« Reiさん(須磨海岸)・・・撮影メモ | トップページ | HDRの本質 »

2012年8月 9日 (木)

杭(くい)のない人生

2012_edited2
のんびりと過ごしたい休日にもかかわらず彼女には仕事の電話が入る。若い頃はそれもいいような気がする。

舞子に引っ越して、もうすぐ2年になる。もうすっかり生まれた街のようになじんでしまった。いまお付き合いのある方たちは、ほとんどがこちらに引っ越してきてから知り合った。

もともと、「三ヶ月住めば都」の人である。それはこの57年間の人生で20回以上引っ越してきたことが原因だ。3歳くらいの時、生まれ故郷の島原から長崎市内へ引越し、小学1年生の2学期にまた引越し、中学3年の時、市内の別の場所へと。だから、小中高と進学するたびに知らない同級生と会うことになる。

転校生というものは、つらいものである。更に大学は香川県、就職は大阪。東京・博多・シアトル・ロサンゼルスにも住んだ。まさに、纜(ともづな)を繋ぐ場所のない「杭(くい)のない人生」である。錨を下ろしても次の航海が始まれば揚げなくてはならない。川を流れるコノハのように住むところを変えた。

だから、過去にこだわっていられない。知らないうちにその土地になじんでいく術(すべ)を身に着けてしまったのだろうか。一から人間関係を構築するために積極的に働きかけるようになった。

そんな私もやっとこの舞子の地に終の棲家(ついのすみか)を見つけた。芭蕉の句に「これがまあ 終の棲家か 雪五尺」とあるが、舞子は風光明媚・気候温暖、私にとっては「これはさて 終の棲家ぞ 風の街」である。根無し草がやっと根を下ろしたのだ。

*季語がないのに気がついた、もう少し推敲しなければ。

長年この地に暮らす人々をうらやましくも思うが、あちこちを転々としてきた私には、この地へたどりついた感慨がそれに加わり、、より一層愛着を感じるのである。

音楽や写真を通じて知り合った多くの友人達にもまた、感謝したい。

残暑厳しき中、皆様のご健康をお祈り致します。、

« Reiさん(須磨海岸)・・・撮影メモ | トップページ | HDRの本質 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「人は死ぬ場所を探し求めて生きる」って元楽天の野村監督も言うてはりました。
そういう場所が見つかったのは良いことですね。
僕も子供の頃だけで12回転校しその度に友達と別れがつらくて泣いてばかりいました。
僕も神戸が好きです。
震災にあってからよけいにこの町が好きになりました。
どちらかが死ぬまでのおつきあいとなりそうですね(笑)
今日も頑張りましょう!

うなぎ1号さん、いつもありがとうございます~。

>「人は死ぬ場所を探し求めて生きる」って元楽天の野村監督も言うてはりました。
>そういう場所が見つかったのは良いことですね。

名言ですなー、まさにそのとおりです。一生見つからない人も
多いかも。

>僕も子供の頃だけで12回転校しその度に友達と別れがつらくて泣いてばかりいました。
>僕も神戸が好きです。

そうでしたか、同窓会って言ったことないんですよね。

>震災にあってからよけいにこの町が好きになりました。
>どちらかが死ぬまでのおつきあいとなりそうですね(笑)
>今日も頑張りましょう!

ありがとうございます、私もうんぎ山椒さんとの
出会いはいつまでも大切にしたいと思います。

次のライブも楽しみにしてますね。

転校・親の転勤など人生において無縁の生活をしている私にとっては
あちこちに行けるのも またいいものだなあと思ってしまいます(笑)sun

都会生活をしていると 旅行くらいしかほかの地域へ
行けないですしね・・・diamond

でも、そんな都会は ヤッパリ、一番好きなレナですnote

その中で学生生活で得た、職場の中で出会えた友人は
今も 地方にたくさんいますが
良きライバル、友人として存在していますheart

自分が他の地域へ飛び込まなくても
今の環境で得られたすべては 宝物
と いつも感謝していますpresent

皆が くいのない 人生がおくれるような
生き方ができるといいですよねsign03

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/55388145

この記事へのトラックバック一覧です: 杭(くい)のない人生:

« Reiさん(須磨海岸)・・・撮影メモ | トップページ | HDRの本質 »