« うたの色 | トップページ | イベント撮影は私の「ぬちぐすい(命の薬)」・・ハーバーランド琉球フェス »

2012年6月11日 (月)

縁(えにし)の糸・・・娘の結婚式に思う。

私事ですが、ってブログに書く人がいるけど、ブログって私事を書くもんじゃないの。てなことはさておきまして、娘が先日結婚しました。バンザーイ。

結婚式は奈良県桜井市にある大神(おおみわ)神社、日本最古の神社だそうです。その割には全国的な知名度が低く、挙式の費用もお安いそうな。挙式の後は親族だけでの食事会、いわゆる「地味婚」というやつ。いいですな、こ^ーゆー金銭感覚、私は賛成です。もちろん、一切のことは新郎新婦が段取りしてくれまして、私は身ひとつで参加するだけ、結構じゃないですか。私は口もお金も出さない・・・自分の時もそうでした。

Dsc01274small


とはいうものの、大事なお役目が・・・そう、カメラマン。(笑)しかもスナップ写真だけではなく、集合写真も撮らなくてはいけない。今回もオフィシャルカメラマンなのであります。

一週間前から天気予報をチェック、しかし祈りも虚しく確実に梅雨入りの気配。雨が振って一番困るのは集合写真。室内で撮影することになるのですが、クリップオン・ストロボではどうしても光量不足。バウンスは使えないので直焚きでいくことにします。

挙式は12時からなので、10時には現地入り、って完全にお仕事モード。前もって娘と下見してあったので、撮影場所は決まっています。着付け風景などをスナップしながら待つうちに、雨も上がり一安心。11時には着付けが完了し、新郎新婦を中心に記念撮影します。

Dsc02057

こんなスナップショットも撮っておくと、いい記念になります。今回はほとんどプラナー85mmF1.4で撮影。条件が悪くてもシャープな画像で使いやすい。


すると、どうも娘が緊張のあまり気分が悪くなってしまいました。が、そこは昨今の「授かり婚」に慣れているベテランの美容師さん、テキパキと帯をゆるめたりして対処してくれます。ちなみに今回は「授かり婚」ではありましぇん。

式の30分前になると神主さんが式の手順を説明されて、いよいよはじまりです。

本殿左手の祈祷殿の廊下を静々と渡り、儀式殿へ。厳かな雰囲気が高まります。

Dsc02113small_edited1


私も一旦親族席へ収まります。いよいよ結婚式のはじまり。祝詞(のりと)のあと三々九度の盃、ところがここでまた娘の体調がすぐれず一時中座。その間神主さんのご配慮で神楽と大神神社の由来が述べられます。しばらくして体調が戻った新婦が着席。近いの言葉を述べて、無事式をとり行いました。

Dsc02166
式場内ではフラッシュは禁物、ISO3200で撮影。α900は高感度でもいい絵を出してくれます。あと神殿にカメラを向けるのも、ご法度だそうです。


さてさて、ここからが大変、境内に降りて記念撮影の準備です。これまた美容師さんが気を利かせて手配して下さった撮影用の椅子を並べ、私は三脚を立てて、レンズを85mmから35mmF2.0へ交換。ミノルタの古いレンズだけど、シャープで歪が少ないんだよね。

セルフタイマーで私も列に入り無事記念写真も撮りました。駆けつけてくれた新郎新婦の友人たちとスナップ写真で元思っていたら、またもや新婦の調子が悪くなり着付け室へ。次は近所の料理屋で親族での食事会、時間はどんどん過ぎていく。

ここで、新郎がテキパキと指示を飛ばし、うまくまとめたのには感心しました。人間の真価というものはこんな時に発揮されるものでして。彼は落ち着いて的確な判断を下し、焦ることもなく、怒ることもなく対処したのでした。学歴や年収なんかよりずっと大事だもんなあ。

Dsc02279

失礼な言い方を承知の上で、奈良県でこんなうまい刺身が食べられるとは思ってなかった。けれん味のない、シンプルながらどれも手のかかったおいしい料理でした。


ここで思ったね、「いいヤツと結婚したなあ」なんでも友人たちとのバイクツーリングで知り合ったそうですが、これも「縁の糸」それをお互いにうまいこと手繰り寄せたんでしょうなあ。

帰り道タクシーの中で、息子が「新郎は姉ちゃんにいつもちゃんと意見言ってるから尊敬するわ」と言ってました。ついでに、息子のバイト先でのエピソードもいくつか聞け、店長代理みたいなこともやってるそうで、ちょっと安心しました。

翌日、娘に連絡事項がありメールしたのですが、なかなか返事が来ない。翌日になって「きのうは旦那の実家へ田植えの手伝いに言ってた」そうな。新郎の父上に「うちの娘は気が利くほうではありませんが、身体は丈夫なのでこき使ってください」とご挨拶したのを、さっそく実践してくださったようです。これもうれしかった、他人行儀じゃなくていいじゃないですか。

とまあ、「花嫁の父」とゆーよりは、「いつものカメラマン」でしたが、うれしい一日でした。写真をやる者にとって、自分の子どもの結婚式こそ納得のいく写真を自分で撮りたいものなのです。

« うたの色 | トップページ | イベント撮影は私の「ぬちぐすい(命の薬)」・・ハーバーランド琉球フェス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お嬢様のご結婚おめでとうございます!

お父様にこんな素敵な写真撮ってもらえるって、お嬢様幸せですね。そう言えば・・・私の結婚式の写真・・・
着付けの写真なんて一枚もないなぁ~
凄くいい記念になるでしょうね

近い将来「お爺ちゃんになるかもね?」

そしたら、たくさんのお孫さんの写真を撮り・お孫さんが結婚するとき宝物として持って行かれるんでしょうね

なんだか夢は広がりますね

お嬢様の前途に乾杯!

華ママさん、お久しぶりです。
桃子ちゃんと桜子ちゃん、元気ですか。

コメントありがとうございます。
孫の写真、イイだろうなあ、撮りまくっちゃいますね。

これから暑くなるので、どうぞご自愛ください。
もちろんワンちゃんたちも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/54936298

この記事へのトラックバック一覧です: 縁(えにし)の糸・・・娘の結婚式に思う。:

« うたの色 | トップページ | イベント撮影は私の「ぬちぐすい(命の薬)」・・ハーバーランド琉球フェス »