« 5月は毎週イベント撮影(3)・・・神戸まつりサンバチーム | トップページ | 男の目線、女の目線・・・撮影会にて »

2012年6月28日 (木)

5月は毎週イベント撮影(4)・・・新長田琉球祭り

オフィシャルカメラマンというものは責任が重い。一般の人が入れないところまで入り、突っ込んだ撮影ができるかわり、失敗が許されない。たとえば、カメラやメモリーカードが壊れて撮影できなかったとしたら、「ごめんなさい」では済まない。

だから常に機材・カメラ設定・撮った画像のチェックが欠かせない。そして、問題点は次の撮影までに解決しておかなくてはならない。

昨年の琉球祭りでの反省点は3つ。

1.逆光撮影時の画質が甘い。
2.最後のカチャーシーの写真では鉄人28号像の描写が甘い。
3.納品のためには正確な色再現が必要。

この3点を解決するために、この半年研究とテストを重ねてきた。

1.逆光撮影時の画質改善。
 EOS-7Dはどうしても画質が甘いので、望遠系はα900+80-200mmを採用。非常に重くなるが画質は最高である。α900はD7000に比べてAF速度が遅いため、ピント合わせの練習を何度も行った。

Dsc01457

2.広角撮影の画質改善。
 こちらは、D7000+SIGMA17-50+SB910。SIGMA17-50mmはガチガチにシャープな描写で、F8.0まで絞ればカッチリと写る。こちらはカメラやレンズを変えて、何度も鉄人広場へ足を運び、試写を繰り返した。また、SB910による日中シンクロは実戦でクセをつかむようにした。そして、ストロボのシンクロ速度や環境光の具合を見ながら、ブレない範囲で絞り込んで撮影した。大判のポスターになるので、画質面でISO感度を上げられず、制約が多い。購入から実戦投入までに5千枚以上撮影し、操作を徹底的に身体に叩きこみ、設定変更が即座にできるようにした。

Nkn_4918

3.正確な色再現。
 これには、モニターのカラーマネージメントシステムを導入し、半年かけて習得した。また、RAW現像もあらゆる被写体(風景・人物・動体)で実験し自分のものにした。RAW現像ソフトのマニュアルを全て読み、十分に理解した。これは、大変勉強になった、特に高感度時のノイズ低減とシャープネスの兼ね合いは徹底的に試行錯誤を繰り返し、最良の結果が得られるようにした。この試行錯誤のために現像した写真は1万枚を超えた。

Dsc01801

こうして、4月末から実写経験を積み、これらのシステムが有効なことを確認して、今回の撮影に臨んだ。

結果は上々である。撮影ポイントもだいたい決まっていいるのでそれぞれの演目にしたがって撮影場所を変えていった。ただ残念なのは、苦労して撮った写真が出演者には届かない、という点ぐらいか。これは、個別にコンタクトを取っていくしかないだろう。なんせ私のモットーは「撮られた人が喜ぶ写真」なのだから。

Nkn_5175

先日も述べたが、もう「押さえの写真」は撮らないことにしよう。

 

« 5月は毎週イベント撮影(3)・・・神戸まつりサンバチーム | トップページ | 男の目線、女の目線・・・撮影会にて »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

いやあ~ホンマにいつ見てもゴロさんの写真は素晴らしいですよ。僕ね、言ったかもしれませんが韓国でプロカメラマン3人に1日かけてスタジオで撮影してもらったことあるんす。
びっくりするぐらいエエ男にとってくれてました(笑)
ゴロさんの写真はホンマに正直。いい瞬間も悪い瞬間もありのまま撮影されてて好きです。
死ぬまでウデ磨いてね~(笑)

うなぎ1号さん、

お望みなら、30歳くらい若返り処理しますよん。(笑)

そうですねー、死ぬまで腕を磨きます。
みんなそうしてるもんねー。

去年の自分の作品は恥ずかしいと思う、
いつまでもそうありたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/55073560

この記事へのトラックバック一覧です: 5月は毎週イベント撮影(4)・・・新長田琉球祭り:

« 5月は毎週イベント撮影(3)・・・神戸まつりサンバチーム | トップページ | 男の目線、女の目線・・・撮影会にて »