« Million Dollars Live | トップページ | 花鳥園のあじさい »

2011年6月16日 (木)

アメリカンブラックチェリーの想い出

ブラックチェリーが出回ってますねー。
Imgp2281

普段、あまり果物は食べないのですが、毎年この季節になるとついつい1パック買ってしまいます。

今から約15年前、長期出張でアメリカのシアトルに 3ヶ月間滞在しました。英語も話せないのに・・・

向こうに行って、生活を始めるにあたり、まず行ったのは 地元のスーパー。その巨大さに驚かされました。 それと、西海岸は果物が豊富にとれるので安いこと!

でも、日本のみたいにきれいでもないし甘くもないですが、新鮮で果物本来の味がします。
その中でもチェリーはすごくおいしかった。自分が好きなだけビニール袋に詰めてレジに持っていきます。レジ台は計りになっていて、乗せると重量が出ます。
おもしろいうのは、支払いはほとんどの人が小切手かクレジット カードで、現金の人は少なかったです。 それと、EXPRESSレーンというのがあって、3~4品専用のレジ があります。

さて、勘定ができると「Paper or Plastic?」と訊かれます。 「紙orプラスチック?」プラスチックって? そうビニール袋のことなんですね。

あと、レジに並んでいる間、みんな清算前のチェリーをポリポリ 食べてます。向こうの人はおおらかで多少食べても何も 言われません。

外国に旅行したら、まずは地元のスーパーや市場で 買い物するのが一番その国を知ることができるようです。 私は国内旅行でも必ず地元の市場をのぞくようにしてますよ。

さて、チェリーの横にあるもの、気になるでしょう。 これは、神戸元町商店街の「水曜市」で買ったきんかんタルトです。 きんかんの酸味とかすかな苦味が心地よい逸品です。

« Million Dollars Live | トップページ | 花鳥園のあじさい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も生まれて初めての海外旅行がアメリカ!そのときのカルチャーショックはいまだに忘れません(笑)
以来、ボクの放浪グセは直りません・・・・
最近はもっぱらアジアが大好きで韓国が第二の故郷といってもいいぐらいお気に入りです。日本人がいかないような僻地を好んで旅をしています。
おっしゃるとおり現地の朝市場や港で取れたての新鮮な食材を目の前で調理してもらって食べるのがこの上ないシアワセとなっとります(笑)

うなぎ1号さん、
韓国は出張で一度だけ行きましたが、仕事のみで
文化に触れるヒマもなかったです。

市場楽しいですねー、先日金沢に行った時も
近江町市場で遊びました。

私も放浪癖が抜けない(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/51958039

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカンブラックチェリーの想い出:

« Million Dollars Live | トップページ | 花鳥園のあじさい »