« FM 聴いてます | トップページ | SEPTEMBER 別れの九月 »

2011年9月 3日 (土)

申し上げさせていただきます

今日のお題は「敬語」

野田新首相の初記者会見を見ていたら、「申し上げさせていただきます」と野田さんがのたもうてました。最近よく耳にする「過剰敬語」もここに極まれり、とういう感じ。なんでもかんでも「させていただきます」を付けておけば当たり障りがなかろうという。「拝見させていただきます」などというのも蔓延ってますな。

少しでも簡潔さが大事な演説を「させていただきます」と9音も余計な言葉に費やして、これを10回言えば90文字増えます。そうすると聞く人の集中力を削いで、ますます意味不明になる。あっ、それが狙いだったのか(笑)

最近は大の大人でもやたらとこの「させていただきます」を連発しているけど。そんなにへりくだる必要があるのかしら?「国民の気持ちに沿った政治を」と言いながら果てしなく政治抗争を繰り広げておいて、言葉だけ丁寧にしてもなー。

ましてや、いま日本の宰相(さいしょう=首相)に求められているのは強力なリーダーシップではなかろうか?それならば「させていただきます」ではなくて「私はこうしていく、こうする」と言うべきではなかろうか。もしアメリカの大統領が「I would like to do・・・」などと言ったら、たちまちのうちに支持率暴落であります。やはりここは「I will do it」でないと、国民には届かない。

もう一つ、 一川防衛相が2日、自らを「安全保障の素人」と称したうえで、「これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と述べた。

というニュース、これを聞いてもう日本には本気で防衛問題を考える人はいないのだな、と思った。だって、文民統制「シビリアン・コントロール」はそもそも軍部(じえーたいのことね)の暴走を文官が止めようという思想ではなかったのか。ならば、軍人(ジエーカンのことです)以上に軍事に詳しくないと「いや、素人は黙っててください」となるのではなかろうか?

何代か前の防衛相が早期警戒機の名前を思い出せず「えーっとE-・・・なんだっけ」と公の場で発言したときは唖然としたけど、もうそんな騒ぎではなくなりましたな。

« FM 聴いてます | トップページ | SEPTEMBER 別れの九月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/52634963

この記事へのトラックバック一覧です: 申し上げさせていただきます:

« FM 聴いてます | トップページ | SEPTEMBER 別れの九月 »