« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月23日 (木)

コーノ式かなざわ珈琲

最近、どうもコーヒーが重く感じられるようになった。歳のせいか?それとも消化器系になにか病気でも?などと考えてみたが、ほかの食品や飲み物では何も感じない。コーヒー豆も比較的新鮮なものを買うようにしてる。

ひょっとして、嗜好が変わり今の抽出法が好みに合わないのでは、と思いいろいろと調べてみた。すると、コーノ式という抽出法があることを知った。さっそく、「コーノ式かなざわ珈琲」(金澤政幸著:大和書房刊100円)という本をアマゾンで取り寄せてみた。

ポイントは3つある。
1。ドリッパーはコーノ式と呼ばれる円錐形の器具と専用フィルターを使う
2。コーヒー液は3分の1の量だけ抽出する。
3。抽出液に差し湯をして飲む。
他にもお湯の温度を90℃にして、じくうりと時間をかけて(3分間)抽出するなどの細かい注意点があるのだが、一番大事なのは2の「3分の1抽出する」という点である。コーノ式のドリッパーが届く前に現在使っている器具で、3分の1抽出し差し湯をして飲んでみたが、劇的に味が変化した。

とにかく、飲み口が軽いのである。口に含んだ時のあの重さが消えた。また、香りも良い。コーヒー専門店の熟練マスターが淹れたような香りが広がる。あっという間に1杯を飲み干してしまった。

どうやら、今まで私は要らぬものまで抽出していたようだ。最初の3分の1でコーヒーの香りは十分に抽出され、あとの3分の2は雑味だったのではないか。
試しに友人にも飲んでもらったが、すーっと飲んでしまった。

何事にも凝り性な私はとうとう食品用の温度計まで買ってしまった。ヤカンから抽出用のポットに移した時点では97℃くらいである。室温にもよるが、約1分ほどで90℃になる。熱湯で抽出してはこれまた雑味を出してしまう。

おもしろいのは、少し古いコーヒー豆で試してみたが、抽出初期の段階で粉がきれいにふくらまず、波に洗われた砂のお城みたいに一角がくずれて抽出がうまくいかないのだ。

コーノ式の便利な点は、抽出量が少ないので持ち運びしやすいということだ。小さな魔法瓶に入れて、出先で熱湯を足せば、アツアツのコーヒーが飲める。アウトドアにも最適である。雑味が少ないので1日くらいは保存できるそうだ。

お湯の温度を計り、メジャーカップでキッチリ計量しながら抽出していると、先日テレビで見たショコラテイエ(チョコレート職人)の姿を思い出した。彼はデジタル温度計で溶かしたチョコレートの表面温度を計りながら温度管理をし、滑らかな舌触りを作り出していた。

熟練のプロでも正確に計量するのがお菓子作りの世界だ。私のようなアマチュアはキッチリとした計量こそが成功への近道だということをあらためて思い知ったのであった。

自分でいろいろと試しながら味を確かめていると、子どもの頃理科の時間にやった実験を思い出した。

2012年2月21日 (火)

愛用のイヤフォン  AKG IP-2とJVC HA-FX3X

電車に乗るときはいつもipodで音楽を聴いているのですが、イヤフォンにはいつも悩まされます。というのも、イヤフォンはある意味消耗品でして、一番の理由は断線。イヤフォンのコードは細いので切れやすい、どこかに引っ掛けたり、場合によっては誰かに引きちぎられたり(笑)

気に入った音質のイヤフォンがずっと生産されればいいのですが、廃盤になったり、モデルチェンジでガラリと音質が変わってしまったり。そのたびに梅田のヨドバシまで行ってイヤフォンを試聴することになります。

これはこれで、楽しみなことでもあるのですが、なかなかピッタリのものが見つからないと、20本くらい聞いているうちにいやになってしまうこともあります。試聴用に私のipodには「ヘッドフォン」という名前のプレイリストがありまして、チェックしたい部分がある曲を10曲くらい入れてあります。

そんな中で私が気に入ったイヤフォンを2本紹介しましょう。

1本目は、AKG のIP-2とういもの。以前は同じくAKGのK324Pという機種を使ってましたが、廃盤。ネットで探していたら、よく似た音質だということで、このIP-2が紹介されてました。このIP-2家電量販店ではほとんど扱いがありません。どうやら、ミュージシャンがステージなどでモニターするのに使う業務用らしいです。

Dsc05645

ごらんの通り業務用なので、実に地味な造りです。それはかまわないのですが、左右が見分けにくいので私は右側に白い蛍光テープを貼ってます。コードが絡んでもすぐにほどけるので便利。

私はサウンドハウスで購入しましたが、現在はamazonでも取り扱っているようです。

音質はモニター用だけあってフラットです。高音が刺さることがなく、低音の締まりもいい。バスドラやベースの音がボワつくことなく、ボーカルもしっかりしてます。アコースティック系の音楽やクラシックにも向いていると思う。

2本目は、VICTOR JVCのHA-FX3X、こちらは、しっかりした低音が魅力で、かといってしまりの無いものではなく、低音に高域が埋もれてしまうこともなく、コストパフォーマンスも高いです。エレキ系の音楽に向いていると思う。また、造りが頑丈で断線しにくいのもウリです。

Dsc05642

このイヤフォンのイヤーピース(耳に突っ込む部分)は取れやすいので、いつも予備を携帯してます。左右で色を変えておくと、装着のとき迷わず便利です。

さてさて、私がなぜ電車の中で音楽を聴くかというと、ひとつには関西の電車は人の話し声がうるさい、というのも一因でして。時にはなぜあんなプライベートなことを大きな声で話せるのだろう、聴いているほうが恥ずかしくなるようなことも珍しくないからです。

あと、30分以上電車に乗るときはpodcastを聴いてます。

オススメはTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」安住アナはテレビでも人気ですが、私はラジオの方が楽しいと思う。毎回マニアックなゲストの話や、読者からの投稿を紹介するのが面白いです。だいたい30分から40分くらいの長さなので大阪に行く時は一話完結でちょうどいい。

TBSのホームページ

http://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/

もう一つは、東京FMをキーステーションとする番組「サントリー・サタデーウェイティングバーAVANTI」毎回多彩なゲストを迎えて、一つのテーマに沿った話題が繰り広げられます。話の合間にはこれまた話題に沿った、主にちょっと古めのジャズが流れます。

関西では、FM大阪で毎週土曜日の午後5時からの放送です。もちろん、ポッドキャストでも、過去の放送もダウンロードできるのでいいですね。

番組のホームページ、オシャレですよ。

http://www.avanti-web.com/index.html

2012年2月18日 (土)

身だしなみ気をつけてますか

知人にいわゆるギョーカイの方がいまして、その方はどこへ行くにもジーンズにトレーナー、髪はザンバラの長髪という。カイシャの服装規定がゆるい(無い)のでオンもオフもそれであります。

ある日、出張先でちょっと高級な割烹に入ったら、お店の方にいやな顔をされたそうです。「服装で人を判断するなんて」とその方は憤ってましたが。初対面の人を判断するには外見しかないと思う。だいたい、オシャレをして、おいしいものを食べにきたほかのお客さん(ほとんどが女性)に失礼じゃないですか。

フレンチやイタリアンの高級店ではドレスコードがあって、それなりですが。和食の店ではそうでもなくて、ゴルフウェアーで来て、大きな声で話し、挙句の果てには携帯電話で・・・なんて人も時々見かけます。

さて、私のように知らない土地に写真を撮りに行く者も然りでありまして。だいたい、カメラを持ってよそ者がうろうろしてるだけで、アヤシイ。ましてや、入ってはいけない場所まで入り込み、地元の方に何の遠慮もなしに、写真を取り捲り、ごみを捨てていく。なんてのは言語道断であります。

20060807_147208

こんなふうにカッコよく、スナップしてみたい。

地元の方たちにとって、よそ者が怪しいかどうかは、見かけで判断するしかないのでして、我々もそれなりの服装が求められるのであります。別にオッサレーな服でなくとも、小ざっぱりしていれば、いいのではないか。

古い町並みを歩いていると、たいていは地元の方から声をかけられますが、そのときは笑顔で挨拶して「いい街ですねー」などと一言言葉を交わします。たまに思いもよらぬ情報を手に入れることや、おいしいものにありつけることも。(笑)

ところで、我々オヤヂというのは、そのままでは「こぎたない」生き物なんですねー。これは自覚しなくてはいけないと思う。だから私は少なくともくすんだ色は着ないようにしてるし、靴にも気をつけてます。女性というのは意外に足元をよく見ているものなんです。

夏場はもっと難しいですなあ、ヨレっとしたTシャツとジーンズを着こなせるのは、上級者か若者だけですわ。私は夏場はポロシャツか半袖シャツと決めてます。

下の写真は、先日三宮の路地裏を歩いているときに、壁面いっぱいの鏡を見つけ、セルフポートレートしてみました。濃い茶のジーンズにAigleのゴアテックスジャケット。中にはフリースを着込んでます。この組み合わせは、周りの女性陣から評判がいいので、定番になりました。(Aigleショップの店員さんにもほめられちゃった)

Goro01

さて、散歩のお供のバッグですが、長年愛用したバッグが擦り切れてきたので、ずっと探していて、半年前に難波の鞄屋さんで見つけた帆布バッグ。生地は柿渋染めの上から藍染してあるそうで、日本の職人が一つずつ手作りしてるそうです。

Dsc05637

最近の国産バッグは、海外のブランド品を意識して、かなり品質が高いそうです。それで、お値段は十分の一。革の部分も使い込むほどに、いい色になりそうです。また、マチが広いので、かなりの収納力がありますし、A4の書類も楽々入ります。

私の世代は若いころトラッド・アイビー・プレッピーなどといった清潔さを重んじるファッションが主流だったので、今のオヤヂ世代にはピッタリだと思う。せめてくすんだねずみ色のジャンパー^はやめてほしいと思う。

2012年2月17日 (金)

二匹目のどじょうは釣れますかね・・・オリンパスさん

オリンパスが大変なことになっているようで、写真の方々は気の毒ですなあ。アホな役員の保身のために上場廃止寸前まで追い込まれて、おまけに私の大好きな宮崎あおいちゃんにまで迷惑をかけて(笑)

オリンパスは歴史の古い光学機器メーカーで、胃カメラの分野では世界ナンバーワンのかいしゃでして。以前ニコン党員の友人が胃がんの疑いで胃カメラを飲むことになり「オリンパス製はイヤじゃニコン製にしてくれ」とダダをこねたという、都市伝説が残っております。

Dscf0216

PENを手に朝イチ出演したあおいちゃん、ボディにはA.Miyazakiとネームまで入ってました

さて、そのオリンパスからOM-Dなるミラーレス機が発表になりました。往年のOMシリーズにあやかろうという。最初のPENを意識したEP-1がヒットしたので、2匹目のどじょうねらいですかねえ。それにしてもブッサイクなデザインであります。

Omd

初代のOM-1はホントに小さなボディに、一眼レフに必要な機能をすべて盛り込んだ「必然性」のあるデザインでしたが。OM-Dにはその「機能に由来する美しさ」がないですなあ。こりゃアカンでしょう。やはり、オリンパスという会社は病んでると思う。

Om101

初代OM-1、私はズイコーレンズの写りはあまりスキではないです。全部手放しちゃった。

手元にあるOLYMPUS EP-1+Panasonic 20mmF1.7これがまた中途半端な大きさで、最近は出番が減りました。現在は常時携帯用にFUJI X-10を使ってます。この写真もX-10で撮影。センサーが小さいので小物を撮影しても被写界深度が稼げて使いやすい。

ミラーレス機はシャッターのタイムラグがあり、本気の撮影には大型一眼レフ、普段用にはX-10と使い分けております。

Dscf0826

ついでにX-10で撮影した画像をもう一枚、街角スナップにはこれで十分だと思うのですが、なにか?(笑)

Dscf0743

2012年2月14日 (火)

2月に買ったCD

1枚目  ZAZ(ザーズ) モンマルトルからのラブレター

Img019

先日、ラジオ関西の番組「新・神戸ジャズ物語」(毎週火曜日19:00-21:40)を聴いていたら、フランスの歌手ZAZ(ザーズ)の特集をやっていた。

ザーズの略歴:

1980年、フランス中部の都市トゥールの生まれ。いくつかのバンドを経てパリに移り、パリのキャバレーで一週間毎日5時間以上歌う生活を送る。月末生活費に窮するとモンマルトルの路上で歌い、それが徐々に話題となって行く。大ヒットシングル「私の欲しいもの」(原題:Je veux)もその路上で広まり、そこからサクセス・ストーリーが始まった。

彼女はロマ(ジプシー)の出身である。そのマイナーなメロディ、ハスキーボイス、ジャジーでブルージーな歌い方は日本人にも受け入れやすい。フランス語のジャズというのも、意味は分からないが、英語とは違う「きしみ」みたいな語感で味がある。

ZAZのCDを聴いているとMIKIちゃんを思い出す。彼女もまた神戸の路上で、ライブハウスで歌い、場数を踏むにつれてMIKIワールドは力強く、個性が光を増していく。私は路上で歌うことを積極的には肯定しないが、彼女の場合は「場数」というものが何かを育むものだと思える。

次のMIKIちゃんのライブにはZAZのCDを持って行き、ぜひとも聴いてもらいたいと思っている。

2枚目 因幡 晃 Special Selection

Img016

因幡晃のベスト版である。今まで「わかってください」くらいしか聴いたことがなかったが、「夕映えを待ちながら」がいいよ、と友人から聞いて、Youtubeで聴いてみたら、詞がよくてウルウルしてしまった。

因幡晃って、こんな甘い声だったかしら、と思った。どちらかといえば、あがた森魚みたいな、ハードなイメージを持っていたからだ。あらためて聴いてみるとなかなかよかった。でも、キーが高くて私には歌えそうにないなあ。

さて、「新・神戸ジャズ物語」を担当するジャズシンガー森川七月(なつき)さん、なかなかキュートで力強い歌声である。毎週火曜日が楽しみになった。

2012年2月12日 (日)

ペンタブレット導入

ポートレート撮影の後、いろいろと修正をほどこすワケですが(内容はキギョウヒミツね)どうしてもマウスでの操作ではもどかしい部分が出てきます。そこで、ペンタブレットなるものを導入することにしました。

価格.comで売れ筋を見ると、wacomのintuosシリーズが良さそう。でも、大きさがsmall・midium・largeとあり、迷ってしまいます。これは現物を触ってみるしかないと思い、梅田のヨドバシカメラへ出かけました。

パソコン周辺機器売り場には立派なwacomコーナーがあり、お目当てのintuosシリーズとBambooシリーズがズラリと並んでました。通りがかりの店員さんにあの二つはどう違うんですか?と尋ねると「ああ、あれはメーカーが違うんです」という信じられない答えが返ってきました。

うう、これはひどい、細かい説明はムリだな、とあきらめかけた時、入店証をつけた方が見つかりまして「メーカーの方ですか?」「はいそうです」

しめた、バッチリ説明してくださいました。写真の補正にはintousシリーズが向いていること、絵を描くのでなければ一番小さいsmallで十分とのことでした。また、タッチホィールで簡単に画像の拡大縮小ができることを目の前で実演してくださり、機種選定はスンナリと終わったのでした。

まあ、ここで最初の店員さんが、丁寧に説明してくれていたら、私は多少高いのにも目をつぶってヨドバシで買ったのでしょうが。メーカーの方に義理は感じても、ヨドバシには・・・てなワケで自宅に帰りamazonに注文したのでありました。

私のすぐ後にも年配のご婦人がペンタブレットを探しておられたので、「メーカーの人が居ますよ」と声をかけてあげて、メーカーさんへの義理を果たしたのでした。

帰ってから、いろいろとネットで検索してみると、ペンタブレットはあまり大きいとキーボードとの併用が難しいそうで、正解でしたね。

さて、本邦初公開の私のデスクトップです。左手に24インチ、右手に23インチのディスプレーが並んでます。EPSONのWindowsマシンを使うときはデュアルディスプレーモードです。右の23インチの方は、WindowsとMacとBDレコーダーが接続されて、リモコンで切り替えてます。

120212_small

こうしてみると、ペンタブレットは意外に場所をとります。もっと大きい機種を選ぶときは机の大きさも考える必要がありそうです。ちなみにこの机は幅120cm、奥行き60cmです。キーボードはMicrosoft Bluetooth Mobile Keyboard600で幅35cm、奥行き15cnです。

24インチの方は無光沢でほぼ完璧にカラーマッチングしてあるので、微妙な色合わせが行えます。23インチの方はテレビの映りを優先して光沢画面、一般的な明るさにしてあり、仕上げた画像のチェックにも使ってます。

_edited1

以前からこの図を描かなきゃと思ってました。私にもしものことがあった時、機械音痴な息子が悩まなくていいように。オーディオの接続図はもっと複雑なんだなあ。(笑)

Mac miniは、主にiPodやiPadの母艦として、iTunesでの音楽データの管理に使ってます。二つのパソコンはWiFiで接続し、データ交換が可能です。Macを導入したのは、Windows機の不調でOSを再インストールしたとき音楽データが影響を受けないようにというのが表向きの理由ですが、本当は「Macが好き」という・・・言い訳する相手はいないのですがねえ。

本当は全部Macに統合すべきなのでしょうが、細かい操作がやはり15年間慣れ親しんだWindowsの方が早いのでそのままです。最近はWindowsのGUIもよくなってますしね。

ソフトはRAW現像にSylkyPix Pro5、画像処理用にPhotoshop Elements Ver.10を使ってます。最近はディスプレーのカラーマッチングをちゃんとしているので、RAW現像でほとんど完成できるようになり、Photoshopの出番は減りました。

また、PhotoshopはElementsで十分だと思います。CSを買っても全ての機能を使いこなすのは難しいと思う。

ディスプレーのカラーマッチングは非常に重要で、高価な機器ですが、レンズを1本買うよりはるかに写真の品質は向上するし、印刷も試行錯誤が減り、ずっと楽になりますので、アマチュアの方にもオススメです。

Dscf0217

モニターのキャリブレーションを行っているところ。真ん中にあるエイリアンの頭みたいなヤツがセンサーで、専用ソフトが自動的に10分くらいで調節してくれます。

さてさて、これからじっくりとペンタブレットのチュートリアルビデオを見ながら、操作方法を勉強しましょうかね。

2012年2月 7日 (火)

白黒写真のチカラ

よく使われる比喩で「色あせた写真のような」という表現が使われますよね。でも、ちゃんと処理された白黒写真は意外に強いものなのです。100年くらいは大丈夫。デジタルに対して、銀塩写真という言葉がありますが、あれは「塩化銀」という物質が、光に当たると科学変化を起こす性質を利用しているからなのです。

銀塩写真は、

撮影→フィルム現像→停止→定着→水洗→乾燥でネガが出来上がります。次は印画紙という塩化銀化合物を塗った紙に、ネガを通して光を当て、

また現像→停止→定着→水洗→乾燥という工程を経て、いわゆるプリントが出来上がります。

DPEというのは、D(現像)P(プリント)E(引き伸ばし)の頭文字です。

まあ、他にも難しい理屈はたくさんあるのですが、大事なのは最後の「水洗い」なんですね。水洗いの良し悪しで写真の保存性が決まるんです。

下の写真は私が高校時代にプリントした写真です。40年以上経過してますが、少しも色あせていません。実は写真部の先輩が非常に厳しい方で、水洗いをやかましく言われたのです。この写真も真冬でしたが30分近く冷たい水で処理してあります。

水洗いがいい加減だと、定着液(酢酸)が残って腐食の原因となります。

Img017

台紙のいろあせ具合で古いのがわかります。

同時期に撮影したカラー写真も掲載します。当時はまだやっと一般に国産カラーフィルムが出回ったころだったので、処理方法も確立されてなく、ご覧の通り「色あせて」います。

Img018

あと、昔の写真はフィルム(乾板)サイズが大きかったので、意外に解像度が高いですね。よーく見ると細かいところまで写っているのに驚かされます。今の携帯電話の撮像素子なんて、フィルム時代に比べると数百分の一しかないのですよ。

さて、私は高校時代に白黒をやり、カラーへ、そしてデジタルへと40年をかけて少しずつ覚えてきたので「付いていけない」なんてことはないのですが、デジタルから入った方は、基礎から一度に学ぶので大変でしょうね。覚えることが多すぎます。カメラの進歩で「とりあえず、失敗せず」写真が撮れますが、作品となると難しいでしょうね。

そこで、私はあえて「白黒で撮ってみる」ことを提案します。色彩に惑わされず形と光の濃淡だけで表現する。これをしばらくやっていると「見えてくる」ものがあると思うのです。構図もわかりやすくなります。

Dsc_0362mono_edited1

コンパクトなデジタルカメラでも「白黒」モードはたいてい付いてますから、一度試してみてはいかがでしょう。きっと新しい発見があるとおもいますよ。

Dsc_0362small

ライブの写真はシャッターチャンスも重要ですが、「ステージの照明を見極めて「光を読む」のが一番だと思ってます。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »