« コーヒーのめぐみ | トップページ | あけまして おめでとうございます »

2011年12月31日 (土)

大晦日の思い出

みんなが寛いでいるこの時間にも、働いている方はたくさんいるわけで、ご苦労様です。

私は、小学校高学年のころから近所の米屋や酒屋で配達のバイトをしておりました。当然、大晦日は最後のかき入れ時ですから、お店はてんやわんや。朝から晩まで働きづめでありました。バイト代がいくらくらいだったかは覚えていませんが、それにしても数千円のお金が小学生のふところに飛び込んでくるわけでして、つらいなどとは一度も思ったことはなかったです。

あー、働けばそれなりのお金をもらえるんだ、と子ども心に思いました。それがいいのか悪いのかわかりませんが、体がギシギシ云うようなお米の重さも、去年は10Kgしかもてなかったけど、今年は20Kgを持てるようになったぞ、などと喜んでいたのですから、無邪気なものです。

重い米袋を持って、坂と階段だらけの長崎を歩くので、背筋力が異様に強くなり、いまだに腰痛知らずというのはありがたいことです。

さて、今日は正月用のかまぼこを買いに魚の棚へ出かけてみました。その前にいつものたい焼き屋さんで世間話をしていると、出入りの袋屋さんが来まして「今年の魚の棚はえらい人出ですわ、店によっては商品が売り切れて、今日は休みのところがありますよ」と話してます。

おそらく、震災の影響で買い物も控えていた人たちが、正月はちょっといいものを食べたいなあ、などと繰り出したのでは、などと勝手な解釈を。

Nkn_0690

カメラを両手で差し上げて、ノーファインダー撮影、よい子はマネしてはいけません(笑)

実際、商店街へ行ってみるとすごい人でした。特に通りの東側は込んでいて、歩くのも難しいくらいでした。これならお店の人もやりがいがあるでしょうなあ。結構なことです。

Nkn_0692_2

どれも結構なお値段ですな、私には不要なので今まで値段を見たこともなかった。

地元に人に教えてもらった明石屋で、奮発して鯛かまぼこを仕込み、家路につきました。母が生きていたころは、そりゃあもうたくさん買いこんでせっせとおせち料理を作ってましたなあ。

夕食に試食した鯛かまぼこはとてもおいしかった。

それでは、みなさんよいお年をお迎えください。

« コーヒーのめぐみ | トップページ | あけまして おめでとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/53617467

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日の思い出:

« コーヒーのめぐみ | トップページ | あけまして おめでとうございます »