« あけまして おめでとうございます | トップページ | 成人式に思ったこと »

2012年1月 3日 (火)

今年最初に買ったCD

昨年末の紅白歌合戦はユーミンが出るというので、眠い目をこすりながらみてました。が、ちーーっともオモロナイ。だって、知らん人ばかりだもん。知ってる人はみんな演歌歌手だし。あっ、AKB48はしっかり観ましたよん。だって、ちゃんとハモるのは彼女たちだけだもん。

しかたなく、ヘッドフォンでインターネットラジオを聴きながら、テレビの画面をみているという、「邪道」な観かたをしてました。選んだチャンネルはAAA-jazz・・・Only jazz Music  24時間ジャズばかり流して、ほとんどMCなし。

「Only jazz」と謳ってますが、けっこういろんなジャンルの音楽が流れるし、いわゆるコルトレーンみたいな「重い」のはかからないのでイージーリスニングできます。インターネットラジオのビットレートは最高で192KHzですが、元のCDは44.1KHzですからあまり意味がないのかなあ。まあ、そこまの高音質を求めるのは一部のマニアだけだから需要は少ないかも。

また、放送局のサイトを見ると、それまでの演奏曲リストを見られので便利ですね。そんな中で「FEVER」という曲がかかりました、出だしのベースが心地よく、男性ボーカルに続いてシブイ女性ボーカル。いやあ、まいりました、絶妙なハーモニー!

Youtubeでありました

http://www.youtube.com/watch?v=P-XJH9WFQpI

よく聴くと、アツアツのラブソングで、「聴いちゃいられない」くらいです。

早速サイトで調べるとRay CharlesとNatalie Coleのデュエットでした。さらに調べると
このCDはレイ・チャールズ最後のアルバムで「genius loves company」でした。

417rg7rnpkl__sl500_aa300_

実に多彩で豪華なメンバーとデュエットしてます。

1. Here We Go Again - Features Norah Jones 
2. Sweet Potato Pie - Features James Taylor 
3. You Don't Know Me - Features Diana Krall 
4. Sorry Seems To Be The Hardest Word - Features Elton John 
5. Fever - Features Natalie Cole 
6. Do I Ever Cross Your Mind - Features Bonnie Raitt 
7. It Was A Very Good Year - Features Willie Nelson 
8. Hey Girl - Features Michael McDonald 
9. Sinner's Prayer - Features B.B. King 
10. Heaven Help Us All - Features Gladys Knight 
11. Somewhere Over The Rainbow - Features Johnny Mathis 
12. Crazy Love - Features Van Morrison 

このCDは最高のレコーディングで音質もいいので、オーディオチェック用に使う人もいるようです。特にFEVERは男性・女性ボーカルが入っているので都合がいいですね。ヘッドフォンを買いに行くときも試聴に使えそうです。

今回はamazonでCDを買いましたが、2日の朝には届きました。最近はiTunesでダウンロードすることも多い。

ところで、肝心のユーミンは・・・「豪華なオバチャン」でした。

« あけまして おめでとうございます | トップページ | 成人式に思ったこと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

さすがゴロさんレイチャールズを選ぶあたりシブいっすよねえ?(笑)
アメリカかぶれのボクが言うとおかしく聞こえるかも知れませんが、日本以外の国ってちゃんと世代別の音楽への接し方と言うか楽しみ方がちゃんと分類されてて日本みたいになんでもかんでも「商業ベースに乗らないとCDにならない」
って価値観じゃあないんですよねえ?
「売れる売れない」より「何を演りたい、何を伝えたい後世に残したい」ってあたりが基準になってるようでそのアタリがボクめっちゃいいように思うんですよねえ。
近所のCD売り場に行っても今はまったく興味そそられるもの売ってませんよね。タワーレコードとかなら別なんでしょうけれど・・・

ゴロさんぜひ文部大臣になって日本の音楽にもっと深~い価値をみいだしてもらえませんかねえ?(笑)

うなぎ1号さん、今年もよろしくお願いします。

>さすがゴロさんレイチャールズを選ぶあたりシブいっすよねえ?(笑)

いやいや、そう言われるとお恥ずかしい。レイ・チャールズは「いとしのエリー」くらいしか
聴いたことなかったんですよ。

>アメリカかぶれのボクが言うとおかしく聞こえるかも知れませんが、日本以外の国ってちゃんと世代別の音楽への接し方と言うか楽しみ方がちゃんと分類されてて日本みたいになんでもかんでも「商業ベースに乗らないとCDにならない」

そうそう、それなんですよ。紅白歌合戦が面白くないのも
それが理由だと思います。若者はJ-POPという名の歌謡曲。
オヤヂは演歌、オバチャンは韓流、そんなステレオタイプな
商業ベースに乗せられてますよね。

でも、オヤヂがCDを買わないままでは、日本の音楽界は
変わらないでしょうね。

>ゴロさんぜひ文部大臣になって日本の音楽にもっと深~い価値をみいだしてもらえませんかねえ?(笑)

えへへ、それはイイんですが。
性教育に力が入りそうで・・・

ま、いいか。産めよ増やせよの時代が来るかも(笑)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/53641813

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初に買ったCD:

« あけまして おめでとうございます | トップページ | 成人式に思ったこと »