« Bianchi VIA NIRONEをフラットバー化 (その後) | トップページ | 海を眺めるための椅子をオーダーする »

2011年5月 4日 (水)

働くワンコたち

わんにゃんフリマも最後の方で雨に降られたものの、無事開催できて何よりでした。ただ今写真の整理に追われております。今しばらくお待ちを・・・

フリマの様子はタコスケさんのブログに詳しくレポートされています。

おいしい食べ物もたくさん紹介しています。その成果はタコスケさんのお腹に、見事に反映されています(笑)

http://tako2005.exblog.jp/

さて、今回もたくさんのボランティアの皆様のご協力があり、素晴らしいことだと思います。また、盲導犬と介護犬のデモンストレーションがあり、より身近に感じる事ができました。

さて、世の中にはいろんな仕事をしているワンコたちが居ますよね。果たして彼らは人間のために無理矢理働かせられているのでしょうか?

答えはNOです。彼らは遊びの一つとして身体や目が不自由な方の補助をしているのです。今回のデモンストレーションを見て、その事をあらためて実感しました。

また、彼らは仔犬の時からボランティアのパピーウォーカーさんにとても可愛がられて育ちます。訓練士さんも犬の性質を良く理解して、遊びの一貫として訓練をします。また、老後はボランティアの方に引き取られ、幸せな余生をおくります。従って、長生きするワンコが多いそうです。

たとえば、このハーネスと呼ばれる首輪も、見せられると喜んで首を通します。それはハーネスを付けると優しい訓練士さんが外に連れていって遊んでくださるのを知っているからです。

Img_3297

おネエさんが手に持っているのがハーネスです。

Img_3113

介助犬の場合はこのようにユーザーさんの膝の上に前足をかけます。

Img_3350

ハーネスを着用したところ。

Img_3347

どうです、ピタリと横に寄り添ってます。ちなみに、「待て」と命令されると、絶対にその場を離れない訓練も受けてます。

Img_3134

これは介助犬が紐を引っ張る訓練をしているところです。強く引っ張ると紐をもらえることを覚えさせます。たとえば、冷蔵庫や玄関のドアを開けることを覚えます。これもワンコたちにとっては遊びなのです。

Img_3124

ユーザーさんが落とした携帯電話を拾って渡します。ちなみに「リトリバー」とは英語の"retriever"回収するもの、という意味で、狩りで獲物を回収したり、水が好きなので漁船から落ちた魚を回収したり、元来はそんな仕事をしていたそうです。

Img_3356

盲導犬がユーザーさんに空いている席を教えているところ。ユーザーさんは盲導犬の頭を目安にイスの高さなどを知ります。ホントに良く考えられているなあ、と感心しました。

訓練士さんたちは、一つの事ができるたびに「GOOD!」と褒めながら体を撫でてくれます。犬の中でも特にリトリバーは遊ぶことと人間が大好き!一日中飼い主と居られる事は彼らにとって一番の幸せなのです。

どうか、働く犬たちがその任務を全うできるよう、次の4つのお願いを覚えておいてくださいね。
(1)声をかけないでね
(2)さわらないでね
(3)おやつはあげないでね
(4)信号は教えてね(犬は信号が分かりません)

P1060052a

と、説明してくださった盲導犬協会のお姉さんはとても美人でした。(ヲイヲイ、ヤッパリ ソレカイ)盲導犬4つのお願いの歌、森のクマさんのメロディです、ちあきなおみの4つのお願いではありましぇん。あーあ、せっかくマジメな記事になりそうだったのにー

« Bianchi VIA NIRONEをフラットバー化 (その後) | トップページ | 海を眺めるための椅子をオーダーする »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/51579082

この記事へのトラックバック一覧です: 働くワンコたち:

« Bianchi VIA NIRONEをフラットバー化 (その後) | トップページ | 海を眺めるための椅子をオーダーする »