2012年9月27日 (木)

9月に買ったCD・・・山下達郎ベストアルバム

9月26日発売の山下達郎ベストアルバム「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(初回限定盤)」Amazonで予約したら25日に届いた。きっかけは、「山下達郎シアターライブ1984-2012」だった。タツロー地震が厳選した音響の良いシネコンで上映されたライブ映像。まさに音響はライブ会場と同じクオリティ。上演終了とともに観客席から拍手が起きた。

71aszuc9qpl_2

中でも「希望という名の光」を祈るように歌う山下達郎の姿が印象的で、

この世で たったひとつの命を削りながら 
歩き続けるあなたは自由という名の風

というフレーズが心に残った。この曲は震災直後から大変な反響を呼んだそうだ。そうそう、みんな命削ってがんばってるんだよねー。それを不景気・業績不振という大義名分を振りかざしてリストラと言う名の首切りを平気でする企業の人事担当役員。無能な経営陣の責任を押し付けられて殺されていく社員たち。あなたのことだよ牡蠣打ちさん。

あと、これまでタツローのラジオ番組やYoutubeで流れていた「山下達郎版硝子の少年」これは作曲家からレコード会社に渡される「仮歌」つまりデモテープ版である。KinKi Kids(キンキ キッズ)には悪いけど、はるかにハイクオリティな歌唱。それが今回カラオケにボーカルをのせなおして、正式リリースされた。
http://www.youtube.com/watch?v=6wBnu3YbMfo

「硝子の少年」は松本隆作詞、山下達郎作曲でジャニー喜多川氏から「絶対にオリコン1位をとれ」とのきついプレッシャーがかかったそうで、二人共かなり苦労したらしい。でも、松本隆の詩って、「木綿のハンカチーフ」からあまり進歩がないような気がするなあ。

ところで、ユーミンもデビュー40周年記念アルバムを出すそうだけど、全く食指が動かない。収録された曲は全部持ってるというのもあるし、最近の曲はどうもねー。松任谷正隆のアレンジが古いという人もいるらしい。もう、たっぷり稼いだから慈善事業でもやればいいじゃん!

 

2012年8月30日 (木)

8月に買ったCD・・・白鳥恵美子「ハートランド」

白鳥恵美子と聞いて「あー、トワ・エ・モアの片割れ」と思い出す人は少ないと思う。

トワ・エ・モアの「誰もいない海」http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%80%80%E8%AA%B0%E3%82%82%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E6%B5%B7&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

トワ・エ・モアは1969年から1973年まで活動、そして1998年に再結成してます。もともと音楽性の違う二人をナベプロがむりやりくっつけてデビューさせたところ、デビュー曲が大ヒット、人生わからんもんですなあ。

今回買った「ハートランド」、1993年に発売、大ヒットとなった「アメージング・グレース」も含まれていて、白鳥さんの美声を十分に味わえるアルバムです。今回はオークションで500円で入手。ただ手に入れるまで8ヶ月かかりました。彼女のCDはなかなかオークションに出てこないので、ヤフオクにアラート登録(設定したキーワードの商品が出品されるとメールで知らせてくれるサービス)やっと出てきました。

Photo

白鳥さんは日本音楽高等学校出身、さすがにボイストレーニングを受けた声は伸びやかで、聞いていてストレスがない。同時代に活躍した山本潤子や吉田美奈子と並んで昭和の歌姫だと思う。

実は私も学生時代簡単なボイストレーニングを受けたことがありまして、といっても先輩がコーラス部で寮の部屋に集まって練習するわけですが「お前も歌え」と言われ発声を習いました。これが社会に出てから役に立ちましたなあ。20代のころ、あらくれ男ばかりの港湾倉庫にいたのですが、300メートルくらい離れた岸壁にいる現場監督に私が声をかけると届くし、どんなうるさい居酒屋でも私が「ビール2本」と言うと一発で通る(笑)カラオケ行くと声がデカいので、マイクは使わせてもらえませんでした。

だから、ライブなんかでも高音域を顔をしかめて最後は裏声でごまかしているのを観ると「あー、トレーニングしたら楽になるのになあ」と気の毒に思います。もちろん、地声で歌うのも味があるけど、味っちゅうものは基礎があってこそのもんだと思う。

ところで、美川憲一や小林幸子ら大物演歌歌手の収入源である地方興行が不振だそうで、そのかわりにギャラの安いフォーク歌手が引っ張りだこだそうです。山本潤子・太田裕美といった往年の人気歌手が地方の文化会館の公演で見られるのはうれしい限りですなあ。団塊世代は演歌よりフォークソングや洋楽の世代かもね。

2012年8月23日 (木)

ヤギリンゴ「ビールのうた」・・・動画の再生回数がが1000回超え。

昨年3月の「こずみっく ひな祭りライブ」で録音した音源にテキトー(笑)に寄せ集めた画像を繋げてスライドショーにしたものをYoutubeにアップしたのですが、このたび再生回数が1000回を超えました。
まだの方はぜひご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=3g_Z9RrkcPc
Ringo

そういえば、長いことリンゴちゃんの写真を撮ってないなあ。(昨年のスマスイライブにて)

ライブ感満載の音源、これはコズミックの音響特の良さに寄るところが大きいと想います。ここで演奏したほとんどのミュージシャンが「音がいい、演奏しやすい」と絶賛しています。

そして何といっても、ヤギリンゴちゃんの音楽センスの良さと、演奏技術の高さがリンゴワールドを作り出していると思います。

そこで気になるのが「テキトーに集めた画像」。作りなおして差し替えたいところです。ところが、再生回数の多い動画はスポンサーがついてCM料が入る仕組みになっているらしいんです。だから、アップし直すと無効になる。まあ、微々たるものでしょうが、ライブの時リンゴちゃんに差し入れるビール代くらいにはなるかと。

一応本人の承諾も得たので、このままにしておきますか。

ミュージシャンにとっては、Youtubeは非常に有効な媒体(メディア)だと思う。ひいては集客にもつながり、ミュージシャンやライブハウスにとっても有利になると思います。もちろん、ライブ時は会場に来てくれたお客さんが第一ですが、最近はそのあたりの理解も進んできているようです。

こんな形でも私の好きなミュージシャンを支援できたらいいなあ、と思うのでうs。

2012年7月26日 (木)

美ら美らライブ(元町夜市)・・・新兵器投入

もうイベントのオフィシャル・カメラマンは原則として受けない(明石うたの日は別です)ことにしたので、のんびりとライブを楽しんでおります。先日は西明石のボンゴマンで美ら美らのライブを堪能。楽器と歌声双方のハーモニーを心いくまで楽しみました。

ただ困るのは撮影ポジションの問題。あたりまえのことですが、一般観客に混じって撮影するわけでして、前にも出にくい。そこで思い立ったのが「脚立」折りたたみ式の踏み台であります。

調べてみると、実に様々な製品があります。選ぶ基準にしたのは、次の3つ。(ムカシ、プレゼンをやっていた時のクセで何でも問題点を3つにまとめる癖がある)

1.安定性があり頑丈なこと。

2.持ち運べる範囲内で、適度な高さが得られること。

3.踏面(足をのせる部分)が広いこと。

この3つの条件にかなったのが、この製品。

長谷川工業(HASEGAWA) 踏台天板ワイドタイプ SEW-6・・・高さ56Cm
Amazonで購入

41axnlysx5l

私の身長174Cmに56Cm足すと約230Cmの身長になるわけで、十分に頭ひとつ分以上抜けられます。さらに腕を伸ばせば(約60Cm)かなりの俯瞰ポジションとなるのです。

1817339_1714307852_8large

「おっちゃんアブないでー」と言いながらタコスケさん撮影。ありがとね。

で、撮影したのがこの写真。かなりの臨場感が出せて、これまでとは違った写真が撮れたと思います。

カワイイ、フラの「HURA HOOLEA」
Nkn_8603

記念撮影も、商店街を入れて。
Nkn_8507

こうやってキレイに着飾って人前で踊るというのは、お肌と心の若さ維持に大切だなあと思った。

もちろん、ローアングルも。
Nkn_8372
実は小児科も得意分野、婦人科だけじゃないんです。・・・けっして母親目当てではありましぇん。

臨場感が伝わればうれしいなあ。
Nkn_8554

アリーナ席、元気カー!

Nkn_8659

今回は美ら美らと観客の盛り上がりがすごくて、たまたま通りかかった人や昨年聴いてよかったからと駆けつけらひと、そしてもちろん、いつもの桜カンパニーの常連さん。すごい熱気でした。ケンツさんのMCがまた、みんなをいい気分で盛り上げていくんだよなー。

脚立を立てる時の注意点。

1.足場のしっかりした場所に、確実に立てる。また他の観客の前には立てない。

2.人通りのある場所には立てない・・・蹴られて転倒します。

3.脚立の上では極力動かず、無理な姿勢をとらない。

足腰の弱ってきた中高年には、56Cmの高さでも、落ちると思わぬ怪我のもと。落ちたところに子どもがいれば、もっと大変なことに。アブナイと思ったら、設置をあきらめる必要があるでしょう。事故を起こすと、次回から脚立禁止になってしまいます。

ちなみに私は電車移動なので大判のふろしきで包んでます。

2012年7月 5日 (木)

四畳半フォークがキライでした。

どうも若い頃から「メジャーなものには疑いの目を」という悪いクセがある。それは、「大本営発表」に国民が躍らされて悲惨な目にあったという教訓、なんて大義名分はなくて、単にひねくれもの、なだけである。

1970年代、反戦ブーム(と言って悪ければ、フィーバー)に湧いていた頃「俺のとは違うなあ」とつぶやいていた。学生運動は一段落していたが、キャンパスでは民青(共産党の青年部)が幅をきかせていて、新入生に向かって「祖国と学問のため」をまるで聖書みたいに購読を勧誘していた。

「これは完全に宗教だな」と思っていた。ためしに民青の連中に政治に関する問いかけをしてみると、ほとんどが「聖書」に書いてあることを繰り返すだけ。メーデーのデモに参加して「今日は労働者と行動を共にして」と高揚した表情を見せる女子学生を問い詰めて泣かせたこともある。・・ひどいことをした。

同じように反戦歌や四畳半フォークもキライだった。特に四畳半フォークがキライだった。かぐや姫の「神田川」で「三畳一間の小さな下宿」という詩が特に嫌だ。当時の私は月謝の安い田舎の大学で寮暮らしだった。それでも、親にとっては精一杯以上の待遇だったと思う。

そんな私にとって東京の大学に行って「三畳一間の下宿」に住むは夢のような環境である。ましてや、下宿にカノジョを呼ぶなんてことは夢のまた夢・・・共感できるはずがない(笑)

そんなわけで、今日はユーミンデビュー40週年の日です。デビュー曲の「返事はいらない」はよく知らなかったが、「ルージュの伝言」のポスターを書店で見たのは今でもよく覚えている。

中でも一番衝撃を受けたのは「12月の雨」

雨音に気づいて 遅く起きた朝は

まだベッドの中で 半分眠りたい

す~とーをつけたら 曇ったガラス窓

手のひらでこすると ぼんやり冬景色

24696438
キャラメル・ママの面々による全面バックアップ、吉川忠英も素晴らしいアコギで参加そして山下達郎がコーラスアレンジ、Sugar Babe や矢野顕子、吉田美奈子もコーラスで参加、だそうです。

時はいつの日にも 親切な友達

過ぎていく昨日を 物語に変える

という言葉を20歳の彼女が創りだしたのはやはりスゴイと思う。

いまでも、空で歌えるんだよねー。で、何に衝撃を受けたかというと「自分の部屋にストーブがある」ということ。自分の部屋があるだけでもお嬢さんなのに、ストーブまで、当時はまだ練炭火鉢からストーブへの移行が終わる頃である。テレビだって一家に一台。

どうせ夢の世界なら、とことん夢を見させてくれる、ユーミンは「私の音楽は四畳半フォークではないから、ジーンズははかない」と宣言したそうだ。そう四畳半フォークの名付け親はユーミンだという説があるのですよ。ここでやっとつながりました。(笑)
それと、以前にも書いたけど、ティンパナレーのサウンドと松任谷正隆のアレンジも好きだった。だから、ギターやサックスのフレーズもほとんど覚えてる。

その影響で、家ではユーミンばかりいた子供たちが初期の曲を全部知ってるという後遺症もあります。

ニューミュージックも歌謡曲の派生だと考えれば、歌唱力は別として、ユーミンは美空ひばりに匹敵する大スターであることは間違いなく、冒頭に述べた「メジャーなものには疑いの目を」とゆー精神に反するのですが・・・。

2012年6月 7日 (木)

うたの色

あるライブハウスでの出来事。30代の男性が歌ってました「夢を探す 君を守りたい」驚いた。最近の歌に出てくる三種の神器「夢 探す 君を守る」が全て揃っていた。
「なにげない日常を歌う」とこうなるらしい。ちょっと待てよ

以前、さだまさしがテレビの番組で「歌には色がある」みたいなことを言ってました。彼は「檸檬(れもん)」という歌の中で聖橋(ひじりばし)の下を駆け抜ける総武線の黄色い電車の色にこだわった、と言ってます。

     喰べかけの 夢を 聖橋から放る 
     各駅停車の檸檬色がそれをかみくだく 
     二人の波紋の拡がり数えたあと   
     小さな溜息混じりに振り返り
     消え去る時にはこうして出来るだけ 静かに堕ちてゆくものよ

2010_006_2
なお、このブログは「鉄ちゃんブログ」ではないので、マニアからのツッコミは禁止します(笑)


また、ユーミンも数々の色を歌にしています。たとえばアルバム「紅雀」のなかの「ヒメジョオン ハルジョオン」では、
     川向うの町から 宵闇が来る
     煙突も家並みも 切り絵になって
     悲しいほど紅く 夕陽は熟れていくの
     私だけが変わり みんなそのまま


Dsc02259
MIKIちゃん、夕陽の「熟れ具合」こんなもんでいいですかね。

彼らは、情景描写に色をつけることにより、イメージを具体化し、共感しやすくしているのではないか。また、情景を鮮明に描くことにより、聴くものが感情移入しやすくしているのではないか。そんなふうにも思えます。結果的に叙事詩が叙情詩になり、聴き手は自分の気持ちや体験と結びつける。

まあ、別にこんな「ヒットの法則」みたいなことはどうでもいいけど、新しい言葉を創りだすのも、詩人の仕事じゃないかなあ。

先日ネットのつぶやきで、
  「悲しいほど 赤い夕陽を見た」、
  「布団干したあと、何もなくなったベッドに頭と足、
   逆方向に寝転がって空を見るのが好き。
   小さい頃から、ずっと。」
などという言葉を見つけたのですが、このまんま歌になりそうな感性、いいなあ

2012年5月 8日 (火)

5月に買ったCD

先日うれしいことがありまして、友人のギタリストに愛用のイヤフォンAKG IP2を聴いてもらったところ「納得できる音ですね」と言われたのです。楽器をやってる人にほめられるのは、自分の耳を褒められたようで、いい気分。

さて、部屋を駆け抜ける初夏の舞子風を受けながら、写真の現像をするにはやはりSMOOTH JAZZでしょう。ということで選んだのは「Smooth JAZZ Expressions」というチャンネルのインターネット・ラジオ。

Radio01
ホームページには「NOW PLAYING」と「PREVIOUSLY PLAYED」が表示されるので、誰のどのアルバムかがすぐに分かる。さらにアルバムの画像をクリックするとAmazonのサイトへジャンプするようになっている。

Radio02

おそらくAmazonとの間にアフィリエイト契約しているのだろうが、わずか数クリックでCDもしくはMP3ダウンロードができるようになっている。

さて、1枚目はPETER WHITEの「HERE WE GO」なんとまあイージーなタイトルだ。彼は1954年イギリス出身のギタリスト。CDジャケットの写真を見ると、イキなおっちゃんであります。白いジャケット、素足にオッサレーな靴。これならギターが弾けなくても十分モテるでしょうなあ。石田純一なんて文字通り裸足で逃げ出しそうです。
Img030

ところで、我が娘たちは私のことを(石田)純一さんと呼んでいるそうな。何故だろう?
1.若いカノジョがいる。
2.オッサレーでおいしいお店を知っている。
3.チャラい。
さて、どれなんでしょうなあ。

2枚目はRUSS HEWITTの「Bajo El Sol」これは何語なんでしょう?かなりフラメンコギターに近くアレンジもラテン系でイイ感じ。公式サイトを見たけど、細かい字でよう分かりません。

Youtubeでも見られます。
http://www.youtube.com/watch?v=fGAmgTaDkF0

Img029_2
こちらはチャラいどころかストイックでマニアックな、山下達郎といった感じですね。

しかし、スムースジャズというのは何かの作業をしながら聴くにはいいですが、じっと聴いていると飽きます(笑)昨日からこの2枚のアルバムを聴きながら日曜日に撮影した「明石うたの日コンサート」の膨大な写真を現像していますが、おそらくラテンな色合いになっていると思います。もう少しお待ちあれ。動画(スライドショー)も用意してまっせ。

2012年3月28日 (水)

3月に買ったCD IZ Wonderful World

IZこと Israel Kamakawiwo'ole(イズラエル・カマカヴィヴォオレ)はハワイ生まれのシンガー。1997年6月26日午前0時18分に、肥満が原因で、妻と一人娘を残したまま38歳の若さで死亡したそうです(wikipediaより)

彼の体重は340Kgを超えたそうですが、その体に似合わぬ優しい声は、まさに「癒しの音楽」であります。アルバムタイトルにもなった「What A wonderful world」もいいけど、ハワイ語(おそらく)のama'amaが好きだなあ。

Img027_2

話は全く変わりますが、私はどうもステレオタイプ(画一的)な表現や考え方になじめず、なんでもかんでも「カワイイ」とか「癒される~」という表現は使わないようにしています(というか、使ったら気持ち悪い)

あと、「絆」という言葉を流行語のように使う人も信用できないなあ。

2012年2月14日 (火)

2月に買ったCD

1枚目  ZAZ(ザーズ) モンマルトルからのラブレター

Img019

先日、ラジオ関西の番組「新・神戸ジャズ物語」(毎週火曜日19:00-21:40)を聴いていたら、フランスの歌手ZAZ(ザーズ)の特集をやっていた。

ザーズの略歴:

1980年、フランス中部の都市トゥールの生まれ。いくつかのバンドを経てパリに移り、パリのキャバレーで一週間毎日5時間以上歌う生活を送る。月末生活費に窮するとモンマルトルの路上で歌い、それが徐々に話題となって行く。大ヒットシングル「私の欲しいもの」(原題:Je veux)もその路上で広まり、そこからサクセス・ストーリーが始まった。

彼女はロマ(ジプシー)の出身である。そのマイナーなメロディ、ハスキーボイス、ジャジーでブルージーな歌い方は日本人にも受け入れやすい。フランス語のジャズというのも、意味は分からないが、英語とは違う「きしみ」みたいな語感で味がある。

ZAZのCDを聴いているとMIKIちゃんを思い出す。彼女もまた神戸の路上で、ライブハウスで歌い、場数を踏むにつれてMIKIワールドは力強く、個性が光を増していく。私は路上で歌うことを積極的には肯定しないが、彼女の場合は「場数」というものが何かを育むものだと思える。

次のMIKIちゃんのライブにはZAZのCDを持って行き、ぜひとも聴いてもらいたいと思っている。

2枚目 因幡 晃 Special Selection

Img016

因幡晃のベスト版である。今まで「わかってください」くらいしか聴いたことがなかったが、「夕映えを待ちながら」がいいよ、と友人から聞いて、Youtubeで聴いてみたら、詞がよくてウルウルしてしまった。

因幡晃って、こんな甘い声だったかしら、と思った。どちらかといえば、あがた森魚みたいな、ハードなイメージを持っていたからだ。あらためて聴いてみるとなかなかよかった。でも、キーが高くて私には歌えそうにないなあ。

さて、「新・神戸ジャズ物語」を担当するジャズシンガー森川七月(なつき)さん、なかなかキュートで力強い歌声である。毎週火曜日が楽しみになった。

2012年1月16日 (月)

動画(スライドショー)をアップしました

昨年5月に神戸の上屋劇場で行われたDIVA'S NIGHTの写真をスライドショーにして、Youtubeにアップしました。

http://www.youtube.com/watch?v=iF0e_VoJmYI&feature=youtu.be

以前の記事はこちら、

http://kanna8.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/divas-night-vol.html

関係者のみなさん、ご協力ありがとうございました。