

打ち合わせのとき見せていただいた材の切れっぱし、「もういらんから、あげるわ」せんせー、こんなのもらってもフツーの人は困りますよー、と突っ込みをいれながら、私の頭の中では既に使いみちが決まっていたのでした。

以前買った「Ferrafi 250 Testa Rossa」の模型の飾り台にしよう!ただ、このキット、ボディの分割が複雑で組み立てが難しい。完成はいつのことやら(笑)

P1010004

椅子のほうも「特に急がないので、じっくりとことんやってください。金に糸目をつけないとは、よう言いませんが」と言ってあるので気長に完成を待つことにします。ひょっとしたら何かサプライズがあるかもしれないし・・・

2011年5月 4日 (水)

働くワンコたち

わんにゃんフリマも最後の方で雨に降られたものの、無事開催できて何よりでした。ただ今写真の整理に追われております。今しばらくお待ちを・・・

フリマの様子はタコスケさんのブログに詳しくレポートされています。

おいしい食べ物もたくさん紹介しています。その成果はタコスケさんのお腹に、見事に反映されています(笑)

http://tako2005.exblog.jp/

さて、今回もたくさんのボランティアの皆様のご協力があり、素晴らしいことだと思います。また、盲導犬と介護犬のデモンストレーションがあり、より身近に感じる事ができました。

さて、世の中にはいろんな仕事をしているワンコたちが居ますよね。果たして彼らは人間のために無理矢理働かせられているのでしょうか?

答えはNOです。彼らは遊びの一つとして身体や目が不自由な方の補助をしているのです。今回のデモンストレーションを見て、その事をあらためて実感しました。

また、彼らは仔犬の時からボランティアのパピーウォーカーさんにとても可愛がられて育ちます。訓練士さんも犬の性質を良く理解して、遊びの一貫として訓練をします。また、老後はボランティアの方に引き取られ、幸せな余生をおくります。従って、長生きするワンコが多いそうです。

たとえば、このハーネスと呼ばれる首輪も、見せられると喜んで首を通します。それはハーネスを付けると優しい訓練士さんが外に連れていって遊んでくださるのを知っているからです。

Img_3297

おネエさんが手に持っているのがハーネスです。

Img_3113

介助犬の場合はこのようにユーザーさんの膝の上に前足をかけます。

Img_3350

ハーネスを着用したところ。

Img_3347

どうです、ピタリと横に寄り添ってます。ちなみに、「待て」と命令されると、絶対にその場を離れない訓練も受けてます。

Img_3134

これは介助犬が紐を引っ張る訓練をしているところです。強く引っ張ると紐をもらえることを覚えさせます。たとえば、冷蔵庫や玄関のドアを開けることを覚えます。これもワンコたちにとっては遊びなのです。

Img_3124

ユーザーさんが落とした携帯電話を拾って渡します。ちなみに「リトリバー」とは英語の"retriever"回収するもの、という意味で、狩りで獲物を回収したり、水が好きなので漁船から落ちた魚を回収したり、元来はそんな仕事をしていたそうです。

Img_3356

盲導犬がユーザーさんに空いている席を教えているところ。ユーザーさんは盲導犬の頭を目安にイスの高さなどを知ります。ホントに良く考えられているなあ、と感心しました。

訓練士さんたちは、一つの事ができるたびに「GOOD!」と褒めながら体を撫でてくれます。犬の中でも特にリトリバーは遊ぶことと人間が大好き!一日中飼い主と居られる事は彼らにとって一番の幸せなのです。

どうか、働く犬たちがその任務を全うできるよう、次の4つのお願いを覚えておいてくださいね。
(1)声をかけないでね
(2)さわらないでね
(3)おやつはあげないでね
(4)信号は教えてね(犬は信号が分かりません)

P1060052a

と、説明してくださった盲導犬協会のお姉さんはとても美人でした。(ヲイヲイ、ヤッパリ ソレカイ)盲導犬4つのお願いの歌、森のクマさんのメロディです、ちあきなおみの4つのお願いではありましぇん。あーあ、せっかくマジメな記事になりそうだったのにー

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »