« ストレートチップの修理 | トップページ | 海岸でのイベント撮影 »

2012年4月26日 (木)

春はブロッコリー

朝食のお供は、冬は具だくさんのスープ、夏はサラダと決めてます。ところが春先はスープは重い、サラダは冷たい。でもうまい具合にブロッコリーが旬を迎えます。これを温野菜で食べるとちょうどいい。

P_k58059
これまた旬の卵も一緒に。カロリーが高くなるのでゆで卵にしました。この写真はストロボを天井にバウンスさせて撮影。ラクチンです。料理を撮るときは、お皿全体を写さず一部を切り取るのがおいしそうにみせるコツです。


ブロッコリーはアブラナ科、地中海が原産だそうで、カリフラワーの変種だそうです。いつも食べているのは蕾の部分。そのままほおっておくと菜の花みたいな花が咲きます。

Broccoli_bloem_2


最初は鍋で茹でていたのですが、取引先の女子社員に「レンジで2分」と教わりまして、このほうが早いし栄養も逃げないそうです。ちなみにこの女性、スゴい美人です。


この茹で加減ですが、日本人はシャキシャキした食感を楽しむため、少し固めに茹でますが、イタリア人はクタクタになるまで茹でるそうな。これは落合シェフが言ってたことで、イタリア人のお客には柔らかめにするよう厨房に指示しているそうで、そうしないと怒られるということでした。こんなことまで気を遣っているから、イタリア大使館指定のリストランテになるのですね。
Img_1374jpg

落合シェフはいつもニコニコ、でも調理中は目が笑ってないのですよ。あと、テレビで見てて「エッ」というくらい塩とオリーブオイルを使うのもちょっとコワイです。

一般に日本人ほど食材の食感を大切にする国はないようで、パリパリ・シャキシャキなどといった表現は独特のものらしいです。

あと、スーパーにはアメリカ産のブロッコリーが安く売ってますが、あれはスジっぽくていただけない味です。でも、彼らの名誉のために言いますが、採れたては生で食べても甘いのですよ。ロサンゼルスの倉庫で船積み直前のブロッコリーを食べたことがありますが、とても柔らかかった。コンテに詰められ0日近くも経てば硬くなるのもあたりまえですな。

日本ではブロッコリ^ーを生で食べることは少ないですが、アチラではサラダバーには生のブロッコリーが並んでますし、マッシュルームなんかも生で置いてました。
Dscf0840
お取り寄せした松田のマヨネーズ、これもそろそろ無くなりしう。

でも、そろそろブロッコリーも旬を過ぎるようで、あまり見かけませんなあ。カリフラワーなんてもっと時期が短かかったような気がします。目の詰まったカリフラワーは高いけどおいしいなあ。


« ストレートチップの修理 | トップページ | 海岸でのイベント撮影 »

食事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/54562743

この記事へのトラックバック一覧です: 春はブロッコリー:

« ストレートチップの修理 | トップページ | 海岸でのイベント撮影 »