« cosmic live report (2011.9.23) リンゴちゃんとミキちゃん | トップページ | 私のコーヒーライフ(その2) »

2011年9月26日 (月)

私のコーヒーライフ (その1)

秋風が吹いて涼しくなると、ホットコーヒーをじっくり味わえますなあ。もちろん、夏場でもよほど汗をかいてないかぎりはほっとで飲むのですが。

私のコーヒーライフの始まりは大学1年生のとき。18年間住んだ長崎を後にして流れ着いたのは、四国は香川県高松市。ここはもちろん讃岐うどんで有名ですが、喫茶店が多いことでも有名です。

入学式について来てくれた父が連れて行ってくれたのが喫茶店、それもコーヒー専門店でした。ズラリとストレートコーヒーが並ぶリストの一番上にあったのが「ブルーマウンテン」。父は「最高のコーヒーを飲ませてやる」と言って、1杯600円もするブルーマウンテンを注文してくれまのでした。

一口飲むと口の中に広がる香ばしい香り、あー、これがコーヒーというものか、といたく感激したのを今でも覚えています。えっ、その歳まで喫茶店に行ったことなかったの?と不思議に思われるかもしれませんが、長崎の田舎で育った私は「喫茶店に行くのは不良のすること」と固く信じていたんですもん。それに小遣いのほとんどはフィルム代に消えてましたし。

で、次に父が教えてくれたのは、「ブルーマウンテンはバランスのいいコーヒーだから、このリストのコーヒーを上から順番に飲んでいって、自分が好きな味を探せばいい」

まじめ他私は父の言いつけを忠実に守って、4月からバイト代が入るたびにその喫茶店に通ったのです。いま思えば、父の言うことを聴いたのはこの時だけだったような・・・

件(くだん)のリストの上から2番目だか3番目にあったのが「モカ・マタリ」なぜか私はこれが女スパイの名前のように思えたのでした・・・マタハリ

Imgc74dc461zik6zj

第二次大戦中にスパイとしてフランス軍に捕まり処刑された女スパイ「マタ・ハリ」今でも新聞の見出しに「マタハリもどきの活躍」などと使われてます。コーヒーとは何の関係もありません。

モカはかなり酸味の強い豆でして、その刺激的な酸味がなぜか私の好みに合い、それから数十年間コロンビアと共に私の常備コーヒーとなるのです。その後モカが入手しにくい時期があり、コロンビアに変わっていきました。ある時期など仕事帰りやっと見つけた、まともなコロンビアを売るお店に毎週通ってまして。私がその店の3m手前に来ると店員さんが「コロンビアを200g」計りはじめ、レジの前に立つころには豆がミルに投入済みということもありました。

当時のコーヒーというものは販売業者が農園を管理するなんてことはマレで、お店や収穫年によってものすごいバラつきがあったものなのです。

その話はまた後ほど・・・続く

« cosmic live report (2011.9.23) リンゴちゃんとミキちゃん | トップページ | 私のコーヒーライフ(その2) »

愛用品」カテゴリの記事

コメント

ゴローさま

 訪問してみました・・・foot

 ユンディですheart02

 コーヒーが大好きなんですね・・・heart04

 ユンディも大好きですnote

 カルディでいつも調達してますが
 美味しいコーヒーは結構いろいろ探すと
 あるんでしょうね・・・

 あ、ちなみに、Dockyさんもコーヒー大好きで
 すごーくこだわってますよscissors

 きっとお話しあうと思いますsun

 今度、コーヒーネタで盛り上がってみてくださいませribbon

 わんにゃんいかれたんですね・・・
 去年は募金とか、フリマに出品するものを
 関東から送りましたpresent

 今回はどうでしたか?

 では、また、Dockyさんのページで

                         ユンディheart

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/52834852

この記事へのトラックバック一覧です: 私のコーヒーライフ (その1):

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/09/27 08:46) [ケノーベル エージェント]
高松市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« cosmic live report (2011.9.23) リンゴちゃんとミキちゃん | トップページ | 私のコーヒーライフ(その2) »