« アルティザン&アーティスト・・・オリジナルという名のコピー | トップページ | 撮影会にて・・・あらためてα900の色はミノルタの色? »

2012年8月30日 (木)

8月に買ったCD・・・白鳥恵美子「ハートランド」

白鳥恵美子と聞いて「あー、トワ・エ・モアの片割れ」と思い出す人は少ないと思う。

トワ・エ・モアの「誰もいない海」http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%80%80%E8%AA%B0%E3%82%82%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E6%B5%B7&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

トワ・エ・モアは1969年から1973年まで活動、そして1998年に再結成してます。もともと音楽性の違う二人をナベプロがむりやりくっつけてデビューさせたところ、デビュー曲が大ヒット、人生わからんもんですなあ。

今回買った「ハートランド」、1993年に発売、大ヒットとなった「アメージング・グレース」も含まれていて、白鳥さんの美声を十分に味わえるアルバムです。今回はオークションで500円で入手。ただ手に入れるまで8ヶ月かかりました。彼女のCDはなかなかオークションに出てこないので、ヤフオクにアラート登録(設定したキーワードの商品が出品されるとメールで知らせてくれるサービス)やっと出てきました。

Photo

白鳥さんは日本音楽高等学校出身、さすがにボイストレーニングを受けた声は伸びやかで、聞いていてストレスがない。同時代に活躍した山本潤子や吉田美奈子と並んで昭和の歌姫だと思う。

実は私も学生時代簡単なボイストレーニングを受けたことがありまして、といっても先輩がコーラス部で寮の部屋に集まって練習するわけですが「お前も歌え」と言われ発声を習いました。これが社会に出てから役に立ちましたなあ。20代のころ、あらくれ男ばかりの港湾倉庫にいたのですが、300メートルくらい離れた岸壁にいる現場監督に私が声をかけると届くし、どんなうるさい居酒屋でも私が「ビール2本」と言うと一発で通る(笑)カラオケ行くと声がデカいので、マイクは使わせてもらえませんでした。

だから、ライブなんかでも高音域を顔をしかめて最後は裏声でごまかしているのを観ると「あー、トレーニングしたら楽になるのになあ」と気の毒に思います。もちろん、地声で歌うのも味があるけど、味っちゅうものは基礎があってこそのもんだと思う。

ところで、美川憲一や小林幸子ら大物演歌歌手の収入源である地方興行が不振だそうで、そのかわりにギャラの安いフォーク歌手が引っ張りだこだそうです。山本潤子・太田裕美といった往年の人気歌手が地方の文化会館の公演で見られるのはうれしい限りですなあ。団塊世代は演歌よりフォークソングや洋楽の世代かもね。

« アルティザン&アーティスト・・・オリジナルという名のコピー | トップページ | 撮影会にて・・・あらためてα900の色はミノルタの色? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/55539573

この記事へのトラックバック一覧です: 8月に買ったCD・・・白鳥恵美子「ハートランド」:

« アルティザン&アーティスト・・・オリジナルという名のコピー | トップページ | 撮影会にて・・・あらためてα900の色はミノルタの色? »