« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月27日 (水)

東日本大震災チャリティライブ in 岡本Born Free

今回はJAZZ&LIVE岡本Born Freeで行われたチャリティライブの模様をお届けします。会場はJR摂津本山駅の近く、おしゃれな店構えのライブバーです。内装も白と黒でクールにまとめられています。

Imgp3259

摂津本山というロケーションにピッタリな外観、近所にはオッサレーなイタリアンなんかもありました。

Dsc09333

店内もクールです、でもとてもアットホームな雰囲気。ママさん手作りのロールキャベツは絶品でした。

少し遅れてお店に到着するとすでにライブははじまってました。最初のロックバンドPacodelic総勢8名の構成で、トランペットとテナーサックスが加わり、華やかなサウンド、会場もノリノリで暑い雰囲気に包まれていました。いいですなあ、アタシはこういうバンド大好きです。

Dsc09243_1

画像をクリックすると大きな画像が表示されますので、右クリック→名前をつけて画像を保存、でダウンロードできますヨン。

Pcodeliccolor

一人ずつ紹介できなくてすみません、こんなの作ってみました。

Pcodelicwb

白黒バージョンです。

2番目はtomotomo、enjeu tomo(Vo&cajon)さんと Sassy tomo(p)さんのデュオ、今回はオリジナル曲中心でした。最初は少しざわざわしていた店内もtomoさんの美しい声で集中!彼女の実力はすごいですなあ。Sassy tomoさんはプロのピアニストです。

Dsc09341

このお店はグランドピアノがあるので本格的な演奏を楽しめます。

Dsc09558

今回はおそろいのSAVE JAPANのTシャツでした。

Dsc09588

やはりプロの演奏はスゴイです。

さて、トリを勤めるのはギターデュオのtriver、かなりお若い二人ですが、ギターうまいです。それにアレンジと曲の構成が巧みで、オリジナルとコピーを交えた演奏で、観客を飽きさせない。楽しみましたよん。こずみっくにも来てね。

Dsc09599

Dsc09602

Dsc09603

今回のライブ、お店の方がとても親切にしてくださって、はじめてにもかかわらず、リラックスした時間を過ごせました。8月にはフラメンコのライブがあるそうなので、ぜひ行ってみたいです。・・・ラテン系なもんで(笑)

岡本Born Free

〒658-0072
神戸市東灘区岡本2-5-8
TEL(店) :078-441-7890(19:00~24:00)
TEL/FAX :078-441-7796(予約受付)
EMail : bornfreekobe@yahoo.co.jp
JAZZ & LIVE Born Free

2011年7月18日 (月)

ロマンティックSUMASUI アクアコンサート 7月16日

先日、舞子のコズミックでenjeu(アンジュ)さんのライブを観まして、その時撮影した写真が思うような仕上がりにならず、今回の撮影となりました。

前回は、α900+24mm&85mmという機材で臨んだわけですが、今回は少し悩みまして、もう少し望遠が欲しいのと、ライブ後のイルカショーも撮影したいのでEOS-7D+70-300&135mmでいくか、直前まで決めかねていました。

Dsc08485

結局は前回と同じα900のセットに落ち着いたのですが、これが好結果を生みました。実はenjeuのギタリスト、船岡さんも直前までギターの選択に迷ったそうで、何年やっててもこーゆー悩みはあるもんだと、妙に納得した次第でした。

ライブの30分前に到着、出演者の3人に撮影とブログ掲載の許可をいただきました。これは、最低限のマナーかな、と思います。私はいつも、女性はかわいく、男性はカッコヨク、を心がけています。特に女性の場合は気を遣いますね。少しでも美しく見える角度や表情を探しながら撮影するので、すぐに1ステージで100枚単位の撮影となります。これはデジタルの利点でしょう・・・後の整理が大変ですが。

1人目は、奥村彩加さん、とてもかわいらしい方でして、やさしさの中に芯のある歌声でした。客席には彼女のファンの方が数人、最前列に陣取って、これは気合が入ってるな、と思ったのですが、非常に静かな方ばかりで感心しました。

Dsc08502

Dsc08504

会場の制約でこれ以上は寄れず、左右に不要な部分があったので、あえてスクエア・フォーマットにトリミングしました。

Dsc08553

水槽の中のマンタエイ、このコは音楽がすきなのか、それともかわいいオンナの子が好きなのか?

さらに、この方たち奥村さんの出番が終わっても他の主演者の演奏を聴いていらして、奥村さん自身も、控えの席で耳を傾けていました。ライブが全て終わってからファンとの交流をなさってましたが、とても好ましい光景で、彼女の人柄がしのばれます。

こんな方ならぜひコズミックでも歌って欲しいなあ。

2番目は三ツ矢竹輝さん、とても元気な方でした。元気すぎて2回もギターの弦を切ってしまい、奥村さんにギターを借りるという、気をつけましょうね(笑)

Dsc08593

Dsc08620

Dsc08644

これも向こう側のライトが効果的な位置に来るよう撮影位置をかなり計算しています。うまいことのけぞってくれました。・・・後のサメ君も。

3番目はenjeuさん、ご主人の船村さんのギターと奥様のtomoさんのデュオ。Earth Wind and Fireの「septenber」前回聞いてからすっかりこの曲のファンになりました。でも、今までEarth Wind and Fireが黒人グループということを知らなかった(笑)まあ、あのファルセットは黒人っぽいでしょうが。でもtomoさんはファルセットを使わず歌いきります。

Dsc08893

この高音の伸びが心地よく、かなりのトレーニングを積まれたのでしょう。それにしても2児の母親でもある彼女が、音楽活動を続けるのは大変なことでしょうね。でも、かの森山良子さんは、息子の直太郎さんを産んで、復帰後に1オクターブほど音域が広がったそうです。

Dsc08745_3 t

omoさん、かわいいなあ、タイプだなあ、す すみません、二度と言わないから許して・・・

ギターの船村さんは身長180Cmを越える大丈夫(大きな男性のことですよ)ですが繊細な方で、常にギター演奏の向上に努めている方のようです。彼のギターはヴォーカルを引き立てる素晴らしい演奏です。ファンですよーん!

Dsc08775

ギター弾きの後ろ姿って、絵になるなあ。

Dsc08742_2

仲がいいなあ

今回で2回目の須磨海浜水族園でしたが、こんなことなら前回年間パスポートを買っとけば良かったなー、と後悔しきり・・・後悔先にたたずとはこの事でした。ライブの後はまたまた大好きなイルカショーへと走った私でしたとさ。

2011年7月16日 (土)

久々のHDR

実はPLYMPUSの超広角ズームM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 なるものを入手しました。届いた日にEP-1に装着して大倉海岸に撮影に行ったのですが。炎天下ではEP-1の背面液晶はほとんど用をなしません。EP-1が出たころは、宮崎あおいちゃんのテレビCMの影響でカメラ女子人口を増やした功労者でもありました。

でもねえ、EP-1を家族連れに薦めるのはいかがなものかと、私はいつも思うのであります。だって、運動会の時なんか、どうすんのさ?見えない液晶画面で、望遠レンズで、どうやって運動場の我が子を発見するのか、はなはだ疑問であります。家電量販店の店員さんは、カメラの性能には詳しいですが、自分で写真を撮らない人が多いので、初心者の方は専門店に相談したほうがイイと思うな。

仕方ないので、パナのGH-1に着けて元町あたりでスナップしてみました。この組み合わせは非常にいいバランスで、スナップにはもってこいです。ただ、ボディ・レンズ共に手振れ補正は搭載していないので注意が必要です。

ただ、こんな超広角レンズは超初心者が使うことはまずないでしょうから、1/15秒くらいまでは大丈夫な方が大半でしょう。

とゆーわけで、神戸大丸の東口で一枚。ここは建物の質感がいいので絵になりますし、神戸を代表する百貨店とあって、オッサレーなオネエさまも多いのです。更に超広角レンズは45度くらいの角度でカメラを構えても足元まで写るので、目の前をカメラを意識せず人が通り過ぎていくとゆー、スナップにはもってこいですな。

P1060180hdr

ISO200 F8.0 1/125 しっかし、右下のオネエちゃん、思いっきり真夏のファッションです。足がチョー長く見えるのは超広角レンズの遠近誇張によるもの。

そんでもって、中央の石の柱・外の青空、そして内部のガラス窓の質感を出したかったので、久しぶりにHDR処理を行ってみました。一発で思った仕上がりになったので驚き!レンズの周辺光量落ちも気にならないレベル。

P1060180silky_3

こちらは、SILKYPIXでHDR処理をしたもの、ちょっと物足りない・・・でもやっと正式版が出て購入することができました。試用版を使っているうちにすっかりユーザーインターフェイスに馴れてしまい・・・メーカーの思うツボだ(笑)

このレンズ、パキッとした写りで、小型だし、使えるヤツです。

2011年7月13日 (水)

上を向いて歩こう

今年はこの曲ができて50周年だそうです。
作詞した永六輔さんが交通事故で入院して
リハビリに励んでいたころ、外国人の看護婦に
「上を向いて歩こう、という歌を知ってますか?
これを歌いながら元気出していきましょう」と言われ
病院の廊下を歩かされて、居合わせた人が目をそらした
という話をラジオでやってました。

ところで、看護士という呼び方、私はいやだな。
偏見と言われるかもしれないけど、やっぱり
尊敬をこめて看護婦さんと呼びたい。
今までたくさんの看護婦さんにお世話になったけど
彼女たちは「看護婦」という職業に誇りを持っていたもん。
どちらの呼び方がが好きか、こんど看護婦さんに聴いてみよう。

永六輔さんは長らくパーキンソン病を
患っていて、かなりロレツがまわらなくなって
いたのですが、事故の影響かすっかりよくなった
という話もしてました。

永さんが作曲した曲の一部です、すげー名曲
ばかりじゃん!あー、誰か「黄昏のビギン」を
歌ってくれないかなあ。

黒い花びら (作曲:中村八大、歌:水原弘 他)
黄昏のビギン (作曲:中村八大、歌:水原弘 他)
上を向いて歩こう (作曲:中村八大、歌:坂本九 他)
帰ろかな (作曲:中村八大、歌:北島三郎 他)
見上げてごらん夜の星を (作曲:いずみたく、歌:坂本九 他)
おさななじみ (作曲:中村八大、歌:デューク・エイセス)
いい湯だな (作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス 他)
女ひとり (作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス 他)
筑波山麓合唱団(作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス)
こんにちは赤ちゃん (作曲:中村八大、歌:梓みちよ 他)
遠くへ行きたい (作曲:中村八大、歌:ジェリー藤尾 他)
二人の銀座 (歌: 和泉雅子・山内賢 他)

節電? してません

ついこの間まで「原子力はCO2を排出しません」と言ってた岡江久美子さん、今はシレッとしてはなまるで節電アイデアなんてやってますねー。アタシはあのCMを「CO2よりはるかに恐いもん排出するじゃん」と突っ込みながら見てました。

http://www.youtube.com/watch?v=hSw42T2wwqg

まさか、50を過ぎた分別あるオトナが「ジムショに言われたから」じゃ済まないでしょう。AKBよんじゅうはちじゃあるまいし。

原発のCMに出ていた有名人

http://www.youtube.com/watch?v=BMq2rem74rI&NR=1

「冷凍ご飯を電子レンジじゃなくて蒸し器で解凍してます」って、あんたその間に排出されるCO2はどうすんのさ?

みんな、もうテレビや政府の言うことを忠実に守るのヤメませんか?国にだまされないよう、しっかり勉強しましょう!

ちなみに私はこの夏まだ一度もクーラーを使ってません、扇風機さえ3回くらいしか使ってない。何故か?それは「舞子の風」のおかげです。一日中爽やかな風が吹き抜けるので、室内の温度が30度くらいでも体感温度は25度くらいなんですねー。だから、夏場の方が電気代が安いんです。

2011年7月10日 (日)

夏を満喫・・・のつもりが?熱中症にご注意

やあ、不意打ちをくらったような梅雨明け宣言! 私はそれを林崎海水浴場のラジオで聴きました。

金曜日、少し太ったので運動しなくちゃ、と自転車で 江井ヶ島海岸まで往復40Kmくらい軽く流しました。 その日朝から下痢気味だったのですが、なんとか治まって
ました。
P7080076
江井ヶ島の海岸で、VIVALO号が一ヶ月ぶりに帰ってきたので、走ってみました。ここには海の家やシャワーなどもなく地元の方たちのプライベートビーチですが、水はキレイです・

ところが、土曜日明石で行われた「プラモデル甲子園」 を見ての帰り、すごい吐き気に襲われ、急いで帰宅。 シャワーを浴び、2時間ほど横になったらすっかり 回復したのですが、思えば前日の下痢で脱水状態に なってたのですねー。
P7080080
これも、江井ヶ島海岸。コレだけ見ていると・・・どこかわからない。

昨年は気温35度の中を毎日のように自転車トレーニング していたのですが、この歳になると去年できたことが 今年はできなくなるということが身にしみました。
P7080092
林崎松江海水浴場の海の家にて、江井ヶ島海岸もそうですが、どちらもWIMAX入ります。アンテナは2~3本、おっ立ってました。ま、こんなところでインターネットやる人は少ないでしょうが、参考までに。須磨なんかに比べると人が少なく海は格段にきれいです。のんびりしたい人にはこっちの方がいいかも。
P7080090
同じく海の家で食べた地物アナゴの天ぷら500円なり。身が厚くプリプリ、しかも揚げたて。これでビールを飲めばサイコーでしょう。他にタコの天ぷらもあります。地元のおっちゃんがやってるので良心的です。

ま、夏の始まりに気がついてよかったです。
とりあえず、今日は涼しい我が家でのんびりします。

2011年7月 7日 (木)

ヤマモリのタイカレー・・・レトルトですが

夏のお昼はカレーを食べたくなりますねー。若い頃カレー作りにハマりまして、ありとあらゆるカレーを食べ歩き、自分でも作ってました。でも、一人暮らしでは鍋いっぱいに作るとどうしようもない。

でも、最近はレトルトカレーがうまい!普段は新宿中村屋の「インドカリー」シリーズを愛用しております。ムカシは大阪の心斎橋(今はアセンスという本屋さん)にたしか支店があったと思うのですが、そこのチキンカリーは絶品でした。

で、さらにスパイシーなカレーはないものかと探しておりましたら、近所のダイエーで見つけました。「ヤマモリのタイカレー」早速買って試食、うーんガツンとくるが奥深い辛さ。まさにタイレストランで味わうカレーでした。

P7070069

1箱346円、これを高いと思うか、三宮までの電車賃を考えると安いと思うか?いつでも食べたい時に食べられるのはなにより。

このヤマモリという会社、創業は明治22年、元々は醤油のメーカーだそうです。1969年にレトルト技術を自社開発、今では業界第3位とな。三重県の会社らしく地味ですがしっかり稼いでます。

このタイカレーシリーズはタイ工場で現地のスパイス・食材(野菜・ココナッツミルク)を使用して作っているそうで、なるほど本格的なわけです。

私が食べたことあるのは、グリーン・イエロー・レッドの3種類、タイレンジャー軍団です。どれも美味しいのですが、体調の悪いときは止めておいたほうがいいかも、日本人はスパイスに負けます。それとスパイスが残っているので、箱の説明書きをよく読んで取り除いたほうがいいです。メチャ辛い!

2011年7月 6日 (水)

八塔 義道氏作 海を眺めるための椅子 完成 

「海を眺めるための椅子」が完成しました。お店から連絡を受けて、見に行くと、それは想像をはるかに超えたすばらしい作品で、本当に感激しました。欅(けや木)のやわらかな風合、色も重すぎず軽すぎず、まさに海を眺めるイメージです。

Dsc08405

光線の関係でシートバックが明るく見えますが、座面とほとんど同じ色です。

それでいて座るとしっかりと身体を受け止める力強さがあります。高めのシートバックはしっかりと背中から頭まで支えてくれ、肘掛は優雅な曲線を描き、両腕に沿います。

Dsc08414

木目は美しいですねえ、栗の木の白がいいアクセントになってます。

座面は高さ奥行きともにリラックスできるサイズです。八頭氏が背当て(ランバーサポート)も造ってくださり、長時間リラックスさせてくれます。

Dsc08417

シートバックの上部も美しい仕上げ、欅(けやき)の風合が好きです。欅は丈夫な材で神社仏閣などニッも使われるくらいだそうですが、乾燥しきる(枯れる)までクセが強く加工には高度な技術が必要だそうです。

真夏でも爽やかな風が吹き抜ける我が家、これでますます外出するのが億劫になりそうです。でも、午前中は自転車で軽く走ってシャワーで汗を流し、コーヒーをのみながらFMを聴き、海峡を眺める。こんな楽しみを一人占め。すみませんねえ、こればかりは分けてあげられません。

Dsc08431_4

ベランダに置いてみました、狭いので普段は部屋の中に置きます。今の部屋を探していたとき、もっと海に近い部屋もあったのですが、ここにして本当によかった。多くの方たちとの出会いもあったし。

なお、この作品のお問い合わせは

海の見えるGALLERY & SELECT SHOP :: dan-sho ::

藤原さんまでお願いします。

兵庫県 神戸市垂水区狩口台7丁目15-1

078-782-0066

http://dan-sho.com/top

2011年7月 5日 (火)

VIVALO EXHIBITION 2011 終了 The First VIVALO

VIVALO EXHIBITION 2011 が盛況のうちに終了しました。たくさんの方が来場されたそうで、これでまたVIVALOファン、クロモリファン、ひいては自転車ファンが増えたことでしょう。

さて、前回のレポートで紹介できなかった The First VIVALOについて書きます。といってもまだ詳細画像を撮影していませんので、今回は簡単に。

このVIVALOは日下氏が独立してVIVALOブランドを立ち上げたとき、最初に作成したロードだそうで。カンパレコードでまとめられ、非常に美しい状態です。近いうちにオーナーの方にお会いして詳しいお話を聞き、詳細写真と一緒に再度レポートの予定です。

教務連絡:オーナー様、コンフォートの末瀬さんがご連絡をいただきたいそうです。よろしくお願いします。

P6210019

P6210018

これが、フレームの元になるクロモリパイプです。クロモリとは、クロームモリブテン鋼のことで、鉄に微量の金属を配合することで強度が増す性質を利用してます。ニッケルを混ぜることもあります。また、ステンレスもニッケルやクロム・モリブデンを配合して錆びにくくした合金です。

2011年7月 3日 (日)

ロマンティックSUMASUI アクアコンサート

ヤギリンゴさんからのメルマガで、7月2日須磨海浜水族園でライブをやるというので、出かけてきました。水槽の前で歌うということで、まさか大水槽?いやいやクラゲの水槽だろうと話していたら、なんと大水槽の前でした。

この日は用事で三宮方面に出かけたので、荷物を軽くするためにPENTAX K-5 1台で臨むつもりだったのですが、なんとバッテリーを入れ忘れてしまい一度帰宅。どうせならということで、久々にα900にディスタゴン24mm+プラナー85mmでいくことにしました。

Dsc07924_2
水槽とバーとライブ、こんな空間は貴重です・トワイライトパスてなものはできないでしょうか?

会場に着くとちょうど大水槽の端っこにステージができてリハーサル中でした。試写してみるとなかなかちゃんとした照明で、ISO800で十分です。お客さんも集まりはじめ、広いアトリウムの片隅にはバーも開設され、いい雰囲気です。

Dsc07987
ね、デートコースにピッタリ、ライブが終わって、夕陽を楽しみつつイルカショーを見る。その後は・・・大人の時間を。三宮まですぐですもん。

一人目はMIKIさん、ギターの弾き語り。普段は神戸市内の路上やライブハウスで活動、コズミックにも出演したことがあるそうです。控えにいる時は大人しそうな印象ですが、歌いだすと中島みゆきばりの張りのある声で、オリジナルを5曲ほど披露しました。
自分の世界をしっかり持っている方、という印象でした。

Dsc07978

Dsc08042
中島みゆきの「ほうせんか」を歌ってくれないかなあ。

2番目はヤギリンゴちゃん、この日はアロハシャツ、少し痩せたみたいです。観客には家族連れも多かったのですが、がっちり会場の雰囲気を掴んでました。このあたりが彼女の魅力の一つであります。

Dsc08059

なんだかあごの線がすっきりしたような気が・・・

Dsc08109

彼女は子供のころからピアノをやってるんですねー。

Dsc08177
リンゴちゃんが歌いだすとなぜか寄ってくるマンタエイ!

Dsc08214

今回はピアノ曲も披露、最後はやっぱり「ビールの歌」はい、会場からビールの差し入れもあり、なごやかな雰囲気で終了。

3番目は藍田真一(あいだ しんいち)さん、珍しいマンドリンの弾き語りでした。ポロンポロンと爪弾く音は少しウクレレに似てます。1曲目は沖縄チックな曲でした。

と、ここで三度のメシより好きな「トワイライト イルカショー」がはじまるので失礼しました、決して女子の出番が終わったからではありませんよ。

Dsc08293
メシとイルカショー、どちらにするかと問われれば、迷わずイルカショーをとりますな。美女とイルカショーと言われたら、迷います(笑)できれば一緒に・・・現像段階でHDR処理をしてあります。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »