« 子どもをあやす | トップページ | クリスマスの思い出 »

2012年11月27日 (火)

鬼平犯科帳・・・縁(えにし)と業(ごう)

久しぶりに鬼平犯科帳を観て泣いてしまいました。原作はほぼ全て読んでいたのですが、それは通勤途中の暇つぶし。それほど深く読み込むこともありませんでした。ですから、毎週火曜日に放映されるサンテレビの「鬼平犯科帳」はその都度新鮮に楽しめるのです。古いドラマの再放送ですが、原作が味わい深いのでけっこう楽しめますね。

さて、今回は「熊五郎の顔」お信の夫は鬼平の手下だったが、3年前張り込み中に盗賊熊五郎に殺されてしまい、今は上州高崎で茶屋の女将をしながら幼い息子と暮らしている。その茶屋へ信太郎という商人が食あたりで倒れこんでくるのです。お信は親身に看病、そして二人は男女の関係を持ってしまう。

Dscf3183

鬼平は高崎に熊五郎が居ることを知り、出張って見事に熊五郎を捕えます。江戸へ護送の途中、鬼平はお信のもとへ立ち寄り「旦那の仇をとったよ」と告げるのですが、お信はその顔を見てビックリ。先日の信太郎ではないですか。お信は夫の仇と情を交えたことに悲嘆にくれ何度も自害しようとするのでした。

ちょっと見えにくいですが、馬で行く鬼平の後ろで久米八は走ってます。江戸から高崎までは約100Km、当時の人は1日に50Kmくらいは走っていたそうな、しかも握り飯だけで。

Dscf3185

とこれで終わればただの悲劇ですが、数日後あの信太郎が訪ねてくるのです。話をするうちに、信太郎には双子の兄弟がいることがわかります。なんともまあ情け深い結末ではないですか。

藤丸籠(とうまるかご)からお信を見上げる熊五郎。

Dscf3184

池波さんの原作がいいのはもちろんですが、脚本・演出もすばらしい。お信役の音無美紀子さん、そして信太郎と熊五郎二役の高橋長英さんの演技がいいですねえ。

このシリーズはかなり前に制作されたものなので、昔懐かしい渋い役者さんが出てきて楽しめます。主役は鬼平ですが、脇役とはいえない重要な役を与えるのが鬼平犯科帳の面白いところです。

« 子どもをあやす | トップページ | クリスマスの思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535810/56205051

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼平犯科帳・・・縁(えにし)と業(ごう):

« 子どもをあやす | トップページ | クリスマスの思い出 »