« 5月に買ったCD | トップページ | 新長田 琉球祭 5月27日開催です »

2012年5月13日 (日)

50mm標準レンズ・・・新開地音楽祭

大好きな美ら美ら(ちゅらちゅら)さんが出るというので今年も出かけてみた。

よもぎ餅を差し入れしようと思い、垂水駅前の杵屋へ向かう。すると、信号待ちで前にいた長身長髪の青年の肩に一眼レフが。最近は女性でもよく見る光景だが、よく見るとNIKON D700に小ぶりの単焦点レンズ。おそらく50mm標準レンズであろう。やられた、と思った。フルサイズ一眼レフに50mm、潔いではないか。お主できるな、という感じ。50mmは絞れば広角、開ければ望遠みたいに使える、とよく言われるが、逆に言えば中途半端な画角で使いこなしは難しい。

P_k59916
PhotoshopでSONYのロゴを消してみた、でもMINOLTAのロゴを入れるような意地悪はしません。


その上NIKONのロゴを黒く塗りつぶしてある、これは究極の街角スナップ仕様、下手に近づけば振り向きざまに居合い抜きで一刀両断にされそうな手練(てだれ)と対峙したような気分である。こちらはといえば、]D7000に広角ズーム、その上リュックには70-200という「飛び道具」も忍ばせてあるというテイタラク。恥ずかしい、まるで一人の剣豪に数や鉄砲を頼りに挑む雑兵(ぞうひょう)のようなものだ。

などと、つまらないことを思いながら杵屋に着くと、定休日。間抜けな話である。気を取り直して山陽電車で新開地へ向かう。ROUND1前のステージではほかのバンドが演奏中。さっそくテスト撮影。

間もなく演奏開始、あとはもう美ら美らワールド全開である。老若男女が一つになる。手拍子、指笛、掛け声。きっと沖縄出身の方もいただろう。初めて聞いた人も引きこまれていく。

Nkn_4220


三線(さんしん)・ウクレレ・キーボードが織り成すハーモニーが美ら美らのウリであるが、それ以上に「ノリ」の良さが皆を引き込む、とにかく楽しい。聴衆はハーモニーに酔い、いつの間にか自分も参加しているのだ。

演奏が終わり、気がつくと私は27日に行われる新長田琉球まつりのチラシを配っていた。ぜひみなさんも琉球まつりで一緒にこの快感を味わってほしいものだ。

Nkn_4270

最後は土岐さんと市原ひかりさんのジャズ演奏。70-200F2.8の飛び道具はこのために持ってきたのだ。


« 5月に買ったCD | トップページ | 新長田 琉球祭 5月27日開催です »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/54704546

この記事へのトラックバック一覧です: 50mm標準レンズ・・・新開地音楽祭:

« 5月に買ったCD | トップページ | 新長田 琉球祭 5月27日開催です »