« 山本潤子 スカイレストラン | トップページ | 落語は業(ごう)の肯定である »

2011年11月28日 (月)

フリスビードッグを撮る

カメラのカタログを見ていると、犬がフリスビーを捕らえる瞬間を写した写真が「瞬間を切り取る」などというタイトルで載ってまして。以前から一度挑戦してみたいジャンルでした。

イメージモンスターの称号を冠するEOS 7DとEF70-300Lレンズを入手して半年、れようやく手になじんできたので、奈良の大和郡山まで撮影に行ってきました。

さて、フリスビードッグというのは、JFA(日本フリスビードッグ協会)という立派な組織がありまして、全国で公式大会が開催されているのがわかりました。

Img_5850

大会本部、私は撮影前に挨拶しておきました。スタッフの方の指示には従いましょう。

大会の見学は自由にできるのですが、それぞれの犬には肖像権がありまして、ホームページへの掲載は勝手にできません。そこで今回は個々のオーナーさんに了解を得たものだけを掲載しております。したがって、許可なく転載することはご遠慮ください。

Img_6148

競技時間を計測するカウントダウンタイマー。ディスタンス競技では1分間に何度キャッチして持ち帰るか、飛距離で点数を競います。また、完全にジャンプしてキャッチするとさらに加算されます。

Img_6283

ジャッジの方、アメリカ生まれの競技だけに細かいルールがあり、選手はそれに従い犬とのふれあいを楽しみます。

また、もし撮影に行く場合ですが、JFAでは非常に環境に配慮した運営をされていて、整然と大会を運営されています。決して競技の邪魔にならないようにしましょう。犬によってはカメラが苦手なコもいるそうです。

当日は2,000枚ほど撮影しましたが、なかなか難しい。難易度高いです。掲載した写真は成績などには関係なく、たまたま私がナイスショットを得られてオーナーさんに承諾を得たもののみ掲載していますので、ご了承ください。

Img_5552

マーキュリーちゃん、このコは常に上位入賞だそうです。完璧なキャッチの瞬間!ボーダーコリーはもともとは牧羊犬ですが従順・俊敏・利口な能力からフリスビードッグでも活躍しています。しっかし、これだけ走るのが好きなワンコ、散歩が大変でしょうなあ。

Img_5825

モモコちゃん、横向きキャッチの瞬間です。どのワンコもオーナーさんの手入れが行き届いて、すばらしい毛並みでした。

Img_5891

ヒロちゃん、がんばって走ってー。やはりワンコは走っている姿が素敵です。日本でももっとたくさんドッグランの施設ができるといいですね。

Img_5894

見事にキャッチ!

Img_5911

Bちゃん、キャッチの瞬間を正面から。これはカメラポジションとワンコの位置が一致しないと撮れません。でも偶然を捕らえるのは腕次第・・・すんません自慢です。カメラを縦位置に構えて横に振るのは難しかった。

Img_6132

毛並みが美しい桜子ちゃん、フリスビードックはボーダーコリーが多く、ラブラドールで上位入賞するコは珍しいそうです。

Img_6138

まさにギャロップ!この姿も大好きです。

Img_6341

犬の動きは直線的ではなく、行き戻りします、1/500以上のシャッターをきらないと、被写体ブレが心配。

Img_6139

はい、桜子ちゃんも見事にキャッチ!若いのでとにかく元気いっぱい。AFの設定はAI-SERVO、測距点は「19点自動選択」、高速連写設定です。秒8コマですが、ファインダーがバタついて見えにくくなります。EOS1Dではどうなんでしょう?もっと初級機だとこの辺がネックになるかも。ましてや、EVFでは絶対ムリだと思う。カメラの性能って、こんな時に違いが出るものなのでしょう。

Img_6334

すいません、名前を聞きそびれました。見事なキャッチ!

ずーーっと連写し続ければいいじゃんと思うかもしれませんが、カメラによってバッファがいっぱいになり連写がストップします。この辺り、EOS7Dはキヤノンらしく実戦的な造りです。何枚まで連写可能かは事前に確かめておきましょう。この日はJPEG のみの撮影です。

掲載を快諾してくださったオーナーの方たち、そしてこんなすばらしい大会を開催されたJFAの皆さんに、心から感謝いたします。ありがとうございました。

« 山本潤子 スカイレストラン | トップページ | 落語は業(ごう)の肯定である »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

どの子も素晴らしい 瞬間を撮影してもらって
幸せですねheart02

この 瞬間を撮影って 非常に難しいのに・・

ゴローさま、2000枚?
お疲れさまでしたsun

でも、好きでとっていると、あっという間に
100枚単位で過ぎていきますけどね・・・

ユンディも、EOS欲しい・・・heart04

中学生の時は すでに
一眼レフ(キャノン)を使ってました・・・

そのくらい、お写真には
結構 ユンディこだわりがありますnote

しかし、桜子ちゃんの 毛並が
とーっても気になったユンディですshine

ユンディさん、ありがとうございます。

いやー、はじめての撮影だったので
最初の200枚くらいは散々でした。
少しずつ犬の動きに慣れてフレーム内に
収まりました。

>中学生の頃から一眼レフ

ほんの数年前のハナシですね。
カメラは父上のかな?

私は高校時代に剣道の試合を撮影してたので
動きものには慣れてるつもりだったのですが。

ワンコたちがオーナーさんと嬉しそうに
走り回っているのを見るのは楽しかったです。
子どもの頃から犬好きなもんで。

私も犬 大好きheart04

高校のころうちにいた犬は

雑種のメスなのに、ついた名前が

「おさむ」

チョー かわいい犬でしたnote

兄にからよく、やきとりを買ってもらい
食べてましたよ・・
串から上手にたべるんですよ・・・・

そういえば、コーラも飲まされていたような・・・

夏は牛乳に氷が入っていたような・・・・

冬は 寒いからと
兄のトレーナーを着せられていました・・・

どれだけ、かわいがられてたんでしょうねheart

おさむちゃんeye

お世話になりました。
桜子の記載ありがとうございます。
あの日お声をかけていただき、嬉しくて日記を楽しみに待ってました。
フリスビードッグはボーダーが多く・最近ではストロングアイやウィペットなど豪速なワンちゃんが出てきて、桃子や桜子のようなゴールデン・レトリーバーは、なかなか太刀打ちできません。
今大会でもゴールデン・レトリーバーで出場してたのは桃子と桜子だけでした。
成績は悪くても、我が子と楽しめたらいい!って思いながら参戦して楽しんでます。
12月も4日大阪・10.11日岡山・17.18日三木・23・24日滋賀と飛びまわって楽しみます。
またどこかでお会いできましたら、嬉しいです~

みーこさん、ご訪問ありがとうございます。

私もとても楽しかったです。
桜子ちゃんは元気いっぱいだし
毛並も美しく、レトリーバーと
暮すのが夢だった私には羨ましいかぎりです。

ゴールデンなのにラブラドールと誤記してしまい
申し訳ありません。

またお合いできたらいいですね。
ご活躍をお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/53355986

この記事へのトラックバック一覧です: フリスビードッグを撮る:

« 山本潤子 スカイレストラン | トップページ | 落語は業(ごう)の肯定である »