« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月29日 (水)

大蔵海岸で出会ったコルナゴ

久しぶりにスカっと晴れたので、ビアンキ号で軽く明石方面へ散歩に出かけました。

明石の「漁師の店 新浜」でこれまた久しぶりの刺身を注文。この日は鯛・タコ・イカなどの定番に加えて、アナゴ・カレイの季節ものが並びます。大阪だと三千円は下らない内容です。

さて、いつものように「たい焼き みたか」でご主人と世間話をして、大倉海岸へ。すると、なにやら赤いロードがベンチに。近寄ってみるとフレームが細い!もしやと思って、持ち主の方に声をかけました。よくよく見せていただくと、なんと泣く子も黙る「COLNAGO]ではありませんか!

もう大興奮です。「あのー写真撮ってもいいですか?」と強引にお願いして撮影させていただきました。この日はEOS7D+135mmF2.なのでかなり離れないと全体が収まりません。いやー、このレンズでよかった!もうカリカリの高解像度ですから。

Img_8065

ISO200 F8 1/400
この頃からチェーンスティが短くなりシートチューブも立ち気味になっていったようです。フロントフォークの曲げもきれいですね。

少しお話をうかがうと、このフレームは1980年代のものらしいです、クロモリロードとカンパのコンポが一番美しかった時代ですね。細部まで美しい仕上げで、ホレボレします。ネットで調べてみると競技選手だったコルナゴ氏が故障でリタイア、工房で修行しジロ・デ・イタリアに参戦し始めたのは、私が生まれた1955年ごろのことだそうです。

とても高価な自転車ですので、みなさん大事に乗られていて美しいものが多いです。今回のコルナゴも、とても30年以上前のものとは思えないコンディションでした。快く取材に応じてくださったKさん、ありがとうございました。またお会いできるといいですね。

もし、このブログをごらんになって、間違いや補足(想い出話)などありましtら、ぜひコメントをお寄せください。お待ちしています。

Img_8066

ISO200 F8 1/800
カンパ・スーパーレコードのRD私はこれがRDの造形としては完成形だと思います。かつて、変速機は保有したことがあります。芸術品ですな。

Img_8068

ISO200 F8 1/400
ヘッドラグの美しいこと、丁寧な仕上げもすばらしい。ステムは少しエアロ気味、かな?この細身のブレーキレバーは今では手に入りにくくなりました。

Img_8074

ISO200 F8 1/400
ヘッドラフとフォーククラウンの方にコルナゴマークの刻印。控えめでいいですね。

Img_8075

ISO200 F8 1/500
ヘッドマーク、この赤、控えめにメタリックが入って、鮮やかだけど品がいい色です。こころ辺りがイタリア人の美意識なのでしょう。

2011年6月28日 (火)

舞子の風のいたずら・・・ドアが開かない

先週のこと、いつものように玄関のドアを開け放って
おりましたら、いきなり突風が吹いてドアがいっぱいに
開いてしまった。
Dsc07880
ドアと青空の輝度差があまりにも大きいので、-3EVで撮影して、シルキーピクスでRAW現像時にHDR効果をかけて暗部を持ち上げました。「覆い焼き」よりもHDRの方が効果あります。

その日からドアの建てつけが悪くなりまして。
最初のうちは「硬いなあ」くらいだったのですが。
だんだん硬くなってきて、日曜日の夕方、ついに
閉めたドアが体当たりしないと開かなくなりました。

当然、外から引っ張ってもウンともスンとも動か
なくなってしまった。さっそく管理会社に電話したけど
業者は休み、明日まで待って、ということになりまして。

鍵を閉められなくては外出できない、てなわけで
楽しみにしていた吟遊詩人さんのライブに行けなくなって
しまいました。

ブログでチェックすると対バンもすばらしかった模様。
前回のライブも急用ができて行けなくなったし。
ツイてませんわ。次回は必ず・・・

月曜日の夕方になって、やっと業者が来てちょちょっと
調整したらすぐになおりましたが。その間ずっと
外出できず、家でモンモンとしてました。

何かドアにかまして、90度以上開かないように
しなくては。

2011年6月27日 (月)

海を見る椅子のラフスケッチ

作家さんから、以前お願いした「海を見る椅子」のラフスケッチが送られてきました。全体的には欅(ケヤキ)を使い、シートバックの中心に白っぽい栗の木をはめ込んでアクセントにします。シートバックは舞子大橋を見ながら居眠りできるように、少し高めにしてあります。作品の名前は「遠くを見つめて」

私が椅子に身をゆだねてびんやりと海を眺めるイメージが浮かびます。出来上がる野間楽しみです。椅子の写真をどこで撮ろうか・・・だいたい構想がまとまってきました。晴れた日にロケハンとテストをしなくては。

Img006

2011年6月22日 (水)

Brooks Brothersのポロシャツ

夏の定番といえば、ポロシャツでしょう。Tシャツだという方も多いでしょうが、私はあまりTシャツの着こなしに自信がないし、襟付きのシャツなら少し改まった場所でも大丈夫。

ブルックスブラザーズの濃緑色ポロに出会ったのは今から15年以上前、ロサンゼルスに出張の折でした。当時は緑色の服が大好きで、この色に出会ったとき、もう一目惚れでした。その後、くたくたになると買い替え今回で5枚目くらいかな。

Dsc06527

私はブランド物には興味ないですが、これはロゴも控えめでいい。

三宮店の方と話していて「このグリーンはほかには絶対にない色なんですよね」と言うと、お店の方もうれしそうに「そうなんですよー」ととうれしそうでした。お店でも定番の紺色と共に根強い人気があるそうです。

Dsc06528

このマークは「ゴールデンフリース」と呼ばれます、フリースとは羊毛のことだそうです。太ってますが、決して豚ではありましぇん。生地は鹿の子で涼しい。

Brooks Brothersといえば、ボタンダウンシャツの元祖と言われています。やはり老舗の味というか綿100%のシャツは味わいがあります。アメリカのオバマ大統領などもボタンダウンシャツにレジメンタルタイで決めてますね。日本の首相もいくら省エネだとはいえ、ネクタイを外すのは止めて欲しい。スーツにネクタイは男の戦闘服ですから。

先日、FM大阪のお気に入り番組「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI 」でも言ってましたが、スーパークールビズだからといって。会社でTシャツにジーンズは難しい。やはり、中年世代はアイビー(トラッド)でしょう。カジュアルでもキッチリ清潔感がある。

オヤヂはどうしてもムサイ感じが出やすいので、清潔感が大切だと思う。アイビーは定番の着こなしが多くコーディネートを覚えやすいというのも、普段あまりオシャレに関心のない方でも入りやすいのではないでしょうか。若い頃はMen'S Clubを読んで勉強したものです。ただシンプルなだけに素材には気をつけないと、ヨレた感じになりやすいですね。着崩しは高等テクニックですから。

ブルックスブラザーズの店舗はかなり高級感があるので、入りづらいですが、アメリカのブランドですから、ヨーロッパ系のようにシャツが何万円ということはないです。

ブルックスブラザーズのHP

http://www.brooksbrothers.co.jp/

SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI のHP

http://www.avanti-web.com/index.html

2011年6月20日 (月)

花鳥園のあじさい

あじさいの季節ですね、紫陽花と書くよりあじさいと書いた
方が花のイメージに合っているような気がする私です。

先日、ポートアイランドにある花鳥園に行ってきました。
お目当てはもちろんあじさいと花菖蒲です。
花鳥園のHP
http://www.kamoltd.co.jp/kobe/

園内の広さが分からなかったので、今回は
EOS-7D+EF70-300mm F4-5.6L IS USM 一本勝負で
行くことにしました。

この組み合わせ、元々はAFが頼りにならないα900
の補完として導入したもので、主に動きもの専用です。
もう、スパスパとAFが決まるので快適そのもの。

もちろん、α900+単焦点の描写はすばらしいのですが
どう見ても撮影の快適性ではEOSが数段上ですね。

さて、このEF70-300mm F4-5.6L IS USM、キヤノンには
珍しくボケ味がいいです。
Img_6529
ISO200  f5.0 1/320 170mm
Img_6530
ISO200 f5.0 1/400 170mm
Img_6533
ISO200 f5.6 1/250  300mm

あじさいの場合は比較的近くに寄れるのでマクロや
標準ズームで十分ですが、池の中にある花菖蒲や
水連は200mm以上の望遠レンズが必要になります。
花鳥園の中は比較的明るいので、あまりISO感度を
上げなくてもシャッター速度が稼げます。
Img_6970
ISO400 f8.0 1/160 300mm
Img_6977
ISO400 f8.0 1/125 300mm
Img_6992
ISO400 f8.0 1/200 182mm
しかし、神戸という町は山あり海あり、しかも花鳥園に
高山植物園、須磨離宮公園と花の名所がたくさんあります。

全部揃っているから、神戸の人たちはあまり他所へ
旅行しようとは思わないのだそうです。私も舞子に
引っ越してから、住み心地が良過ぎて・・・
風光明媚、人もやさしい!
Img_7002
ISO400 f8.0 1/250 300mm
Img_7026
ISO400 f6.3 1/250 +0.3  300mm
Img_7064
ISO400 f6.3 1/200 +0.3  300mm
どれも似たようなアングルになってしまい
恥ずかしいです。日の丸構図だし・・・

花鳥園は花の管理が行き届いていて、枯れた
花は次々と調整されています。なので花の寺
みたいに整った花を探す必要はありません。
そのかわり、人口施設の中なので背景に
気を配らないと人工物(フェンスなど)
が写り込んでしまいます。

これがお寺などですと斜面を活かした
構図が狙えそうですね。

2011年6月16日 (木)

アメリカンブラックチェリーの想い出

ブラックチェリーが出回ってますねー。
Imgp2281

普段、あまり果物は食べないのですが、毎年この季節になるとついつい1パック買ってしまいます。

今から約15年前、長期出張でアメリカのシアトルに 3ヶ月間滞在しました。英語も話せないのに・・・

向こうに行って、生活を始めるにあたり、まず行ったのは 地元のスーパー。その巨大さに驚かされました。 それと、西海岸は果物が豊富にとれるので安いこと!

でも、日本のみたいにきれいでもないし甘くもないですが、新鮮で果物本来の味がします。
その中でもチェリーはすごくおいしかった。自分が好きなだけビニール袋に詰めてレジに持っていきます。レジ台は計りになっていて、乗せると重量が出ます。
おもしろいうのは、支払いはほとんどの人が小切手かクレジット カードで、現金の人は少なかったです。 それと、EXPRESSレーンというのがあって、3~4品専用のレジ があります。

さて、勘定ができると「Paper or Plastic?」と訊かれます。 「紙orプラスチック?」プラスチックって? そうビニール袋のことなんですね。

あと、レジに並んでいる間、みんな清算前のチェリーをポリポリ 食べてます。向こうの人はおおらかで多少食べても何も 言われません。

外国に旅行したら、まずは地元のスーパーや市場で 買い物するのが一番その国を知ることができるようです。 私は国内旅行でも必ず地元の市場をのぞくようにしてますよ。

さて、チェリーの横にあるもの、気になるでしょう。 これは、神戸元町商店街の「水曜市」で買ったきんかんタルトです。 きんかんの酸味とかすかな苦味が心地よい逸品です。

2011年6月15日 (水)

Million Dollars Live

6月10日に神戸三宮のチキンジョージで行われたライブの写真をオンラインアルバムにアップしました。

https://picasaweb.google.com/109852247842815963830/MillionDollarsLive?authkey=Gv1sRgCOyJ6JmzicLX_AE#

今年にはいって友人のミュージシャンたちに誘われて、様々なライブに顔をだすようになりました。私は以前から「祭りで輝く人たち」というテーマで様々な人物を撮影してきた。ライブも一種のお祭りに通じる部分があり、撮影を楽しんでいます。

彼らは本業の傍らで練習を積み楽しい演奏を見せてくれる。私も彼らの熱演に応えるため機材を選び撮影技術を磨く。撮った写真を彼らに喜んでもらえれは至高の幸せとなる。

実は今回のライブ、主催者の一人である宮内さんからフライヤー(チラシ)をもらったとき、「どうしようかなー?私の好きなジャンルじゃなかったら退屈だしなー」と思ったのでした。でも、でもね、フライヤーの中に美しい方が写っているじゃありませんか。「ひょっとしたら、美女の写真が撮れるかも」はい、いつも動機は不純です。

さて、今回の会場は三宮のチキン・ジョージ。老舗のライブハウスであります。今まで行ったことがないので会場の広さや証明の具合が分からない。そこでPENTAX K-5と18-135mmズーム一本で臨みました。この日は朝から雨だったので、防滴仕様なのもありがたい。

Imgp2216

また、K-5はISO3200くらいまでは使い物になるので、暗い会場でもOKなのです。

ある事情で(笑)楽屋から会場に入ると、宮内さんが「プレス席用意してますから」かぶりつきの席に行くと、そこにはプロのカメラマンが2人。普通は緊張するのでしょうが、私のバヤイ、これで安心して失敗を恐れずに撮影にチャレンジできるぞ、と思うのであります。

Imgp1711

まず最初は宮内 遼さん、彼は普段は物静かな男ですが、ライブではいつも熱い演奏を聞かせてくれます。

Imgp1729

カッコイイですなあ、会場は女性の声援で大変でした。

Imgp1746

2番目はまっちゃんBAND with プチマイ。

Imgp1905

まっちゃん、彼は普段明石の魚の棚で魚屋を営んでおります。パワフルな演奏でした。私のブログを見たと言えば安くして・・・くれません(笑)

Imgp1974

この方ですわ、私に不純な動機を抱かせたのは。美しいですなあ。

Imgp1852

3番目はThree Quarterバックスクリーンを駆使して、パワフルなサウンドを展開!

Imgp1999

そして、トリをとるのは夕凪BLEND、充実のサウンドでした。

Imgp2028

宮内さんはジムに通いこの細マッチョを維持しているそうです。このレンズ、いい写りします。ペンタックスのレンズはムカシから逆光に強いんです。ちなみに私は逆境にヨワイです。

Imgp2110

パーカッションのカオリちゃん、演奏の前半ではやや緊張気味でしたが、後半ではこの通り、カワイイ!

Imgp2137

ゴウくん、彼のお腹に抱かれると3年寿命が延びるそうな。この日のために6.5Kgの減量に成功!・・・って、どこが? でも彼は大変に気のいい男であります。

Imgp2169 

ライブが終わり外に出ると、もう11時、ムカシはよく通った東門通りをスナップして、マッスグに帰宅したのでした。みなさん、すばらしいライブをありがとう。

Imgp1697

大酒のみのころは、この辺りでブイブイ言わせていたのが遠い昔のようです。

2011年6月13日 (月)

DIVA'S NIGHT VOL.3

DIVAとは・・・歌姫のこと。

4名の美姫たちが繰り広げた楽しい音楽のイベント。今年で3回目を迎えたそうです。

場所:神戸 元町 上屋劇場

日時:2011年5月28日(土) 18:00

オンラインアルバムはこちら

https://picasaweb.google.com/109852247842815963830/110528DIVASNIGHTVOL3?authkey=Gv1sRgCOfF1Ya8gajzGw#

Dsc05149

上屋劇場のカウンターバーは雰囲気満点、といっても私はコーラですが。

上屋劇場は前回震災支援ライブで撮影の経験があったし、照明も強すぎないので、撮りやすかった。

まずは、The Crossroads。男女のツインボーカルです。ロニさんはかわいいお姿からは想像もできないパワフルなステージでした。

Dsc05174

Dsc05739

2番目はSunset Cerebration、お二人は学生時代からのお知り合い。ビンクスさんは以前コズミックのライブでお会いしたときとは違いガラリと大人の雰囲気でした。会場にはお孫さんも応援にかけつけてましたよ。

Dsc05305

Dsc05309

そして、最後はNorthern Lights、この日のKimさんはなんとミニスカート!オンラインアルバムには舞台のカブリつきで撮ったギリギリショットも(うそです)。ZAPPA小林氏のサンタナカバーはもうギターが泣きまくりで、感激しました。

Dsc05457

Dsc05617

やっぱりギターはカッコイイよなー、普段とぜんぜん違うし(笑)

2011年6月12日 (日)

今日の明石海峡

今日も雨の予報、LNG船「LNG FREAM」118,000トンが
通過するというので久しぶりに舞子大橋の袂へ行きました。
この船はNYK所属で、巨大なガスタンクにおもしろい絵が
描いてあります。

Img_6433

度重なる赤道越えの航海ですっかり色あせてしまって
残念ですが。悠々と航海する様はすばらしいものです。

Img_6421

撮影中にカメラを持ったおじいさんから声をかけられました。
話をするうちに、かなりの船マニアという事が分かりました。
こんなときは知ったかぶりをせず、色々と教えてもらう
事にしています。

おかげで、耳寄りな情報をGET!
内容はヒミツです(笑)

Img_6462

後から神戸市消防局の消火船「たちばな」がかなりの
高速で通過。家に帰って調べると、巡航速度22ノット
(約35Km)早いはずです。

その後、マリンピアの TALLY'S COFFEEで買い物し
昼食・・・やっぱり雨にやられました。

2011年6月 4日 (土)

私の自転車がVIVALO EXHIBITION 2011 に出品されます

先日お知らせしたVIVALO EXHIBITION 2011 ですが、私の自転車も会場に展示されることになりました。さっそく行ってきましたので、レポートします。なお、近々日下氏がVIVALOを立ち上げたときに作成された最初のVIVALOも展示するそうです。オールカンパスーパーレコードのヴィンテージクロモリロード、楽しみですなあ。

会場は神戸元町の「bucato cafe」です。元町通り商店街のひとつ浜側の通りにあります。ローソンを目印に行くと分かりやすいでしょう。

Imgp1558

カフェはこのビルの2階にあります。入り口は写真の左端のうほうにあります。

Imgp1560

店内には私の自転車も含め7が展示。広い会場なのでゆったりと見ることができます。

Imgp1565

どれも個性的な自転車ばかり、以前当ブログで紹介したmiklimikli さんのロードもあります。

Imgp1568

左奥には工房や日下氏の制作風景の写真も。

Imgp1578

右側には大きな窓もあり、開放的な空間を演出。

Imgp1580

私はカウンターでオーナーと話しながらコーヒーとニューヨークチーズケーキをいただきました。

会場はゆったりとくつろげる空間ですので、神戸観光に疲れたらソファで一休みもいいかも。週末はライブもやるそうです。オーナーも30代と若いし、穴場ですな。

VIVALO EXHIBITION 2011 の開催概要

開催内容(VIVALOのHPより)

http://www.vivalo.jp/

<VIVALO EXHIBITION>
期間:6月1日(水)~6月30日(木)
場所:神戸・元町 bucato cafe
   兵庫県神戸市中央区栄町通3-6-17 2F
営業時間:12:00~26:00(AM2:00)
     営業時間中は常時展示しております。
定休日:毎週月曜日

政治のこと

辞める? って言えば、辞める という
こだまですか?

辞めろ! って言えば 辞めない! と言う
ペテンですか?

んな事はドーデモいい
サッサと復興関連法案を可決しろ!
首相の任期を10ヶ月と決めちゃえ!

以上です。

2011年6月 2日 (木)

神戸 新開地音楽祭(後編)

少し間が空いてしまいましたが、いよいよ本命のメインステージです。前日はムッシュカマヤツ氏のステージで、大変な騒ぎだったようで。近所の酒場が一時カラになったとか、ムッシュはかなりヨレヨレだったとか言う話も聞きました。

P5080008

立派なメイン会場には500人以上の観客が・・・知らんかった。でも新開地商店街は人が少なさそうでした。

さて、まずはギラ・ジルカさん、イスラエル人の父と日本人の母を持ち、神戸で 生まれ育った女性ボーカリスト。この日はワンノートサンバから始まり、途中から矢幅 歩(やはば あゆみ)さんとのデュエットデス。いやー、二人とも伸びのあるすばらしい声です。矢幅さんは日本人には珍しいちょっと黒人っぽい声質。堪能しましたねー。

Img_4571

Img_4545

この方、スティックを口にくわえて何をしてるんでしょう?演奏中にオマタが痒くなって掻いているのではありましぇん。カホンを叩いてるんですねー、メンバー紹介でドラムなんてなかったのにバスドラの音が聞こえる?と思ったらカホンでした。あなたはエライ!

そして、いよいよ友人のK君オススメのサキソホンの土岐英史氏とトランペットの市原ひかり嬢。ま、まいりました市原さんのフリューゲルホン、むぜび泣くような音色が場内に響き渡り、オヤヂ泣かせの演奏!

Img_4594

フリューゲルホンなんて名前は知らなかった。やはり詳しい人と行くと世界が広がります。Kクン、ホントにありがとう。サキソフォンの奏法も教えてくれたけど、忘れちゃった。

P5080010

上空には三日月が、JAZZには三日月が似合う。(根拠なし)そういえば「パーパームーン」の月はどんな月なんでしょう?

帰りは新開地商店街の「グリル一平」でビーフカツを食べたのですが、これまた絶品!いずれ詳しくレポートします。心とお腹がいっぱいになった一日でした。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »