« 金沢撮影行・・・服装編 | トップページ | apple社はスタンダードを作り、売る会社・・・そして美しさも »

2012年3月15日 (木)

大人って淋しすぎると笑ってしまう・・・最後から2番目の恋

目の調子が悪く、ここ2年ほどは小説を読んでいない。でも生来のドラマ好きなので、仕方なくテレビドラマを見ている。昨年はNHKのドラマ10が好調で、楽しんだ。

今年は、なかなかの豊作ではないか。竹内結子の「ストロベリーナイト」、初の刑事役で、なかなかの女っぷりだ。ストーリーも良いと思う。

「タイトロープの女」も主演の池脇千鶴が私のタイプで、顔を眺めているだけでもいいが、ストーリーもしっかりしている。さすがNHKのドラマ10だけのことはある。

で、一番のお気に入りは、フジテレビの「最後から2番目の恋」である。

03

中井貴一と小泉今日子のかけあいがバツグンに面白い。キョンキョンは独身のアラフォー女の寂しさを隠し持ちながら、若々しく演じている。若い頃よりも少し低くなった声も魅力的。

Saigo

内田有紀もかわいい。

「寂しくない大人なんていない」
「あと何回セックスできるかどうかわからないのよ」
「とっくに大人になっているはずなのに、思っていたのとは全々違って」
「45と50じゃ、全然ちがいますから!」。(50になったらどうするの? と返されると)「なりませんから!!」
せりふがリアルすぎる!

脚本はNHKの朝ドラ「ひまわり」の岡田惠和、さすがですな。

さらに、舞台は私が大好きな鎌倉・湘南である。背景に現れる海を見ているだけでも楽しい。

でも、一番共感したのは坂口憲二演じる中井の弟、真平だ。彼は特定の女性と付き合ったことがなく、「この世の女性たちをもっと幸せにしよう」と本気で考え、そして「自分が笑いかけることで誰かの心が和らぐなら、何だってしよう」と思っている。彼曰く「ボクはエンジェルでいたい」

実は真平は脳に命にかかわる病を持っている。だから、女性と深い仲にならない。八方美人を演じながら、ココロの奥底に深い闇を隠し持っている。

それぞれの持つ「深い闇」を丁寧に描きながらも、表面は軽妙なセリフで巧みに見るものを惹きつける。橋田壽賀子の真逆をいく、久しぶりに「次回が楽しみな」ドラマであった。

« 金沢撮影行・・・服装編 | トップページ | apple社はスタンダードを作り、売る会社・・・そして美しさも »

テレビ、ラジオ」カテゴリの記事

コメント

さらに、舞台は私が大好きな鎌倉・湘南である。背景に現れる海を見ているだけでも楽しい。

なんて言うんでしょうかね・・・
 あの、景色って ヤッパリ
 湘南特有ですよねnotes

 湘南は レナも大好きですheart

 山と海と古都 少し戻れば 横浜・・・

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/54230055

この記事へのトラックバック一覧です: 大人って淋しすぎると笑ってしまう・・・最後から2番目の恋:

« 金沢撮影行・・・服装編 | トップページ | apple社はスタンダードを作り、売る会社・・・そして美しさも »